根がかなり深かった

 昨年から、人間でいう左肩あたりに大きなコブができて、調子を崩していたカブトニオイガメ2008CB。池で飼育していると、他の個体にいじめられて確実に死ぬと思い、隔離飼育してました。2003CBが死んでしまったので、なおのこと残しておきたいとの思いが強かった個体です。


 三月時点での画像ですが、穴が開いてました。
P3190189.jpg
P3190187.jpg

 このため、左前あしはほとんど動かせません。骨などにも影響ないのでしょうか。



 しかし、暖かくなるにつれ、この個体自身の餌食いも良くなり、だんだん下から肉が盛り上がってきました。あの穴がこんなに変容するとはそれはそれで驚き。

 ふと見ると、これってポロリと取れそうじゃない?
P5230002.jpg

 取れました。でも正確に言うと、抜けました、という感じ。
P5230003.jpg

 かなりでかい塊となっていたのでした。
P5230011.jpg
P5230009.jpg

 これは今まで見た中で最大の摘出膿腫。

 肩の部分には、大きな穴が残ってしまいました。
P5230015.jpg

 このあと前あしが以前より動くようになりました。

 穴はやがてふさがるとして、この治癒にエネルギーを注ぎ込んだためか、毎年抱卵していたこの個体は、今年はその気配がありません。今年はゆっくり休んでいただくことにしましょう。





追記
 抱卵していた池のカブトニオイ(上記個体とは別個体です)、産んでましたね。でも、探しまわりましたが、卵のありかを見つけられませんでした。まだ回収を諦めていませんが、自然孵化もいいかも。そして、昨年の仔で、自然孵化していて回収し損なったカブトニオイベビーの残る一頭も、どこに行ったのやら。あのあとお目にかかっていません。



Razor-backed musk turtle (Sternotherus carinatus)

コメント

非公開コメント