産卵シーズン幕開け

 昨年の記録だと4月29日で他のカメに先駆けて産卵。今年も自然産卵で最初でした。

 震災で忙しくて、抱卵を確認したのは昨日のことでした。お腹の中で卵がかなりいっぱいだったので、すぐさまニシキハコの産卵場に移しました。ここで産ませるのは初めて。

 そしてその翌日に触診したらすでにスッカラカン。さっそく産んだのね。

 まだ冬眠用の落ち葉が分解されていない土の中に産んでいました。
P5060003.jpg

 出てくる、出てくる。最終的に5個見つかりました。
P5060004.jpg

 お礼のミルワーム。
P5060005.jpg

 友人が外国に引っ越すからと、自家繁殖の幼体を譲ってもらい、ここまで成長しました。上から見た甲羅は長ひょろい形。最も気に入っているセマルです。


 今年からクールインキュベーターが2台体制になりましたので、温度依存性決定を試してみたいと思います。まだまだ余震がありますので、クールインキュベーターの置き場所も考えた方が良いかもしれません。幸い、2度の大地震でも、インキュベータが移動したり倒れたりすることはありませんでした。余震の振動とかが孵卵に影響を与えないといいのですが。



Yellow-margined box turtle (Cuora flavomarginata)

コメント

非公開コメント