防犯カメラが見たものは・・・

 熊本地震の前震からちょうど2週間が経ちました。余震は随分減っているものの、震度1以上がついに1000回を超え、今日の午後3時半には震度4の揺れが来ました。まだまだありそうな気配。私自身は疲れがたまって少々無気力状態。人と会う時は空元気出しますけど。


 ところで、数日前、私服の刑事さんが我が家を訪ねてきました。お宅は防犯カメラを設置なさってるでしょう。映像を見せていただけませんか?と。ドラマにあるように警察手帳を開いて見せられたのは初めてです。

 実はすぐ近所で、熊本地震のあと空き巣の被害がありました。そのお宅はどっしりとした感じの、造りの立派そうな家でしたが、激しい揺れで屋根瓦がかなり落ちて、周囲の家よりも被害が大きかった家でした。もしかしたらお住まいの方々は避難生活をしておられたのかもしれません。その家に震災につけこんで盗みに入るなんて、なんと卑劣なやつ。刑事さんはその聞き込みか何かで、防犯カメラの映像を見たかったようです。この方面の方々は防犯カメラを設置しているのにやはり気づくんですね。



 ところが、写ってませんでした。映像そのものがまったく、何も。防犯カメラは見ていませんでした状態。



 施工してくださったところに連絡して見ていただくと、やはり録画されていませんでした。カメラに異常はありませんでしたが、録画用のハードディスクの故障でした。モニターの隅っこに「NO DISK」と表示されていました。原因は熊本地震ではありませんでした。それ以前のいつか故障していたようです。
 2年ほどで交換するようメーカーは勧めているらしいのですが、実情では7、8年は持つらしいです。うちのは個体不良だったかも、ということで、ハードディスクを無償で新品に交換していただきました。

 この機会に録画装置の中を初めて見ました。基板と1個のハードディスクがあるだけで、中身はスカスカ。その理由はハードディスクを増設できるようになっているためらしいです。しかもお話によると、中国製のものだと基板が半分くらいの大きさしかないとも。もっとスカスカになるじゃん。


 というわけで、今後刑事さんがやって来ても、今日の映像からバッチリ録画されていますのでお見せできます。でも、意味ないか。


 ブリーダーの方々で防犯カメラを設置なさっている方は、本当に録画されているかどうか定期的に確認なさった方が良いようです。


 

コメント

非公開コメント