平成28年熊本地震から一週間余が経ち

 ついに水が出ました。蛇口から流れる水、今まで日常の平凡だったこの光景に感動しました。

P4220011.jpg

 一階は三日ほど前にちょろちょろ水道が出始めましたが、二階は昨日の晩から少し出始めました。これでやっと水替えができます。




 屋外池で、底から息継ぎのために上がってくるとても小さなカメを見つけました。ここに入れている仔ガメはいないはずですが。
P4220002.jpg

 なんとカブトニオイガメでした。たぶんどこかに産みつけられていた卵が自然に孵って、池を泳いでいたものと思われます。

P4220005.jpg

P4220003.jpg

 甲羅がまだ伸びきっていない感じがするので、春になるまで卵の中でじっとしていた幼体でしょうか。

 ほかにいないか探しましたが、今のところこの仔だけ。



 震災のなか、ホッとする出来事でした。


Razor-backed musk turtle (Sternotherus carinatus)

コメント

非公開コメント

思いがけない発見で心和む光景だったと思います。水道が戻るだけでも人にも亀・ペットにも大きな事だと思います。なかなか落ち着かないとは思いますが頑張って下さい!すみません、『頑張って下さい。』の言葉しか送れませんが祈ってます。

No title

水道の復旧、よかったですね!!とりあえずですが・・。そんな中で本当にホッとする出来事ですね。遠くからですが、応援してますよ~~!!!

初めまして。
カメ飼育の情報を、楽しみに見てます。
カメ飼育の参考にしてます。
水換え出来ますね。
不便でしょうが、頑張って下さい。
中部地方より。

普通でさえこの時期の仔ガメ発見は嬉しいものですが、疲労困憊されてるこの大変な時での発見は、心癒されたのではないでしょうか?
もうそろそろ産卵期が始まりますが、早く通常の生活が戻ることを願っています。

☆ひろ☆ さん、

> 思いがけない発見で心和む光景だったと思います。

そうそう、まさにその通りです。


> すみません!『頑張って下さい。』の言葉しか送れませんが祈ってます。

とてもうれしいです。だって無関心ではなく、関心を示していただいているのですから。

ありんこくらぶさん、

メールでの励ましなどありがとうございました。
震源からやや離れた被災地なので、復旧も少しずつ進んでいる感じがします。
といっても、近くの公共施設にはまだ車中泊をなさっている方がたくさんいらっしゃいます。

このカメ、大切に育てたいです。

雷神さん、

初コメ、ありがとうございます。とてもうれしく思います。

これからもブログを続ける励みとなりました。
今後ともよろしくお願いします。

ぽんたさん、

おっしゃる通り、「心癒された」経験となりました。

間もなく5月ですね。昨年の記録を見ると4月末に産んだのがいました。
大丈夫かな?
今からでも集中してカメのケアですね。

予想していなかった仔ガメを発見するととても嬉しいものですね。ただでさえ仔ガメは可愛いですし。

水道がやっと出始めたとのこと。良かったです。私達が普通のことと思っている日常の光景が、実はもろいものの上に成り立っていることを、改めて考えました。まだ地震が続いているようですが、もうこれで治まることを願っています。

亀ではありませんが海水魚飼育をしていた私の知人は、東日本大震災の時、水がこぼれてマンションの部屋が洪水になってしまい、奥様に飼育を禁じられてしまいました。

Kazさん、

お気遣いありがとうございます。

私も含め、今の状態がずっと続くものと錯覚していましたが、おっしゃる通り実はもろいものだと実感しました。
カメ飼育もその一つですね。

こちらでは余震はだんだん少なくなっていますが、未明も久しぶりに大きい(震度4)のがいきなり来ました。
私の周りでも、家の中が怖くて夜は戻れない人が多いです。

うちも水槽が倒壊していたらと思うとぞっとします。今は満水にはしていません。

初コメントですが、昨年のブリクラでイシガメについて少
しお話させていただきました。
地震発生以来気になっておりましたが、少しは落ち着いてきましたでしょうか?
私も、阪神淡路で同等の揺れを体験しました。
あの恐怖は今でも鮮明に覚えています。
早く元の生活に戻れるよう願っています。
またブリクラでお会いできることを信じてます。

Takaさん、

初コメおよびお気遣い感謝いたします。

はい、少し落ち着きました。ライフラインはすべて復旧しましたし、仕事ももとに戻りました。
あとは疲労がかなりたまっているのと、片付けがまだまだ終わっていないことでしょうか。
でも私はかなりましな方で、もっともっと苦しんでいらっしゃる方が大勢いらっしゃることには心が痛みます。

>またブリクラでお会いできることを信じてます。

「信じてます」との言葉、グッときました。そうですね、ぶりくら出たいですね!!!