カメとの避難生活

 恒例の動物取扱業責任者講習会に参加してきました。本業の都合で熊本市の夜の講習会は厳しいので、他の市町村、今回は阿蘇管轄の、菊池市旭志で開かれた講習会に参加してきました。相変わらず犬猫の講習会ですが、私は全くの無駄だとはあまり考えないようにしています。

 講習会は三部構成。その第一部は、2グループに分けて(もちろん会場も分けて)行われました。今までに経験したことのない分け方、「小動物」と「大動物」。「大動物」とは牛馬豚(鶏も含む)の家畜でした。さすが畜産が盛んな阿蘇・菊池地域。地域によって内容が違うとは初めて知りました。資料は両方のグループのものをもらえたので、講義の内容は大体分かります。いわゆる鳥インフルエンザや口蹄疫などの家畜伝染病と牛馬豚の病気。私はどちらかといえばその「大動物」グループの講義に参加したかったです。

 第二部は、眠気がだんだん吹き飛んでくる内容でした。「緊急災害時動物支援ネットワーク熊本」西川氏による講義で、「東日本大震災における動物救援活動に学ぶ」という内容でした。震災後の犬猫の救援活動の様子を、たくさんの写真を交えて話してくださいました。主に犬猫の話でしたが、終了後個人的にお話を伺うと、別の団体での話だそうですが、一ヶ月くらいたった後でも、カメや金魚が飼い主のもとに戻るといった例があったようです。犬猫と違い多少の絶食にも耐える爬虫類、まして寒い時期なら冬眠している種もいたでしょう。避難しなければならなかったときには、カメはどうなったのでしょうか。一緒に避難できたのでしょうか。被災者の方にその経験をお聞きしたいものです。
 お話では、人間用のほかに動物用の防災グッズを揃えるよう飼い主に話してくださいと勧められました。資料によると、「3〜7日分のペットフードと水、ペットシーツ、首輪、リード、キャリーボックス、ストレス解消用のおもちゃ、ペットの写真、ペットの薬、ペットの健康管理帳、タオル、消臭剤」がそれです。特に消臭剤は、避難生活で飼い主が他の人を気遣っている見える証拠となり、摩擦が生じにくくなるようです。

 カメの避難に関してはまだよく分からない部分も多いですが、うちもカメの避難用グッズを揃えようかと励まされました。

コメント

非公開コメント