ミシシッピニオイガメ(フロリダ産)

 知る人ぞ知る某所で、ミシシッピニオイガメ巨大個体とフロリダ産同個体の比較写真が出ていましたが、奇遇にも我が家にもミシシッピニオイガメ(フロリダ産)がいます。地元で懇意にさせてもらっているショップに最近大量入荷。店長曰く、「フロリダ産」ということで卸にいたものをすべて引いたとか。あまりにもかわいらしく、♀3♂2の計5頭を導入しました。私自身ミシシッピニオイガメをじっくり飼育するのは初めてです。


 ♂個体たち。左から背甲長66.8、 66.7mm。
比較対照するものが写っていないので、その小ささが分かりづらいですね。
P2020006.jpg
P2020004.jpg
 7cmに満たないのにりっぱなオスです。



 ♀個体たち。左から68.2、 63.2、 66.7mm。
P2020011.jpg
P2020010.jpg

 多少の皮膚病はありますが、そこは何とかなるだろうということで買いました。ただ、背甲のキールが明確な個体とそうでない個体を意図的に選んでみました。雌雄とも画像左端の個体がキールが目立たない個体です。つまりそれはより長く生きているからだろうと推測したのです。実際若そうな個体はキールが明瞭でした。しかも7cmに満たない大きさでキールが不明瞭ですので(特に左端のオスはそう)、やはり小さいと言われるフロリダ産だろうと。この推論は当たっているのかどうか分かりません。
 自分としては、普通のミシシッピニオイガメとフロリダ産の個体に、大きさ以外に違いがあるのか知りたいと思いました。ただ、ネットで探しても、そこを分かりやすく(できれば図入りとかで)解説した情報はほとんど見つかりません。

 この前までこの種にほとんど関心もありませんでした。遠因は、昨年夏のお宅訪問で、その存在を知ったことかな(笑)。そしてショップの前回入荷で実物を見(そのときは購入を見送り)、さらに今回入荷で・・・(笑)。ショップの店長には、小さなカメがほんと好きですね、と言われてしまいました。



common musk turtle (Sternotherus odoratus)

コメント

非公開コメント