ハコヨコクビガメの耐寒性

 今日は冬至でした。このころを境に日が長くなっていきます。加温飼育している幼体たちもそれを感じ取って、まもなくより活発になってくると思います。カメ飼育者として毎年この日を待ち遠しく思うのですが、今年は暖冬ゆえに厳しい寒さをあまり経験していないので、いつの間にか冬至になってしまったという感覚が強いです。



 さて、トゥルカナハコヨコクビガメ、そこそこ耐寒性があると他の飼育者の方の話や自分自身の経験から感じていました。でも果たしてどれほど? うちのはかなり大きくなったので、秋が深まっても室内に回収せず、毎日観察しながらベランダで飼育していました。

PC210006.jpg

 前回10月のトゥルカナの記事で、最低気温13℃(気象台発表)で屋外池からベランダに取り込んだことを書きましたが、ベランダでは10℃を少し切っても大丈夫でした。気温が上がると動いているのを観察できました。なおこの種はすべて、あとで出てくるヒメハコヨコクビガメとは異なり、陸場に上がらず水中で過ごしていました。


 でもね、5℃はダメ。当然ながら冬眠は不可です。


 現在、室内に取り込んで例年通り水槽でアッサムと共に管理中。オスもメスもよく餌を食べ、オスが盛って盛って、始終交尾をしようとしてます。



 一方のヒメハコヨコクビガメ、以前からかなり耐寒性があることは分かっていました。こいつらもトゥルカナと一緒にベランダで秋を過ごしました。この種はどれも水場を選ばず、自ら土の中を選びました。10℃問題なし。昼間気温が上がる時は活動しています。しかし、5℃だとさすがに土に潜って動かず、縮こまって目を閉じていました。まだまだ大丈夫そうな感じでしたが、トゥルカナと同時に室内無加温に変更。すると間もなくゴソゴソと動き出しました。トゥルカナよりさらに強い感じ。



Turkana mud turtle (Pelusios broadleyi)

コメント

非公開コメント