お宅訪問 2015夏-その3-

 広々とした敷地で、ゾウガメとケヅメが飼育されていました。

P1508 (20)
P1508 (14)
P1508 (17)
P1508 (19)

 飼育場は二本の金属製バーで囲まれているだけ。もちろん頑丈なんでしょうが、この高さが絶妙で、外に出て行かないんですね。

 雑草を根っこから食います。桑の葉ももちろん。しかし、シダとか食われないで残っていました。

P1508 (15)
 持ち上げる?なんて無理です。
P1508 (16)
 私だけずっとケヅメに付きまとわれました。そして結構動くのが俊敏。どうやらシューズの色に反応しているようでした。美味しそうな果物にでも見えるのでしょうか。噛まないか心配になりましたが、いざシューズを目の前にすると餌じゃないと識別するようです。
P1508 (18)

 飼育小屋、冬場の設備もよく考えられたものでした。給水器には感心。

 この類の大型種に対する見方が大きく変えられてしまいました。今までこの種は眼中にありませんでしたが、飼育したくなる方々の気持ちがやっと少し分かるようになった気がします。非常に魅力的なカメです。飼育できる広さの土地があり、それに加え私の場合、冬場の設備が要らなければ、飼育したかもしれません。

コメント

非公開コメント