検卵44日目

 2月13日 検卵44日目

 卵番号3
090213A.jpg
 ぎっしり詰まった感じになってきました。下からライトを当てても光がほとんど透過しません。


 卵番号4
090213B2.jpg

090213B.jpg

 卵の中で大きな仔ガメが動いている様子が影によって観察できます。生きていることを実感するときです。

 また卵殻が産卵当初のみずみずしさや張りを失ってきました。これも仔ガメが卵殻を破りやすくするための準備でしょう。
そうしてしばらくして孵化が始まります・・・・

 それにしても、これらの過程がすべて自然に、かつ整然と行われていきます。DNAに書き込まれたプログラムによって昼も夜も着々と進められていきます。コンピュータのプログラムは誰か専門家が造ったものでしょうが、生物の場合いったい誰がプログラムしたんでしょう。

コメント

非公開コメント