2015年産卵第一号 アッサムセタカガメ

 マラソン後は患部に腫れが出て、足を引きずって歩く有様。特に当日夜は寝返りさえも苦労して、体のほてりでうなされました。お風呂はダメ、シャワーのみ。完走後、おいしいはずの酒も全く飲んでいません。
 整骨院で、N先生の施術のもと超音波療法、ハイボルト療法などを受けて、一週間近く経った今なんとか普通に歩けるようになりました。そういえばマラソン後の免疫低下のためか、御多分に洩れず風邪も引きました。

 それでも、苦しかったけどいい思い出。



 さて、待つこと2か月以上、先日やっとアッサムセタカガメが産卵しました。水中産卵でした。うちの陸場・産卵床の製作者vivicさんのご期待には添えませんで申し訳ありません。

P2200049.jpg

P2200047.jpg
(いずれもTG-3水中写真)

 一時期トゥルカナハコヨコクビガメを別居させてましたが、最近は待ちくたびれて戻していましたので、気づいた時にはちょうど2個が食われているところでした。
P2200042.jpg
(これまた水中写真)

1個だけなんとか回収できました。長径44.9mm。
P2200022.jpg
 残念ながら無精卵のようです。

 我が家の2015年初産卵がアッサムになりました。

 とにもかくにも卵詰まりにならずに良かったです。今回の経験を通して、ちょっとだけコツがわかったような気もします。あとは♂次第、いろんなタイミング次第ってとこでしょうか。

P2200062.jpg

 次回期待。


Assam Roofed Turtle (Pangshura sylhetensis)

コメント

非公開コメント

Re: 産卵時期と月齢、砂質

非公開コメントさま、

非常に情報量の多い貴重なコメント、書き込んでくださって、とても嬉しく思いました。
改めて御礼を申し上げます。

その内容、公開したいくらい有益なものです。
貴重な種を飼育する者として、引用してくださった文献などを読み、参考にし、生息域や習性を考慮して、産卵に臨む必要があると思いました。

今後ともどうぞ遠慮なさらず、ご指摘いただければ嬉しく思います。

教えていただいた文献、もし私が探してまだ読むことができるものなら、ご指摘をいただいた点も含めて、いつかこの場で記事にさせていただくかもしれません。
読んでいてワクワクさせられたコメント、久しぶりです。
本当にありがとうございました。

Re:

非公開コメントさま、

ご配慮感謝いたします。
教えていただいた文献、その後私も探してみたんですが、おっしゃる通り This Account Has Been Suspendedと表示され、現在読むことができない状態でした。
だれか資料をお持ちの方がいらっしゃればいいのですが。

Re:

非公開コメント2さま、

お久しぶりです。
ほんと卵詰まりでなくて良かったです。
アッサムそちらでも抱卵ですか。おめでとうございます。
いつ産むのかタイミングがつかみづらいと思いました。
うちのは産む直前逆に食欲が出てきたんですよ。
有精卵であればいいですね。