FC2ブログ

スジコスジオ SujikoSujio

ニシキハコガメ (ornate box turtle)を中心としたカメ飼育記録

フロリダハコガメ 成長記録

 フロリダハコガメ、順調に成長しています。 2014CBメス。 この個体、水に入るのが大嫌い。後ろの個体が、日中よく水に浸かり水底を歩くのとまったく対照的。甲長137mm。 来年5年ですね。少し期待が。 奥が水が大好きな2015CBメス。ベースの黒地に細い放射模様がたくさん入って美しい個体に育ちました。 餌に与る機会も多く、甲長140mm、2014CBを追い越していました。 今年導入したメスも元気です。後ろの方の甲ずれ?...

Read More

餌付け状況

 ニシキハコガメ2018CB、現在まで18頭孵化しました。孵化した個体はすべて健在。 配合飼料に多くの個体が餌付きました。完全安心組とまあまあの組、まだ食わない組とに分けています。 この場合多少土が付きますが、天然素材なのであまり気にしてません。 人の手から食べるようになった猛者もいます。汚い手は見苦しいのでモザイクかけてます。 現在のスジコBの仔たち(8月8日撮影)。甲ずれも一頭います。 生まれて間もない...

Read More

青く輝く宝石

 LEDライトを使って、ニシキハコガメの生まれたばかりの個体を照らすと、皮膚がブルーになるんですよ。 iPadのフラッシュで撮ったもの。 iPadのフラッシュ無しで、LEDライト当てて撮ったもの。 肌がうっすらと青く光っています。 カメラの特性か、LEDの波長の吸収反射などの関係なのか、詳しいことは分かりませんが、興味深い発見。 なお、この個体たちは、スジコGの2クラッチ目、TSD♀です。孵卵期間53...

Read More

お宅訪問 - おれ、食わず嫌いだったのかも 覚醒⁉︎ - 

 この二年間、隣県との往復を何度か経験しています。それは友人を見舞うため。こうなる日がいつか来ると予期していたのですが、それは突然やってきて、残された奥様を慰めるために夫婦ですっ飛んでいきました。そしてその途中で、お宅訪問をさせていただきました。急な計画でしたが、快く迎えてくださったことに心から感謝いたします。 私たちが美味しいと思う熊本銘菓と、下の日奈久ちくわをお土産に持って。 知る人ぞ知る今田...

Read More

餌付け進展状況

 これは、置き餌でも、もちろんピンセットからでも食べるようになってるニシキハコガメの幼体たちの飼育ケース。このときで9頭います。すべてTSD♀です。配合飼料を食わない幼体が4頭いましたが、うち2頭が本日齧るようになったので、ここに加える予定です。(画像をクリックすると少し大きくなります) それでもここだけでは手狭になるので、そのうちさらに成長度別に分ける必要が出てくるでしょう。あとはモリモリ食べて、で...

Read More

洗ってきれいにしたのでお披露目

 今日は休みで、朝からカメの世話にかかりっきり。ニシキハコガメの幼体たちも、ひさしぶりに洗ってきれいにしました。 主に2017年CBたちです。1頭だけ過年度CBが混じっていますかね。よく人に慣れていますし、配合飼料を含め餌食い抜群です。 一挙に太らせている個体を見慣れていると、もしかしたら小さく感じるかもしれません。この中には、産卵が遅く必然的に孵化が遅くなった個体たちがいます。昨年値段を高くつけて売れな...

Read More

スジコH

 ニシキハコガメ・スジコH。水を撒いた木陰を散歩中。 母親スジコC(死亡)の特徴を色濃く残す、2010年4月生まれの自家産CBです。放射模様はあまり多くありませんが、おとなしくてかわいらしい個体。 生後5年から産卵し始めましたが、最初の年はすべて無精卵。最近3年間は繁殖できています。実はこの個体の仔、これまで残していません。昨年CBの中に直系の仔がいますが、残すかどうか迷い中。 飼育場も水を打たないとカ...

Read More

敗北宣言

 あまり紹介していませんが、うちには結構な数のキボシイシガメがいるんです。 ♀群。 一頭自家産がいます。 ♂群。 その中で、昨年導入したオスたち。左の小さいのがワイルドと思われます。たぶんオス群の中では一番強く、容姿は私から見て一番かっこいいと思います。 これは自家産で、2013年かそれ以前に生まれた個体。りっぱなオスに成長しました。うちの飼育個体の中では、けっこう黄星が出てきている方で気に入っています...

Read More

(水中撮影) 泳ぐ泳ぐ!ヒメハコヨコクビガメ

 ヒメハコヨコクビガメpr、まだいます。九レプに持って行って格安で出しても売れず。一部の人だけが大好きなカメで、もう行き渡ってしまったのだろうと思います。 今は屋外池で、太陽の光を燦燦と浴びてのびのびと飼育しています。久しぶりにまじまじと見ると、魅力的なカメになっていました。 画像では再現しにくいんですが、それはそれは肌の美しい、濃い蛍光イエローっぽいカメに変身していました。水中から取り出して惚れ...

Read More

(水中撮影) キボシも泳ぐ泳ぐ!

 キボシイシガメはお世辞にも泳ぎがうまいと思ったことはありません。オスはまだしも、メスは下手だという認識です。特に水深が深いと、昔の池では溺死したことがあります。 でも、今年の冬に作った屋外池では、スロープを作っていることもあり、水深が深くても大丈夫そうです。 これまた泳ぐ泳ぐ。 大好きな生餌(ジャイミル)を投入しようものなら、餌を咥えた個体が他に餌を奪われまいと水中を高速で逃げ回る様子を観察する...

Read More

今年もカブトニオイが孵化しました

 カブトニオイガメ2018CBの孵化が始まりました。TSD♀で、3か月を超える孵卵期間、95日かかりました。長いですね。 早く孵化した個体と卵から出たばかりの個体が写っています。甲羅は卵の形に沿って収納されているわけですが、その広がり具合の違いが見てとれます。Razor-backed musk turtle (Sternotherus carinatus)...

Read More

ついに大台、30頭目孵化

 ニシキハコガメ2018CB。これはまだ配合飼料を食わない個体。8頭 これは配合を食い始めた個体。より確実に食うように教育中。8頭 配合に餌付いた個体。上二枚の画像の個体たちと比べても、ずいぶんしっかりと育ってきました。 これら以外にまだミズゴケに潜らせて寝せている個体が3頭。 8+8+10+3=29頭 まだ一頭も死んだ個体はいません。 今日孵化し始めたTSD♂個体。30頭目ということになります。 ついに自分にと...

Read More