アッサムセタカ交尾画像

 当地でもすっかり涼しくなり、エアコンをほとんど使用せずに済むようになりました。秋が来るのが早い印象です。本日、特に気を遣うことなくのびのびと屋外飼育しているアッサムセタカガメ・メスたちを回収しました。

P9030014.jpg

 一番でかい個体が甲長185mm、二番目が135mm(5か月前計測117mm)、尾切れの一番小さい個体が130mm(同105mm)になっていました。また、腹甲側から見ると黄色味が強くなっていました。(http://kasimiro.blog65.fc2.com/blog-entry-1234.html

 一番小さい個体の、2015年初夏にやってきたときの画像。わずか57mm。
P6020069.jpg
 この2年と数か月で甲長が2.3倍になってます。急成長ですね。繁殖に使えるのもそう遠くないのかもしれません。


 池から回収した理由は成長記録をつけるためだけではありません。一番大きい個体の交配のためです。


 今年も苦労するんだろうなあと思ってました。




 ところが、ところが、




 セッティングして別飼いしていたオスの集団と一緒にすると、数時間後には本当にあっけなく交配完了
 しかも眼前で起きたためじっくり観察できて動画まで撮れるというおまけつき。
P9030025_4.jpg
 ニシキハコと同じで、オスが首を引っ込めている時はたぶん精子を送り込んでいますね。それを繰り返すこと数回。


 もちろんここまで来るのには段階があり、メスは拒否しませんでした。結合していた時間は、動画の長さで3分を優にこえる時間。でも、いい加減長すぎたのか、巨大なメスが蹴りを入れて小さなオスを引き離そうとします。それでもまだ離れまいと頑張るオス。ついに離されても、めげずにまた挑もうとメスを追いかけるオス↓。
P9030025_1.jpg
 かなりボケてますが、オスが出すもの出して交尾が成立していたのが分かるでしょう。

 2年連続の繁殖の一歩目、しかもとても重要な一歩目を、あっさりとクリアしてしまいました。12月頃が楽しみです。


Assam Roofed Turtle (Pangshura sylhetensis)

手放す


●スジクビヒメニオイガメ♀
甲長11センチ。今年有精卵を産み、現在孵卵中。
春にオスが死亡したため放出予定。
繁殖に使っていたため甲欠け、穴あき、爪とびなどあり。
P9130020.jpg
P9130019.jpg
P9130017.jpg
P9130013.jpg
P9130014.jpg
P9130015.jpg



●ヒメハコヨコクビガメ ♀♀♂トリオ
♀甲長12センチ。入荷時から甲に傷があり、現在完全治癒。
♀甲長10センチ。
♂甲長10.5センチ。椎甲板にゆがみあり。
いずれも画像より黄色がかなり濃い。
3頭まとめての放出希望。
P9130023.jpg
P9130024.jpg
P9130021.jpg
P9130029.jpg
P9130027.jpg
P9130032.jpg


●トゥルカナハコヨコクビガメ♂
2011CB。甲長17センチ。
春にメスが死亡しため(抱卵してました。残念)放出予定。
椎甲板の一番高い部分に小さな欠けがありそう。P9130042.jpg
P9130038.jpg
P9130039.jpg


個体の過去の様子は各カテゴリーからも見られます。

やっとこさ孵化

 いつもながらニオイガメ系は長いですね。
P9180041.jpg

 やっとスジクビヒメニオイガメとカブトニオイガメが孵化し始めました。スジクビは前の記事で触れたメスの仔です。

P9180045.jpg

 ぶりくらに持って行くかどうかは微妙。カブトは昨年のCBがいるのでそちらを優先か。