アッサムセタカ交尾画像

 当地でもすっかり涼しくなり、エアコンをほとんど使用せずに済むようになりました。秋が来るのが早い印象です。本日、特に気を遣うことなくのびのびと屋外飼育しているアッサムセタカガメ・メスたちを回収しました。

P9030014.jpg

 一番でかい個体が甲長185mm、二番目が135mm(5か月前計測117mm)、尾切れの一番小さい個体が130mm(同105mm)になっていました。また、腹甲側から見ると黄色味が強くなっていました。(http://kasimiro.blog65.fc2.com/blog-entry-1234.html

 一番小さい個体の、2015年初夏にやってきたときの画像。わずか57mm。
P6020069.jpg
 この2年と数か月で甲長が2.3倍になってます。急成長ですね。繁殖に使えるのもそう遠くないのかもしれません。


 池から回収した理由は成長記録をつけるためだけではありません。一番大きい個体の交配のためです。


 今年も苦労するんだろうなあと思ってました。




 ところが、ところが、




 セッティングして別飼いしていたオスの集団と一緒にすると、数時間後には本当にあっけなく交配完了
 しかも眼前で起きたためじっくり観察できて動画まで撮れるというおまけつき。
P9030025_4.jpg
 ニシキハコと同じで、オスが首を引っ込めている時はたぶん精子を送り込んでいますね。それを繰り返すこと数回。


 もちろんここまで来るのには段階があり、メスは拒否しませんでした。結合していた時間は、動画の長さで3分を優にこえる時間。でも、いい加減長すぎたのか、巨大なメスが蹴りを入れて小さなオスを引き離そうとします。それでもまだ離れまいと頑張るオス。ついに離されても、めげずにまた挑もうとメスを追いかけるオス↓。
P9030025_1.jpg
 かなりボケてますが、オスが出すもの出して交尾が成立していたのが分かるでしょう。

 2年連続の繁殖の一歩目、しかもとても重要な一歩目を、あっさりとクリアしてしまいました。12月頃が楽しみです。


Assam Roofed Turtle (Pangshura sylhetensis)

やっとこさ孵化

 いつもながらニオイガメ系は長いですね。
P9180041.jpg

 やっとスジクビヒメニオイガメとカブトニオイガメが孵化し始めました。スジクビは前の記事で触れたメスの仔です。

P9180045.jpg

 ぶりくらに持って行くかどうかは微妙。カブトは昨年のCBがいるのでそちらを優先か。

希望の星(きぼーのほし)

 来年2月開催の東京マラソン、また落選しました。11時過ぎという早い時間帯にメールが来たので、ダメだったなと思いました。いつかは走りたいんですけどね。倍率高すぎてなかなか希望が持てませんね。


 さて、今年オスが死に、期待していた貯精もなくて、繁殖がさっぱりだめだったキボシイシガメ。万人受けする究極のペットガメで、私もキボシに魅入られた一人。来年復活すべく動きました。


 オレンジのスポット多めのオス。
P9150025.jpg
P9150020.jpg

 ほかよりやや小さいけれどもすっかり成熟した感じのオス。
P9150073.jpg
 CBとは甲羅の形が違います。独特の美しさがあります。


 オスだけではバランスが悪いので、メスも導入。それに加えて、販売せずに将来の種親候補として育ててきた自家繁殖個体たちもいるので、来年再来年あたりは使えるようになればいいなと目論見中。


 お世話になった○○さんに感謝。 この個体たちは希望の星(きぼーのほし)です。




Spotted Turtle (Clemmys guttata)

今年は早々と取り込み


 今年は寒くなるのが早い感じがします。アッサムセタカガメを池から取り込みました。

P9290028.jpg

 冷えというのが第一の理由ではありません。

 多分抱卵してます。うまく説明できないんですが、指の感覚的なもの。交配の後しばらくしてからお腹の中心で固いものが触れ、今は包まれている感じ。
 
P9290031.jpg

 上の画像はオスとメスではなく、親子です。

 ヒーターは入れてませんが、メタハラを少しずつ使い始めました。




Assam Roofed Turtle (Pangshura sylhetensis)