FC2ブログ

スジコスジオ SujikoSujio

ニシキハコガメ (ornate box turtle)を中心としたカメ飼育記録

境界線

 最近、時期的に“温室”としては使わなくなった温室を、別の部屋に移動させました。 それまではどこに? 寒かったときは、水槽と温室をリビングにまとめて置いていました。どちらも熱を持つもの、電気代の節約のためです。圧迫感ありありでした。地震で転倒したらどうなるでしょう。熊本地震ではどちらも無傷でした。 温室の下に敷いてあるシートは、畳の汚れ防止と畳への圧力分散のため。それともうひとつ、境界線でもあります...

Read More

期間限定のご馳走

 あの独特の赤い樹皮が好きで、ヒメシャラの苗木を植えたのが五、六年前。現在背丈をはるかにこえて大きくなりました。 今ちょうど白い花の時期ですが、それにひかれてかコガネムシが多数飛来しています。 花を美味しそうに食うんですよね。そしてそのコガネムシをニシキハコたちへ。 捕った翌日にはまた飛来してますので、今の時期限定のご馳走。 初めて見るような巨大なシャクトリムシもいました。 これは観察します。 カ...

Read More

やっと産卵して安堵

 やっとこさニシキハコガメ5頭のうち2頭が産みました。 いずれも昨晩から地中にこもりっきりで、完了したのが本日午後。お昼までは地表にわずかにふくれた部分があるだけ。本当に産むのか見ている方はやきもきしてます。そして突然穴が開いて、埋め戻し中のニシキハコガメが出てくるんです。 スジコB。あなた、マジで2回目の卵詰まりと思いましたよ。ニシキハコの中で一番最初に抱卵確認できていたのに。 産卵完了しているなと...

Read More

そろそろ仔を採りたい

 スジコHが産卵。この個体の産卵最高数。 画像では卵が手前にあるので大きく見えますが、実際はそれほど大きくありません。 この個体は産卵3年目。今までは無精卵が多くて、こどもをまだ手元に残していないんですよね。今季こそは。Ornate Box Turtle (Terrapene ornata)...

Read More

御礼-九州レプタイルフェスタ2017-

 九州レプタイルフェスタ、無事に終わりました。お買い上げくださった方々、お相手してくださった方々、誠にありがとうございました。 人が多くて多くて会場は熱気ムンムン。特に自ブース前通路は他より狭かったのか身動きが取れないくらいの通行量。ひっきりなしに人が入ってくるので、今までこんなに来場者あったっけ?と思っていたら、なんと2,295人来場されたとのこと。 開場前は準備で、開場後も接客で、結局お昼過ぎまで...

Read More

今のところすべて白濁

 とうとう梅雨に入りましたね。6月はカメの産卵の最盛期。我が家ではニホンイシガメが産み始めました。 ニシキハコガメ6頭目スジコGも産みました。 あまり入っていないと踏んでいたのですが、5個も産んでくれました。 今年はニシキハコの卵がすべて発生しているという珍しい年。Ornate Box Turtle (Terrapene ornata)...

Read More

全七頭 1クラッチ目産卵完了

 ニシキハコガメのスジコIが無事に産卵し、これで全ての種親の1クラッチ目が終了。 そして同日産卵した分の回収漏れ卵を発見。 大きく凹んだまま白濁してました。 クールインキュベーターの中の卵と比較しても、白濁の面積がはるかに小さいです。凹んだままだったからか温度が低いからか。大きさ、状況からスジコFですね。 【1クラッチ目】 産卵頭数7頭 合計29個。これが全部孵ったらすごいことになるんですが、なかなかそ...

Read More

物言わぬカメ

 ニシキハコガメ・スジコEが産卵後から調子が上がりません。明らかに餌食いが悪いし、目に生気があまり感じられませんでした。ジャイミルに反応せず、大好きなはずのコガネムシにも同じ。ミミズにだけは反応しますが、少ししか食べず何か食べ辛そう。ほかの個体と比べても動きが緩慢で、でもそれら以外に特に何か症状は見られません。 スジコEの場合、例年2クラッチ目があるので、この状態のまま抱卵されては生死に関わる可能...

Read More

これか!

 今朝スジコEを個別管理していた箱をのぞくと、卵が落ちていました。昨日までは無かったものです。 洗ったところ。 ガッテン! 最近の不調の直接の原因はこれですね。 お腹の中に少なくとも1個残っていたようです。体の状態が良くなかったか何かで、全部産み出せなかったんでしょう。 そしてこの数時間後観察したときには、新たに、それはそれは良い形のりっぱなふんのかたまりを数個発見。やっと日の目を見た、という感じ。...

Read More

待望のオス

 届きました。オーストラリアナガクビガメ。ちょうど脱皮時期。 確実なオスです。 直接的には2015年の寒波が原因だろうと思いますが、オスが二頭とも死亡しました。メスは生存。そのメスは昨年は抱卵せず、今年も今のところ抱卵していません。貯精に期待していたのですが、そうとう堪えたんでしょうね。この冬は厳冬期に室内無加温飼育しました。 冬眠できないわけではないけれど、さすがに低すぎると死にます。  オスをずっ...

Read More

特別なたった一つの卵

 この小さな卵は、私にとって特別なたった一つの卵。 カブトニオイガメの卵です。 これを産んだメス親はうちのCB。甲ずれの個体で、幼体の時に友人のところにもらわれていきました。それがそのお宅で成長し、無精卵を何度も産むようになったので、交配させるために里帰り。環境が変わったためか昨年は産まず、今年初抱卵しました。 ただ、池に入れておくと、相性のいいペア以外の個体はメスでも攻撃を受けるのか、怯えてしまっ...

Read More

空梅雨 一転 雨が降り始めたら

 梅雨入りしたものの晴れの日が続いていましたが、昨日からやっと雨が降るようになりました。 これを待っていたかのように、急に産気づいたカメの産卵が続々始まりました。ちなみに昨日の熊本県は「大潮」ではありませんでした。今年の産卵シーズンが終わったあと、カメの産卵が大潮と関係があるかどうか、ここ数年の自分ちのデータを分析した記事を出す予定です。 まずは(池の)カブトニオイガメ。2クラッチ目です。まだ明る...

Read More

日光浴の定位置

 小さな池に放り込んでいるアッサムセタカガメたち「大中小」。特に気を遣うことなく、自由勝手に過ごしてもらってます。 「中」のお気に入りの日光浴場所がここ。 落ちた桑の実から勝手に生えてきた実生苗。そのまま利用して、池の水面に被さるように仕立ててます。 その不安定な細い枝の上が、彼女の日光浴の定位置。 でも、「大」ほど大きくなったらここではできませんね。期間限定かもしれません。 水に浸かった桑の葉は...

Read More