トゥルカナ湖の不透明な未来

 今月号のナショナルジオグラフィック誌に、興味深い記事が載っています。


 「トゥルカナ湖の不透明な未来」

 もともとケニア南部(首都であるナイロビもそこにある)の人々にとって、北部のトゥルカナ湖とそこに住む人々のことは、ほとんどよその国の話である。電気は通らず、高校もなく、定期的な交通手段も整備されていない。トゥルカナ湖は無にも等しい存在らしい。そこで、今起きていること。

ph1.jpg


 ケニア北部で、先住部族の人々の生活を支えてきた巨大なトゥルカナ湖。だが、上流のエチオピア国内で進む大規模開発で、その存在が脅かされている。

 ケニアを貫く大地溝帯に位置するトゥルカナ湖は、淡水と養分の90%をオモ川から得ている。しかし上流のエチオピアでは、アフリカ最大級のギルゲル・ギベ第3ダムが完成し、サトウキビや綿花の栽培を目的に大規模な灌漑計画も進んでいる。ダムの取水によって湖に流れ込む淡水の量が減れば、湖水の塩分濃度が上昇し、9万人の生活が脅かされることになる。

 専門家たちは、湖がアラル海のように取り返しのつかない状態になることを恐れている。カザフスタンとウズベキスタンにまたがるアラル海は、かつて世界第4位の大きさの内陸湖として豊かな水をたたえていた。ところがソ連時代に始まった灌漑計画で、アラル海に注ぐ2本の川の水は綿花栽培に吸い取られていった。水源を失ったアラル海は縮小が止まらず、2007年には大部分が乾いた荒れ地と化した。

 トゥルカナ湖にも同じ運命が待っているのかもしれない。サトウキビと綿花の栽培がさらに拡大すれば、やがてはオモ川の水量も減っていき、湖の水位は18メートル以上も下がると水工学者のショーン・エイブリーは予測する。そうなれば多くの漁民が生活の手段を失い、難民になってしまう。

ナショナルジオグラフィック誌日本版2015年8月号より画像共々引用



 トゥルカナ湖で最大の生物だったのはカバ。でもそれは捕り尽くされて、今はいないようです。しかしナイルワニはまだたくさん生息しています。

 そして、この記事には触れられていませんが、カメ飼育者にとっては、トゥルカナハコヨコクビガメがこの湖の固有種として生息していることは有名な話。分布が非常に限定的で、生息数が少ない種と考えられています。クリーパー34号(38-39頁)によると、湖の南東岸の狭い地域にのみ生息するとされていますが、北岸側にも生息するという情報もあるようです。

  ・分布域がきわめて狭く、IUCNのレッドリストで絶滅危惧Ⅱ類とされている
  ・カメ類の輸出が厳重に規制されているケニアで、ランクの高い保護動物とされている
  ・2006年秋の日本での流通が世界初の流通

クリーパーでは、「生息地の保全が保護のために重要と思われる」と書かれています。



 しかし、その生息地の状況が悪化の一途をたどっています。最大水深73m、平均水深30mのこの湖、どうなってしまうのでしょうか。

 トゥルカナハコヨコクビガメにとっても不透明な未来かもしれません。私も飼育している、遠い異国産の青い目のカメの未来を思わずにはいられませんでした。






Turkana mud turtle (Pelusios broadleyi)

模様の変化

 生まれたて。
P7250008.jpg

 12日後。
P8060005.jpg


 配合飼料に餌付きました。
P8060009.jpg



Ornate Box Turtle (Terrapene ornata)

各地で孵化の報告

 久しぶりに検卵、キャンドリングをしてみました。

 ニシキハコガメ・スジコH、今年初産卵した個体の、唯一発生した卵です。
P8090012.jpg

 今のところ順調に発生が進んでいるようで安心しました。あと1か月ちょいでベビーの顔を見れたらいいな。


 今年は、ニシキハコガメの初孵化のニュースを複数聞いています。例えば、どちらもすでに公開なさっていますが、かめぞーさんとこ、そして、デメキンハウスさんとこ。デメキンハウスさんとこは、親を飼育し始めてわずか2年で初孵化です。しかもいわゆる“ミナミ”。デメキンハウスさんはこちら
 来年以降狙っている方々もいらっしゃいますし、今後少しずつニシキハコの国内ブリード個体も増えていくかもしれません。

 当ブログの情報がお役に立っているのであれば、非常にうれしいです。


Ornate Box Turtle (Terrapene ornata)

そういえば掃除を忘れていた

 当地は半月ぶりの雨。しかも最高気温は27℃までしか上がりませんでした。人にとっても植物にとっても、そしてカメにとっても恵みの雨でした。

 写真にあるように、我が家では、住居の屋根に降った雨の一部を、雨どいを経由して池に引き込んでいます。
P8120006.jpg

 今日は久しぶりに池の水が入れ替わる、カメもうれしいだろうな、と思いながら眺めていると、降っている雨の量のわりには、池の水が入れ替わっていないのに気づきました。

 もしや!

 案の定、(上の)写真の雨どいのつなぎ目から、大量の雨水が池に入らずに敷地にあふれ出していました。(上の)写真は処置後。あふれ具合はこんなものではありませんでした。噴き出していたという方がふさわしいかも。

 きっと池へのパイプの中にゴミがたまって、流れが非常に悪くなっているのでしょう。そういえば今シーズンはすっかり掃除を忘れていました。

 雨が激しく降る中、池に手を突っ込んで、パイプを引き抜きます。下の写真のように、パイプはS字状に曲がり、池の底の方に雨水が流れ込むようになっています。素人作なので見栄えの悪さはご勘弁。

P8120008.jpg

 このパイプをひっくり返してみると、やはりたくさんのゴミが出てきました。甲虫の死骸や植物質のもの、まだピカピカしているカナブンそのものや、最近少なくなったアブラゼミの羽まで。
P8120005.jpg

 そういえば原形をとどめたクマゼミの死骸も中から飛び出してきました。池の水面に浮かんでいます。でも、ちょっと目をはなした間に、その姿は忽然と消えていました。

 誰かが持って行ったな。




《今年セミについて感じること》
当地ではここ何年も「クマゼミ>>アブラゼミ>ニイニイゼミ」という数の上での図式があるのですが、今年はアブラゼミが若干盛り返しているように感じます。クマゼミが例年より少ないかアブラゼミが増えたのかはよく分かりません。
なお、ミンミンゼミは熊本の市街地ではまったく馴染みがありません。他の九州各県でも状況は同じだろうと思います。テレビを見ていて、夏の雰囲気を出すために、ミンミンゼミの鳴き声が使われることが多いように思いますが、九州人は身近なセミとしては違和感を感じるでしょう。
当地では、私たちの世代だとセミといえばアブラゼミ、かつてクマゼミはレアものでした。今の子どもたちにとってはクマゼミがその位置を占めるのでしょうね。

続々孵化中

 一目見て上品な感じがすると思った幼体(個人の感想です)。
P8150014.jpg
 なんでそう感じるのか?色白?
P8150017.jpg
 今まで幼体をいろいろ見てきましたが、パッと見、他の個体と何かが違って、目が留まる個体が時々出てきます。うまく説明できないんですが。
P8150021.jpg
 スジコGの仔。背甲の模様も同腹の仔と少し違いました。


 スジコFの卵も本日割れ始めています。


Ornate Box Turtle (Terrapene ornata)

お宅訪問 2015夏-その1-

 台風直撃の前の不気味な静けさの中にいます。明朝は台風最接近で、仕事も臨時に休みになりました。今回のコースは、過去嫌な思い出として残っているひどい被害をもたらしたコースと酷似。非常に心配です。


 さて、旅行中にお宅訪問をしました。


 鮮やかなトウブハコガメの♂。これは自家繁殖個体だそうです。
P1508 (1)

 トウブ♀たち。 
P1508 (2)

 カラス除け。羽の質感がとてもリアルでした。しかも強そうな大型カラスがぶら下がっているわけで、こいつがやられるここには近づきたくないと、本物のカラスが思ったとか思わなかったとか。絶大な効果があるそうです。
P1508 (3)

 自分もこんな環境にできたらいいと熱烈に思ったキボシゾーン。
P1508 (4)

 石組みや植生が自然ぽくって、ずっと眺めていたかった場所でした。
P1508 (5)

 ぽんたさん、お宅訪問を快諾してくださり、ありがとうございました。

お宅訪問 2015夏-その2-

 次なるお宅訪問先は、クリーパー72号「ブリーダーズリレー」第一走者のHさん。初めてお目にかかります。

 ヘルマンの飼育場にいきなり衝撃を受けました。
P1508 (6)

P1508 (9)
 餌のメインは桑の葉。うちも植えているのですが、こんなにデカくなるんですね。どんどん刈り取って餌にしてもまた茂るようです。
P1508 (10)
 浅い水場もあります。背甲まで水に濡れたヘルマンがいたので、自発的に浸かっていたようです。

 産卵は石組みに囲まれた一段高い場所でするそうで、掘れば卵が出てくるだろうと。でも、気候の関係でそのままでは孵らないようです。

 ここだけでうちの屋外設備と同じくらい、いや、もしかしたら大きいかもしれません。実に羨ましい。

 “屋根”のあるねぐら。この土台もすべて自分で作られたようです。カメの出入り口には二重の風よけが垂れ下がっていました。 
P1508 (7)

 “屋根”を開けたところ。ここに冬眠用の落ち葉を入れるそうです。
P1508 (8)

 うちも飼育場、作りたいと思いました。しかし、そのあとに見たものからはさらなる刺激を受けました。

お宅訪問 2015夏-その3-

 広々とした敷地で、ゾウガメとケヅメが飼育されていました。

P1508 (20)
P1508 (14)
P1508 (17)
P1508 (19)

 飼育場は二本の金属製バーで囲まれているだけ。もちろん頑丈なんでしょうが、この高さが絶妙で、外に出て行かないんですね。

 雑草を根っこから食います。桑の葉ももちろん。しかし、シダとか食われないで残っていました。

P1508 (15)
 持ち上げる?なんて無理です。
P1508 (16)
 私だけずっとケヅメに付きまとわれました。そして結構動くのが俊敏。どうやらシューズの色に反応しているようでした。美味しそうな果物にでも見えるのでしょうか。噛まないか心配になりましたが、いざシューズを目の前にすると餌じゃないと識別するようです。
P1508 (18)

 飼育小屋、冬場の設備もよく考えられたものでした。給水器には感心。

 この類の大型種に対する見方が大きく変えられてしまいました。今までこの種は眼中にありませんでしたが、飼育したくなる方々の気持ちがやっと少し分かるようになった気がします。非常に魅力的なカメです。飼育できる広さの土地があり、それに加え私の場合、冬場の設備が要らなければ、飼育したかもしれません。

お宅訪問 2015夏-その4-

 リクガメの飼育場だけでなく、何面もあるミズガメ用の池も充実していました。

 ☆手前にある比較的小さな池。大型個体たちがずらり。
P1508 (23)

 ブランディングガメ。
P1508 (22)

P1508 (27)

 今回一番魅かれたミズガメ、リオグランデクーターの巨大個体。実物は画像より四肢の赤が鮮やかでした。
P1508 (28)

 ☆奥の大きな自作池。豪快に餌をまくと、カメたちが寄ってきて豪快に食っていました。
P1508 (25)

P1508 (26)

 浅い所と深い所を作るのが良いようです。うちの極小池もそうなっていますが、浅い所の面積が少なすぎますね。


 ☆ハコガメエリア。
P1508 (24)

 こんな飼育場を作って飼育してみたいものです。大いに今後の参考になりました。Hさん、ありがとうございました。


続きを読む

お宅訪問 2015夏-その5-

 お宅訪問 2015夏 最終章。記憶が薄れないうちに一気に紹介します。

 最後はkazuさん宅の訪問。何年前かに一度見せていただいています。今回は2度目。

 ミナミニシキハコガメ。向かって右が成体♀で、左が自家繁殖♂。
P1508 (13)
P1508 (30)

 キタニシキハコガメ。
P1508 (29)

 いわゆる普通のミシシッピニオイガメ。
P1508 (33)

 同じくミシシッピニオイガメ(フロリダ産)。サイズがより小さく、これで大人。
P1508 (32)
P1508 (31)
 もちろん産地を分けての飼育でした。

 私が大好きなロンギコリス・オーストラリアナガクビガメ。うちのよりはるかに分厚い。
P1508 (34)

 こちらにもいました、リオグランデクーター。滅多に取り出す機会がないそうですが、わざわざ見せてくださいました。これって、過去記事でも取り上げており、ものすごい歯をしていた、噛まれたくないカメでしたね。
P1508 (35)
 5年後、一緒に規制されてしまうのでしょうか。


 ほかにも多くの種類がいたのですが、その一部を個人的な好みで載せました。


 今回の一連のお宅訪問、kazuさんのご親切がなかったら実現しませんでした。本当にありがとうございました。