FC2ブログ

スジコスジオ SujikoSujio

ニシキハコガメ (ornate box turtle)を中心としたカメ飼育記録

トゥルカナ湖の不透明な未来

 今月号のナショナルジオグラフィック誌に、興味深い記事が載っています。 「トゥルカナ湖の不透明な未来」 もともとケニア南部(首都であるナイロビもそこにある)の人々にとって、北部のトゥルカナ湖とそこに住む人々のことは、ほとんどよその国の話である。電気は通らず、高校もなく、定期的な交通手段も整備されていない。トゥルカナ湖は無にも等しい存在らしい。そこで、今起きていること。 ケニア北部で、先住部族の人々...

Read More

模様の変化

 生まれたて。 12日後。 配合飼料に餌付きました。Ornate Box Turtle (Terrapene ornata)...

Read More

各地で孵化の報告

 久しぶりに検卵、キャンドリングをしてみました。 ニシキハコガメ・スジコH、今年初産卵した個体の、唯一発生した卵です。 今のところ順調に発生が進んでいるようで安心しました。あと1か月ちょいでベビーの顔を見れたらいいな。 今年は、ニシキハコガメの初孵化のニュースを複数聞いています。例えば、どちらもすでに公開なさっていますが、かめぞーさんとこ、そして、デメキンハウスさんとこ。デメキンハウスさんとこは、...

Read More

そういえば掃除を忘れていた

 当地は半月ぶりの雨。しかも最高気温は27℃までしか上がりませんでした。人にとっても植物にとっても、そしてカメにとっても恵みの雨でした。 写真にあるように、我が家では、住居の屋根に降った雨の一部を、雨どいを経由して池に引き込んでいます。 今日は久しぶりに池の水が入れ替わる、カメもうれしいだろうな、と思いながら眺めていると、降っている雨の量のわりには、池の水が入れ替わっていないのに気づきました。 も...

Read More

続々孵化中

 一目見て上品な感じがすると思った幼体(個人の感想です)。 なんでそう感じるのか?色白? 今まで幼体をいろいろ見てきましたが、パッと見、他の個体と何かが違って、目が留まる個体が時々出てきます。うまく説明できないんですが。 スジコGの仔。背甲の模様も同腹の仔と少し違いました。 スジコFの卵も本日割れ始めています。Ornate Box Turtle (Terrapene ornata)...

Read More

お宅訪問 2015夏-その1-

 台風直撃の前の不気味な静けさの中にいます。明朝は台風最接近で、仕事も臨時に休みになりました。今回のコースは、過去嫌な思い出として残っているひどい被害をもたらしたコースと酷似。非常に心配です。 さて、旅行中にお宅訪問をしました。 鮮やかなトウブハコガメの♂。これは自家繁殖個体だそうです。 トウブ♀たち。  カラス除け。羽の質感がとてもリアルでした。しかも強そうな大型カラスがぶら下がっているわけで、こ...

Read More

お宅訪問 2015夏-その2-

 次なるお宅訪問先は、クリーパー72号「ブリーダーズリレー」第一走者のHさん。初めてお目にかかります。 ヘルマンの飼育場にいきなり衝撃を受けました。 餌のメインは桑の葉。うちも植えているのですが、こんなにデカくなるんですね。どんどん刈り取って餌にしてもまた茂るようです。 浅い水場もあります。背甲まで水に濡れたヘルマンがいたので、自発的に浸かっていたようです。 産卵は石組みに囲まれた一段高い場所です...

Read More

お宅訪問 2015夏-その3-

 広々とした敷地で、ゾウガメとケヅメが飼育されていました。 飼育場は二本の金属製バーで囲まれているだけ。もちろん頑丈なんでしょうが、この高さが絶妙で、外に出て行かないんですね。 雑草を根っこから食います。桑の葉ももちろん。しかし、シダとか食われないで残っていました。 持ち上げる?なんて無理です。 私だけずっとケヅメに付きまとわれました。そして結構動くのが俊敏。どうやらシューズの色に反応しているよう...

Read More

お宅訪問 2015夏-その4-

 リクガメの飼育場だけでなく、何面もあるミズガメ用の池も充実していました。 ☆手前にある比較的小さな池。大型個体たちがずらり。 ブランディングガメ。 今回一番魅かれたミズガメ、リオグランデクーターの巨大個体。実物は画像より四肢の赤が鮮やかでした。 ☆奥の大きな自作池。豪快に餌をまくと、カメたちが寄ってきて豪快に食っていました。 浅い所と深い所を作るのが良いようです。うちの極小池もそうなっていますが、...

Read More

お宅訪問 2015夏-その5-

 お宅訪問 2015夏 最終章。記憶が薄れないうちに一気に紹介します。 最後はkazuさん宅の訪問。何年前かに一度見せていただいています。今回は2度目。 ミナミニシキハコガメ。向かって右が成体♀で、左が自家繁殖♂。 キタニシキハコガメ。 いわゆる普通のミシシッピニオイガメ。 同じくミシシッピニオイガメ(フロリダ産)。サイズがより小さく、これで大人。 もちろん産地を分けての飼育でした。 私が大好きなロンギコリ...

Read More