プロ野球公式戦観戦(×)とカメウォッチングの日記

 今日は熊本城そばの県営球場で、プロ野球、ソフトバンクホークスと日本ハムファイターズの公式戦があった。熊本のような地方球場で公式戦をやってくれるのは年に1回ほど。そういう意味では生のプロ野球は簡単に見られない。かつては巨人がよく来ていたが、最近は九州のチーム・ホークスがやって来る。私も亡き父の影響で昔はプロ野球にも興味があったが、最近は贔屓のチームも特になく、選手名もあまり知らない。

 でも、今日の公式戦の先発が、あの二刀流の「大谷」と知ってからは、無性に見に行きたくなった。ローソンで当日正午まで前売りチケットを販売していると知り出かけてみたが、残念ながら買えなかった。同じように考える人は多くいるらしく、何人もいらっしゃったんですがもうないんですよね、ほら、と、私の代わりに店頭の機械を操作して親切に説明してくれた。

 ならば当日券はあるかもしれないと思い、ダメもとで球場に出かけた。地元の球場に足を運ぶのはほんとに久しぶり、というかあまり記憶にない。車に乗せてもらい、球場近くで降りたが、私の認識が甘かったのに早くも気づかされた。人がとにかく多い。しかも結構若い女性が多い。少年野球の子どもたちも多い。こんなにプロ野球って人気があったのかと思い知らされた。人の波に乗ってなんとか入口までたどり着いたが、「当日券完売しました」という表示を見に行ったようなもんだった。まあ、それも覚悟していたんだけど。俺は野球を見に来たんじゃないよというような素知らぬ顔をして方向転換。

 方針も転換。カメウォッチングとウォーキングに。

P4120004.jpg

 熊本城の二の丸公園横のお掘りは、高い所にあり、お城の周囲をぐるりと囲んでいるわけではない。水がたまっているだけのような感じで、どこの川ともつながっていないと思うのだが、カメが生息していた。これは意外だった。3頭のカメが甲羅干しをしていた。そして水の中にも結構な数の姿が見えるではないか。

P4120005.jpg

 お城長塀横の坪井川でも、巨大なアカミミガメや巨大スッポンを見ることができた。川の中の砂がたまっている辺りでは、カラスが入れ代わり立ち代わりやってきて行水をしている。

 最近ことに注目するようになった車屋の並ぶ通りをわざと通って、自宅まで歩いて帰った。・・・そうそう、報告になりますが、巷で話題のあの軽スポーツ車は、展示車に乗ってみて自分の購買意欲が減退したのと家族の理解がまったく得られなかったのとで立ち消えになりました。今気になるのは“丸目”かな。これは家族の理解も得られそう。・・・そんなこんなで8キロ歩いた。野球は大谷とスタンリッジの投げ合い。ゼロが続いていた。

 ウォーキングの後は着替えてランニング。今日は走る気満々。いつもより遠い、初めてのコースを選んだ。途中で小雨が降り始めた。最後は雨の中のラン。結局18キロ以上走った。このあと毎年恒例の40キロウォーキングと初参加のハーフマラソンが控えているため。今日だけで運動で2100キロカロリーの消費。 おっ、1-0で大谷が勝っているじゃん。開幕3連勝。最速160キロを出したそうだ。見てみたかったなあ。

ひと安心

 ニシキハコガメ・スジコG。
P4170007.jpg

 冬眠明け後何日もまったく餌を食べる気配がなく、しかも少し鼻水を流してました。昨年冬眠明けにスジコDを似たような状況で亡くしたので、今年は動物病院に早めに連れて行きました。
 獣医が聴診器をあて呼吸音を確かめ、口を開かせて口内を調べるも異常なし。“病気”のわりには衰弱なども見られなかったので、獣医のけげんそうな様子を感じ取りましたが、念のためバイトリルを注射してもらいました。
 しかしその後も餌に見向きもしません。仕方なく彼女のなすがままにと思い、飼育場に放すと、土に潜って行きました。そのまま今日まで2週間ずっと出てきませんでした。

 それがやっとスカッと晴れた今日、再び出て来ていたのです。掘りたてのミミズを与えるとすかさずパクッ。上の写真は食後の様子。

P4170008.jpg

 ジャイミルにも素早く反応。


 いつの間にか回復してました。この様子を見て素直にうれしく思いました。

 でも、頭に過ぎるのは、本当に病気だったのか?ということ。もしかしたら冬眠明け後もまだ寝ていたかっただけなのではないか?とも思えます。飼い主が神経質になり過ぎていただけではないか。それでも鼻水は見られなくなっていたので、病院に連れて行って良かったととしましょう。

 冬眠明け後餌を食べるようになったものの再び潜って行って出てこなくなったニシキハコガメがまだいます。明日まで晴れそうなので、そろそろ出てくるかもしれません。


Ornate Box Turtle (Terrapene ornata)

ふじンバー

 熊本市唯一の爬虫類専門店Rep Amberさんと不二屋さんのコラボのイベント「ふじンバー」がありました。
P4190015.jpg

 ヘビ、トカゲメイン。
P4190005.jpg

 フトアゴヒゲトカゲ、シルクバック ♀ he+ ハイポ・トランス。
P4190001.jpg
P4190003.jpg
 他の個体がかわいかったので写真を撮らせてもらおうとしたら、これ珍しいから、ということで、わざわざ出していただきました。背中に鱗がありません。スベスベでした。私はカタカナの遺伝用語もよく分からないし、ましてや好きな種類のカメ以外のことはほとんど分からないので、どうコメントしたらよいのか。店頭よりずいぶんお安いのでは。


 レップアンバーにはモエギハコガメがいます(非売)。あれ?ペア(非売)もこの前までいたけど、今日は見なかった。
P4190008.jpg

 ヒラセガメの巨大なやつもいたり、やはりカメにしか目が行かない私。

P4190010.jpg
 リクガメのベビーには癒されますね。マルギナータには魅かれました。元気も抜群に良かったし、店長の安くしときますよの声もありましたが、後々のことを考え、踏みとどまりました。桑の実のまだ青いのを平気で食べるんですね。うちのリクガメにもやってみようっと。
 なお、深度合成マクロで撮ったので、撮影中被写体が動くと、動いた部分だけヘンに合成されてしまいます。


 あっ、イベントの話ついでに、6月の九レプ、今年は出展の申込をしていません。理由は販売予定個体があまりに少ないからです。でも代わりに委託か何かの形で、自家産ニシキハコガメをお見せできるようにしたいと思っています。また、現物確認可能な方であれば、イベント以外でも、ニシキハコガメの販売はもちろん可能です。


 それともう一つ、・・・今日繁華街をうろうろしていたら、大御所○○さんご家族とばったり出会いました。どうして熊本に? こちらはお顔を存じ上げているのですが、○○さんも当方を識別してくださり、当方の拙いブログを読んでくださっているとのこと。急に声をかけて吃驚させてしまい、申し訳ありませんでした。でもお会いできてうれしかったです。

今春の交配完了

 この前まで寝ていたニシキハコガメ繁殖用♀個体たちを最後に、今春の交配を完了しました。
P4210030.jpg
(右)スジコG-スジオD。 昨秋も掛け合わせていますが念のため。
(左)2010CB-初使用♂。 メスは今年5年目・・・正直まだ小さいし、どうかとは思いますが、他所に行った2010CBは産んでますので掛けてみました。そうしたらあっさりと成功しました。このオスもなかなかやるではないですか。これから「スジオE」と呼ぶことにします。
どちらも確実に掛かりましたので、楽しみです。ニシキハコガメ♀は繁殖できるようになってからコンスタントに産むようになるのに結構時間がかかるように思います。5年目のは不安定だろうな。産卵したら正式命名とします。だからまだ名無し、ただの2010CB。


 スジオD。
P4210039.jpg

 名無し改めスジオE。
P4210036.jpg
P4210037.jpg
 下はTG-3の深度合成マクロ。

 うちの3頭の成体♂はなかなかものになりそうです。幼体の中にも、♂になりそうなのがいるので、あとの備えも今のところ順調。



 別所では、スジオCがなぜかひっくり返ったままじっとしていました。無防備すぎて何をやっているのやら。こういう姿を見るのは初めてではなく、このオス特有の特徴のように思います。
P4210054.jpg
 今年も昨年同様、スジコB/スジコE/スジコF-スジオC で掛けあわせています。


 これだけの数がいると系統を管理しなければ何と楽だろうなと思います。系統を考えるのをやめて、自由に交配させようかと思うこともしばしば。でもまだ何とか続けてます。


 今春の役目を終えたオス3頭は同居させました。早速小競り合い。
P4210056.jpg
 でも順位がつくのかやがてこれもおさまります。今日のところは手前のスジオCがトップ。年によって順位が入れ替わっているだろうなと思うこともあります。

 これからだんだん忙しい時期になってくるのがうれしくもある!



Ornate Box Turtle (Terrapene ornata)

アッサムの水中産卵、2クラッチ目

 小旅行から帰って水槽を覗いてみたら、卵が1個だけ転がっていました。
P4270032.jpg

 アッサムセタカガメの2クラッチ目の産卵ということになります。もうノーマークだったので、お恥ずかしながら抱卵していたことさえ気づいていませんでした。産卵床も撤去済み。ただ、同居ガメは早々と屋外に出していますので、今回は食べられずに済みました。

 今回も無精卵のようです。1クラッチ目の卵は念のためずっと保温していましたが、つい先日カビが生えたので廃棄したばかりでした。これも念のため保温しておきます。



Assam Roofed Turtle (Pangshura sylhetensis)