貴重な贈り物

 この前の日曜日、120サイズの大きな荷物が我が家に届きました。隅々まで配慮の行き届いた丁寧な梱包で、送られてきたものに対する愛情の深さを感じました。
 
 中に入っていたのは、チュウゴクセマルハコガメ2014CB。
PB300006.jpg

 今回送ってくださったのは「デメキンハウス」さん。我が家にいた種子島産ニホンイシガメの種親の引受先で、今年はやっとそのペアから仔が採れたそうです。そちらでは、種子島産は特別の待遇を受け、とても大切にされています。種子島産をこよなく愛する方です。

 しかも幼体を送って下さるのは今年で3年連続。なんと寛大なのでしょう。

 最初の年に送ってくださったセマルはとても大きく育ちました。かつてこのブログで紹介したこともあります。ところが、その後、屋外池で溺死してしまったのです。本当にショックでした。申し訳なくて申し訳なくて。二度と同じ経験をしないよう、屋外飼育場のレイアウトを変更しました。その死をご存じにもかかわらず、再び今年仔を送ってくださいました。




 そして、今回はこれだけではありませんでした。

PB300013.jpg

PB300034.jpg

 甲長15cmの♂です。7,8年ご自宅で飼い込まれていた即戦力♂です。我が家のチュウゴクセマル♀が産む卵の有精率がひじょうに悪いので、それを解消するための個体です。

 この個体は冬眠に移行中でしたので、我が家でもこのまま冬眠へ。



 素晴らしい個体たちをありがとうございました。ただただ感謝です。もう死なせないよう、大切に飼育を引き継ぎます。



Yellow-margined box turtle (Cuora flavomarginata) 

もうそろそろか

 相当大きな♀なので、そろそろあってもいいだろうとは思っていましたが、よりによってこの寒い時期に、ね。他の飼育者の方の記録を読ませてもらうと、やはり秋から冬に抱卵するようです。うちの場合、抱卵に気づくまで、加温すらしていませんでした。

PC110025.jpg

 10月に室内に取り込んでからは、あれっ?病気じゃないよね?と思うような、今までとは違った、体のごく些細な変化に気づきました。そして最近、カメのちょっとした仕草が目にとまって、もしや、と思い確認すると、触れるんですよ。その日は超多忙な仕事日の夜で、狂喜乱舞しました。急いで産卵床を準備し、すでに十日が経ちます。卵が体内で次第に大きくなっているのは時々確認。あとはいつ産むか、です。

PC110027.jpg

 昨日、念のため、同居していたトゥルカナを別に取り分けました。水中で産卵されたとして、それが無精卵だったとしても、食われたら嫌ですから。卵のデータも残しておきたいし。


Assam Roofed Turtle (Pangshura sylhetensis)

 

2014年総括

 1年の総括。今年のカメの産卵・繁殖は今までにない盛り上がりでした。総産卵数約160個、その43%がニホンイシガメでした。


【ニシキハコガメ】
 そして14%がニシキハコガメ。ニシキハコガメは最高数孵化しました。22産卵-13孵化-12生存。産卵数に比した孵化数から分かるように、この種は有精卵が取れたと思っても、次のクラッチで無精卵だったり、今年も相変わらず振り回されました。
P1010005.jpg
《この冬、加温管理している2014、13CB ↑↓》
P1010004.jpg
 いつものごとく、今年の仔のうちイベントで行き先が決まったのは一部でした。ですので、たくさん孵化した分、管理中の個体もいつもより多くいます。来年は模様のきれいなより大きい個体を、望まれる方にはお譲りできるかと思います。2009年から続いている繁殖が、7年目の来年も続きますように。


【オーストラリアナガクビガメ】
 今年自分として特にうれしかったのは、昔カメ本で初めて見たときから憧れていたオーストラリアナガクビガが初繁殖したこと。まだうちの♂では掛からないだろうと思っていましたが、すべて受精卵だったことから、その♂が掛かっているのは間違いないとのお墨付きをいただきました。
 特に飼育で注意していることはありませんが、室内水槽やベランダで飼育しても繁殖しなかったものが、決して広くはない池で飼い始めた途端に繁殖し始める・・・これで何度目でしょう。個体が環境に慣れ、ちょうどその繁殖する時期に当たったという理由だけではなさそうです。今年限りの出来事にしたくありません。来年も繁殖させられたらホンモノか。


【ギリシャリクガメ】
 運よくペアが販売されており、これは今年産むかもとの予想のもと導入したら見事に的中。残念ながらすべて無精卵でしたが、リクガメの産卵に初めて立ち会えたのは喜びでした。来年・・・・どうかな?自信がない。


【アッサムセタカガメ】
 産みません。越年です。すこぶる元気なのですが、もしかしたら詰まってるかも・・・。この種は、自分にとって初めての産卵なので不安がいっぱいです。
PC310004.jpg




【カメ以外の番外編】
 今や私の生活の一部になっているランニング。これほどはまるとは思っていませんでした。今年は熊本城マラソンが人生初マラソンとなりましたが、無事に完走。30キロ過ぎから非常に苦しかったのですが、フィニッシュした時にこみあげてくる達成感が、今までに経験したことがないものでした。いろいろなマラソン大会に出る気はさらさらなく、今後とも熊本城マラソン一本に絞るつもりです。

PC310003.jpg

 本日走り納めとなりました。今日は自分にとっての完全オフの時間。お城を含むコース31キロのLSDを敢行しました。↑上の画像は、フィニッシュ地点予定地。ここに駆け込んでくる自分をイメージしました。
 最初は穏やかに晴れていた空も、だんだん雲が多くなってきました。自宅まで1キロという地点で、竜巻かと思うような突風と雷雨に見舞われました。雨の中のランとはどういうものか初めて経験することになりました。
 忙しい中なんとか月間100キロを達成。そして年間1000キロも達成。