FC2ブログ

スジコスジオ SujikoSujio

ニシキハコガメ (ornate box turtle)を中心としたカメ飼育記録

中国の定期市-カメをさがして-その2-

 別の水族で売られていたカメたち。 アカミミガメとクサガメ、それにハナガメです。 鳥が集まっている区画。 鳥は人気があるようで、客も多く、どの人も品定めする目が鋭かった印象があります。マニアックな世界を感じました。 大量のミルワーム。鳥の餌です。 ハト専門店があったり、アヒル系のヒナを扱っている店があったり、いろいろ。 食用ぽい水草や二枚貝とともにカメが置いてある店。地面に容器ごと置いてあり、品数...

Read More

防犯カメラが見たものは・・・

 旅行から帰って飼育場を見に行くと、かわいがっていたあるカメが1匹だけ出迎えてくれない。飼育場の隅々まで、物を除けたり土を掘ったりして探してもその姿はどこにも見あたらなかった。嫌な予感がする。 理由を知るべく防犯カメラの映像を丹念に調べた。夜中の鮮明な映像もあるが、まずは日中に絞って確認した。何かあったとすれば、“そいつ”の習性からして、きっと周りが明るい間、だろう。すると、やはり“そいつ”が来ていた...

Read More

中国の定期市-カメをさがして-その3-

 色とりどりの目を引く鮮やかなザリガニ。赤・青・黄・緑っぽい黒。 青果ゾーン。これはニセアカシアの花。これを購入して、てんぷらにして食べました。 中国の西方で栽培されたスイカ。スイカ好きの私としては日本のものと味比べせずにはいられませんでしたので購入。甘さは控えめ、多少水っぽかったですが、そこそこおいしく食べられました。 なお、中国ではスイカを冷やして食べるという習慣がありません。というか、普通日...

Read More

今年の産卵第一号

 今年も、無加温飼育組の産卵が始まりました。 第一号はスジクビヒメニオイガメ。数日前の確認で、お腹の中に卵がパンパンに入っていました。 過去に縁甲板が腐る症状が出ていた個体で、今は完治しています。同種に対しての攻撃性がとても強いカメなので、余程のことがない限り、もう成体を増やす気はありません。細々とこのまま飼育するか、それとも・・・。 白濁も始まりました。 産卵シーズンの幕開けです!Sternotherus m...

Read More

リクガメの初産卵

 実は我が家にはギリシャリクガメの成体ペアがいます。メスは1kg超。 我が家にやって来たのは今年4月半ば。一目で気に入り、何度か通った末迎え入れることを決意しました。お店ではこんなふうにして飼育してありました。ちょっとした日除けとかしていたようですが、3、4月の気温の上下する中でも、雨が降る中でもこの管理。 お客さんからの下取りで、小さいうちから屋外で自由に育てられてきたようです。亜種は不明ですが、冬眠...

Read More

ヤエヤマセマルハコガメが切手に

よくカメグッズをくれる、妻の親友から教えてもらい、さっそく郵便局へ直行しました。5月15日発売の「自然との共生シリーズ 第4集~日本の希少野生動植物~」の中で、ヤエヤマセマルハコガメが切手になりました。1シート10枚中2枚がこのデザインです。...

Read More

ニシキハコガメ、今年最初の産卵

 ニシキハコガメ、今年の産卵第一号はスジコFでした。 スジコF(2006年CB)のこれまでの繁殖履歴。 ●2011年初産卵 1クラッチ4個 すべて孵化するも2頭が虚弱、死亡。 ●2012年2度目の産卵 1クラッチ1個 無精卵。 ●2013年 とうとう産まず。 生まれて5年で産卵し始めましたが、この種によくあるように、なかなか産卵が安定しませんでした。 それが今年はついに産んでくれました。でも通常よりかなり浅いところに産卵。回...

Read More

キボシイシガメ 5月産卵

 夕方6時30分頃、当地はまだまだ明るい時間帯ですが、キボシイシガメが産卵床に潜りこむところに遭遇しました。 夜11時頃の様子。 我が家のキボシの最初の産卵は、だいたい6月初旬です。それが昨年は6月1日、今年は5月末。環境に慣れてきたのか、それとも本当に早くなっているのか。Spotted Turtle (Clemmys guttata)...

Read More

九州レプタイルフェスタ、通算二回目出展のお知らせ

 九レプ出展いたします。そうそうたるショップ様たちの中にあって、一ブリーダーとして小規模に出展します。ご購入の有無にかかわらず、お気軽に声をおかけください。《出展予定種》◆ ニシキハコガメCB2011CB~2013CB。カメプロスなど爆食します。 ニシキハコガメ2013CB。これまた配合飼料に餌付いています。2013CBを中心に、この中から5頭持って行きます。今年1月孵化した幼体は、今回は持って行きません。◆ スジクビヒメニオ...

Read More