ヒメハコ、元気

 熊本城マラソンが75日後に迫っています。今年は川内優輝氏が招待ランナーとして出場します。この時期、練習するランナーたちの姿をよく目にするようになりました。
 私はといえば、2週間以上ほとんど練習できませんでした。一番の原因は風邪をきっかけに気管支炎になってしまったこと。それもやっとこさ癒え、昨日夕方久しぶりに10キロ走りました。(プチレプにも行きたかったのですが仕事でした。) 当然ながら体がなまっていました。適度な間隔をあけて運動すると、タイムがかえって良くなったりするのですが、空き過ぎるとやはりダメですね。ただ体重はここ数年では最も軽くなっています。
 でも、昨晩はうちで働いてくださっている先生たちと食事会でした。うれしいことにシェフがピザを1枚追加サービスしてくださり、食べきれないほどの量になりました。そこで頑張って平らげたのでまた体重が戻りそう。




 ヒメハコヨコクビガメのその後です。
 
PC017735.jpg

 耳の処置はすでに終了。現在は温室で1匹飼い。食欲は旺盛で、かなりの量の配合飼料を平らげます。ジャイミルなどの生餌も与えています。



 この個体、私が最初にヒメハコprを購入したとき、同じ便でやってきた個体だそうです。それはたぶん今年の3月。そのときから傷がひどく、とても販売できない、いや、むしろそう長くはないだろうと思われて、店頭に並ぶことなくひそかに別にストックされていたようです。そうしたら予想に反して今まで8か月も生き続け、“こんなのいるけど…”となったわけです。


 ヒメハコの情報はまだまだ少ないですね。低温にも耐えるようで、非公式には(一時的にでしょうが)7℃でも大丈夫だったという話も聞いたことがあります。うちではそんな冒険はさせられませんが、導入当初から案外低温もいけるという情報を得ていたため、実は春ごろ繁殖を促すためにわざと10℃台で飼育したこともあります。全く問題ありませんでした。その後♂が案の定盛りました。




African dwarf mud turtle (Pelusios nanus)

トゥルカナpr

 ぶりくらで1頭だけ初導入したトゥルカナハコヨコクビガメ。その後ますます気に入り、2頭に増えて3週間を越えました。水生傾向の強い泳ぎのうまいカメで、飼育していて飽きません。

PB257604.jpg

 2012CB♀(左)、2011CB♂。
PC077757.jpg
PC077760.jpg


PC077761.jpg
PC077762.jpg


 世界的に珍しい曲頸類の、しかもCBを飼育できるのは、何とすばらしいことでしょう。
 快く譲ってくださったさとさとさん、ありがとうございました。本当に魅力的なカメです。




Turkana mud turtle (Pelusios broadleyi)

まだ寝ないの?

 最近個人的に気になったニュース。マンデラ元大統領追悼式のニセ手話通訳。

 日本手話を理解する者として、呆れたを通り越してある意味感動すらしてしまいました。

 手話は世界共通ではありませんし、南アフリカのそれがどんなものかは私は知りませんが、あの映像を少し見ただけで、意味のない同じ動作の繰り返しに気づき、こりゃデタラメだと分かるレベル。

 それにしてもあの公の場の、世界各国からの要人がたくさんいる中に、どうやってニセ手話通訳者が紛れこめたのか。それが可能だったといういい加減さがすごいし、彼の“手話?”がめちゃくちゃになった言い訳がまたすごい。あそこに立って平然と“手話通訳”ができる、あの毛の生えた“心臓”もすごい。何もかもが今まで常識だと思っていたことをはるかに超えている。

 世界の広さと自分の小ささを痛感しました。


PC137777.jpg

 さて、今年は、幼体を含めるとニシキハコガメは結構大所帯になってしまったので、冬眠場所を増設しました。9月に中古の90cm水槽を入手して飼育兼冬眠箱とし、今年は二つの箱でニシキハコを管理しています。ニシキハコガメの成体は今はもうほとんど土の中。また昨年度以前の自家繁殖の個体たちももう潜って出てきません。静かなものです。

 でも、1頭だけ日中はまだ地表に出てくるんですよね。それがスジコD。この個体、毎年冬眠するのは一番最後。今年もか、って感じです。

 今日に限っては念のため水分補給をし、今晩は室内無加温で管理し、明日以降また戻ってもらう予定です。まだまだ活発に動く。

PC137781.jpg

 先月産卵したスジコGはしばらく加温飼育していました。もう1クラッチあるかもと欲を出したわけなんですが、次の抱卵の気配が少しも感じられませんし、今は日がどんどん短くなって繁殖には分が悪い状況。温度は人為的に維持していても、カメはたぶん日の長さで冬を感じているはず。それでもたぶんあと少し待てば日が長くなり、“春ホルモン”が出る?ようになって、そのうち抱卵するかもしれませんが、ニシキハコの場合、無理をするとあとまで影響してコワイ。
 それでスジコGは段階的に低い温度のところに移行中です。そしてもう少し先には寝せる予定です。そうやって今年やや狂いかけていたかもしれない体内時計を完全にリセット。




※ 春ホルモンについての過去の記事はこちら。
   ↓  ↓  ↓ 
  春ホルモンについての妄想





Ornate Box Turtle (Terrapene ornata)

盗難対策

 今年の夏、カメ仲間のお宅で盗難事件が起きたのは、まだ記憶に新しいと思います。本当に残念で悲しい事件でした。私はとても他人事とは思えず、これまでも十分注意してきたつもりなのですが、今回セキュリティー専門会社に依頼して、より強固な防犯対策を施しました。


 この場で詳細は申し上げませんが、予算の範囲内でかなり良いものが設置できたと思っています。

 当然ながら設置にあたっては複数の会社に見積もりをお願いしました。どちらもそうですが、最初はものすごく高い金額を出し、そこから大幅な値引きをしてこられます。中には50万画素程度のカメラを提案してこられるところもありましたが、今時それでははっきり写らず使い物になりません。また、今は暗視機能が付いているのは当たり前。異常をスマホなどに通知したり、スマホなどを使って外出先から簡単に映像を見たりすることもできます。それと設置してから改めて思ったのですが、レコーダーって冷却ファンの音がけっこう気になるかもしれません。

 本来はこのようなものを取り付けたくはありませんでした。しかし種親を盗まれたら大損害。それを考えるとこの投資は安いものです。もちろんこれまで注意してきたことはこれからも継続して行い、その上で機器の力をも利用していきたいと思います。