吃驚した出来事

 連日の雨。天候不順が続いています。


 今年は高価ですが市販の白い床材HRを初めて使っています。先月末旅行から帰ってきてニホンイシガメの卵を見ると、ほとんどの卵が大きく凹んで、無残に変形していました。
P8266889.jpg

 すぐさま床材をミズゴケに交換しました。

 卵黄もまだまだ残っているし、ダメになった可能性大と考えて、1個だけ一番凹みの激しかった卵の殻を恐る恐る剥いてみると・・・生きていました。





 そして約1週間後何事もなかったかのように孵化し始めました。※孵化し始めて空気が入ったのか随分形が戻っています。
P9016940.jpg


 ニホンイシガメの孵化は何度も経験してますが、こんなにひどく凹んだ卵を見るのは初めてでした。てっきり死んでしまったと勘違いしてしまいました。床材の厚み(深さ)が足りなかったのか。容器に収容した卵の数が多すぎたか。容器のふたにはやんわりと曇っている部分はありました。なお説明書きには、孵化一週間前から卵がしぼみ始めるとあります。

 ニシキハコ、スジクビ、キボシ、セマルはこの白い床材で問題なく孵っています。たぶん、このまま放っておいても、ニホンイシガメは孵ったかもしれません。というか前クラッチ分は無事孵っていますし。


 そういえば今年は今のところHRを使った分は死籠りゼロ。発生停止も少ない気がします。




relax

 すらりと伸びた足。
P9076965.jpg

 木漏れ日で日光浴。
P9076962.jpg

 人が近づいてもそのまま。警戒心がない。





Assam Roofed Turtle (Pangshura sylhetensis)

今年も9月産卵

 昨年からなんですが、我が家のニシキハコガメ、9月にも抱卵するようになりました。昨年は9月に3個体が抱卵し、うち1個体は10月初めに産みました。

 今年も間もなく10月になろうとする今日、ニシキハコガメが産卵しました。産卵前には数日間毎日空掘り。でもさすがに昨晩はいつもと違う体勢で、今日産むなと思いました。熊本は日中まだ暑いとはいえ、朝晩は肌寒くなっています。今朝の最低気温は16.6℃だったようです。
P9267100.jpg

 産んだのは2006CBのスジコE。今年最初の産卵です。今年はもう産まないのかと思い、半ばあきらめていました。
P9277101.jpg
P9277105.jpg

 この個体、2年前の2011年、孵化後5年目から産むようになりました。

 2011年 1クラッチ 3個産卵、2頭孵化。
 2012年 2クラッチ 7個産卵、すべて無精卵。
 2013年 1クラッチ 3個産卵。


P9277104.jpg


 でも、秋に産んでどうするんでしょう。放っておいても孵化するんでしょうか。ここは冬眠床も兼ねており放置する勇気もないので回収しますが。



 インキュベーターの使用がしばらく延びそうです。




Ornate Box Turtle (Terrapene ornata)