噴水

 ニシキハコガメ・スジコB、2月10日、冬眠箱の中で仰向けになって寝ていたため室内に取り込んだ個体です。取り込んだとはいえ、この個体の場合諸事情でまだ寝せていたいため、軽く水分を補給させたのち、室内無加温下で寝てもらうことにしました。

 あれから20日経ち、もう3月。そろそろ起こすことも念頭に置きながら、今日掘り出して水を飲ませました。


 今日は長時間水を飲む飲む。そして一定間隔で鼻噴水。
P3023351.jpg

 ソレッ!
P3023377b.jpg

 もう一回!
P3023377f.jpg

 何度も何度も。



P3023381.jpg

 その後また潜って行きました。




Ornate Box Turtle (Terrapene ornata)

意外な形の冬眠明け

P3023338.jpg

 カメの冬眠場所の真上がいつの間にかネコの寝床になっていたことはすでに記事にしました。昼間もいることがあるんですね、この猫。


 3月になったのに今年はキボシイシガメがなかなか姿を現さないと思い、猫のねぐらを掘ってみました。端から落ち葉を除けるにあたって感じたのは、土の中がやや乾燥しているかもとということ。

 まず出てきたのはもう完全に冬眠から覚めていたキボシイシガメ♀。

 その後、もう1匹のキボシ♀。ところが、この個体は甲羅の中で一点に凝縮するかのように縮こまっていました。一瞬死んでいるのではないかと思うくらいの縮こまりよう。首のひだの中に頭部が完全に隠れて見えなくなっており、そのひだだけが妙に目立ち、まるで首なしの死体のよう。やばいっと思い、水につけて刺激を与えると、乾燥食品が水を吸ってもとの大きさに戻るかのようにしてやっと甲羅からその姿を現しました。
P3033387.jpg

 その後、また落ち葉を掘っていくと、今度現れたのは何と半ばミイラ化し目も窪んでいるキボシ♂・・・。我が家の唯一の♂の変わり果てた姿でした。ショック。

 同じ場所にセマルも寝ていたのですが、こちらはどれも生きていました。また確認できた範囲では、この二種以外のカメはこの場所で寝ていませんでした。


 やや乾燥気味の冬眠床、しかもネコの重みでちょっと締まっていた感じがします。キボシ♂の死亡がネコが乗っていたせいかどうか分からない(そう思いたくない)んですが、ネコ“カイロ”と言っていた私が非常に愚かに思えました。もっと早く気づけばよかった。


ニシキハコガメ、続々冬眠明け

 今回は水中でも撮影できる防水デジカメTG-1の超マクロモードで撮影してみました。

 まずはニシキハコガメ・スジコF(2006CB)。冬眠箱の落ち葉の上に這い出していました。
P3113531.jpg


 水中で水を飲んでいるスジコFに接近。
P3113543.jpg
P3113559.jpg
P3113568.jpg
P3113603.jpg
 気泡まで写っています。

 なんかすごみがありますね。


Ornate Box Turtle (Terrapene ornata)

ニシキハコガメ、続々冬眠明け(2)

 同じ日にニシキハコガメ・スジオA♂も無事冬眠明けしました。うちに来て確か9回目の冬眠明け。
P3113614.jpg
P3113618.jpg
P3113626.jpg
P3113628.jpg
 赤い眼がかっこいい。そして冬眠明けの翌日早速そわそわ。盛っているんです。まだ何も食べていないのに、です。




 続いて、ニシキハコガメ2009CBも冬眠明け。両眼とも白いチーズ状の膿で塞がってふくれていましたが、それも水を飲む際に水中で脱落。
P3113643.jpg
P3113644.jpg






Ornate Box Turtle (Terrapene ornata)


ニシキハコガメ2010CB、冬眠明け(3)

 昨日冬眠明けしたニシキハコガメ2010CB。スジコC(今年死亡)とスジオB(昨年秋死亡)の仔で、我が家に唯一残している個体。
P3143686.jpg

 まぶたあたりの様子が死んだ母親に似ていると思っています。
P3143693.jpg

 模様は今一つ出ていないと思っていたのですが、よく見ると隠れています。黒地にうすく放射模様が透けて見えるんですが、成長に伴ってはっきり見えるようになるでしょうか。
P3153720.jpg
 そうやって一番上の画像を見ると、この模様が全部表現されるなら、相当な美カメになりそうな予感。生年からすると少し小さめなので今後の成長に期待。


 冬眠明け翌日には餌を食べました。
P3153739.jpg


 時々尋ねられるんですが、この個体は絶対お譲りできません。次の仔(孫世代)を採るまで大事に育て上げないと。




Ornate Box Turtle (Terrapene ornata)

ニシキハコガメ、続々冬眠明け(4)

 (連投です)一匹だけなかなか起きてこなかったニシキハコガメ・スジオCを、本日強制冬眠明けさせました。まだかなり深く潜っていたので、自然に起きるのを待っていたら、時間がもっとかかっていたかもしれません。ただ♀たちがもう起きてきているので、交配させるためには早めに彼にも起きてもらわないと。我が家の現在の繁殖主力♂ですので。でもさすがにまだ眠そう。
P3153722.jpg

 起こして約30分後にはもうこんな調子。本能のなせるわざ。さすがに構えだけで、まだことに及べませんでしたが。
P3153743.jpg





 一方次期主力♂の二匹。左が昨年秋導入の甲割れ君。右が2011年の九レプ時に導入した個体。考えてみれば両方とも同じ方から購入していますね。ありがとうございました。自画自賛ですが両個体とも結構放射模様が密に出ています。ほとんど同じくらいの甲長でした。
 右の個体は技量検査(笑)で未成立ながら交尾寸前まで行っていますので、宮崎の巨匠がおっしゃっていたように両個体とも案外今年から、最低でも来年は使える目途がたってきました。
P3153730.jpg





 細い放射模様が密に出たニシキハコガメ2009CBも餌を食い始めました。今年4歳。うまくいけば来年は繁殖に加われるかもしれません。でもあまり早く産ませたくはないですが。
P3153732.jpg



 これで冬眠組はすべて無事に冬眠明けしました。そして今のところ冬眠後も順調に進んでいます。




Ornate Box Turtle (Terrapene ornata)

肌寒い春

 小雨の降る、肌寒い、あいにくの天気でした。ニシキハコガメのオスたちは、でたらめにメスと交尾するのを避けるため、もう屋外へ移しています。

 まだ繁殖に参加させていない若雄が、水入れに入っていました。
P3273945.jpg

 うちで一番前足が赤いんじゃないかと思う今日この頃。
P3273977.jpg
P3273979.jpg



Ornate Box Turtle (Terrapene ornata)





《追記》

 屋外池にはアメンボがどこからかやってきていました。
P3273956.jpg

 桑の木には花が咲いていました。
P3273983.jpg