FC2ブログ

スジコスジオ SujikoSujio

ニシキハコガメ (ornate box turtle)を中心としたカメ飼育記録

カブト○○○○ニオイガメ

 うちの池にはカブトニオイガメの自家繁殖個体がいます。性別は♀。 父カメは巨大カブトニオイCB(現在はその大きさゆえに単独飼育中)。母カメは数年前に死亡してしまったため、私自身は最近カブトニオイの繁殖をしていませんでした。その二親の間に生まれたこのカブトニオイガメ自家繁殖個体、昨年から産卵し始めたのですが当然無精卵。しかし、今年は総産卵数の半分がなぜか白濁。 はて? ハハーンなるほど。昨秋タブから移...

Read More

スッポンの仔

 すっかり秋らしくなってきました。今日は仕事前に、ゆっくりでいいから1時間半継続して走り続けるという目標で、いつもとはコースを変えて走ってきました。 用水路脇の道路を走っていると五百円玉サイズ位でしょうか、カメの幼体が用水路の端っこを泳いでいます。スッポンです。生徒たちはこのあたりではスッポンをよく見かけると言うのですが、なるほど確かに繁殖しているようです。 カメラを構えると、その幼体は私の目の前...

Read More

配合飼料に餌付かせる

 同じ親から生まれた二匹のニシキハコガメ。カメプロスに完全に餌付きました。 別系統の1匹。餌付くのはもうじき。 背甲の模様もだんだんくっきりしてきました。...

Read More

9月に?

 カメ池を眺めると種子島産ニホンイシガメが甲羅干しをしていました。でもそのそばには・・・。 触診で確かめたらお腹の中にはまだありました。屋外飼育でこんなに遅い産卵は初めてです。卵の大きさも幾分小ぶりでした。残りはどこに産むんでしょう。まとめて土の中、あるいはお得意のブロックの穴の中に産んで欲しい。...

Read More

秋の交配 

 台風16号が接近しているようですが、ほんとに来ているの?というくらい雨も風もない静かな夜です。沖縄のお客さんから連絡があったんですが、万全の準備で臨んだ台風だったのに、拍子抜けするほど弱かったそうです。それでも今夜未明に当地には一番近づくようです。何事もなく通り過ぎて欲しいものです。 その方もおっしゃっていましたが、子どもの頃は台風で学校が休みになることを期待していました。今も同じですね。うちの子...

Read More

水槽へ

 最近屋外池も含め飼育設備を少しずついじっています。 ベランダのタブもそう。太陽の高度が下がってきて、秋分の日を前に陽があまり差さなくなってきたので、設置以来初めて少しだけ移動させました。 水を換えたのが刺激になったのか、オーストラリアナガクビ♂が♀に求愛行動を始めました。 タブは彼らにはちと浅過ぎと前々から思っていたため、予定通り金魚と入れ替えてみました。 苔生してきれいに育っているとは言えません...

Read More

ニシキハコガメ、9月の産卵

 1週間前の台風16号を境に、当地では一挙に秋が進んでしまいました。それまで夜の最低気温は20度台だったのが、20度を大きく切るようになってきました。 よりによってこの9月に抱卵した2頭のニシキハコガメ♀。自然に任せて屋外の産卵床で過ごさせていましたが、空堀りばかりでちっとも産む感じがしません。このまま抱卵したまま冬眠に突入するわけにはいかないでしょうから、この秋早くも温室を稼働させ、温室内で産ませることに...

Read More

有精卵 ⇒ 無精卵 ⇒ また有精卵

 ニシキハコガメ・スジコC、8月に産んだ卵は4個とも無精卵だったんですが、9月に産んだ卵は4個とも白濁しました。それもありえるんじゃないかとうすうす思っていたのですが、8月は暑さが厳しかったから無精卵だったんでしょうか。 孵るとしたら11月半ば、ぶりくらが終わったあとでしょうね。 スジコDの仔が卵から出てきました。卵黄はもうほとんど吸収していました。 そのスジコD、お腹の中は卵でパンパン。でも産卵しそうな...

Read More

やっと産卵

 最近またポカポカ陽気が戻ってきました。それで抱卵中のニシキハコガメをベランダ産卵床に移しました。温室の稼働はわずか数日で停止。 スジコDは一昨日も空掘りをしたのですが、以前と違うのはお腹の中でパンパンに入っていると思われた卵が、少し下に移動。お腹の中に少し余裕ができた感じでした。 そして昨日の昼からまた潜り始めました。真夜中に確認しても何も変わらず。この下にいるのは確かですが動きは無し。 早朝も...

Read More