FC2ブログ

スジコスジオ SujikoSujio

ニシキハコガメ (ornate box turtle)を中心としたカメ飼育記録

キボシイシガメ活動開始

 数日前から冬眠明けのキボシイシガメが池の周辺で見られるようになりました。 昨年夏までベランダのwaterland tubで飼育していたのですが、狭い環境ではメスがオスを気にして水に入りたがらなかったり、日当たりが限定される時期があって今一つ調子が出ない感じだったりしたので、秋に日当たりがよい広い池に移しました。 冬眠場所はカメに選んでもらいましたが、すべてのキボシが陸上の落ち葉の下を選んでいたようです。今日...

Read More

キボシ、全頭無事冬眠明け

 昨日までは落ち葉の下で寝ていたキボシイシガメのオスも冬眠明けしていました。椎甲版の後ろ側の甲ずれがひどいのですが、黄星もそこそこ多く、気に入っている個体です。 陸場では、ひっくり返っていたキボシイシガメのメスと目が合いました。手前のブロックから降りた際にこうなってしまったのでしょう。実は昨日も別の個体がこうなっていましたので、続くようならブロックなどの配置を改善しなければいけないかもしれません。...

Read More

産卵から4週目

 ニシキハコガメ・スジコCが2月5日に産卵して4週が経ちました。26℃管理でオスを狙っています。いつの時点の温度で性別が決定するのかがよく分かりません。ネットで調べてみると「胚発生が18~30%に達した時点。カメの場合、孵化期間を3等分したうちの真中」という情報を見つけました。これが正しいとしたら、今頃か?もう過ぎた頃か? 写真を撮るのが難しく、たくさん撮ってもほとんどピンボケで使い物になりません。過去記事...

Read More

ニシキハコガメ・スジコC 2クラッチ目産卵

 いつもおんなじ様子で産卵箱にいるニシキハコガメ・スジコC。いつになったら産み始めるんだろう、卵詰まりじゃないよね?、とやきもきしていたら、触診の結果、卵が体内に無くなっていました。 今回2クラッチ目も1クラッチ目も、穴を掘っている様子さえ見かけませんでした。産卵前後の様子があまり変わらないので、ほんといつ産卵したのか分かりにくい個体です。 出てきました。3個でした。初めて産卵し始めたと思われる年...

Read More

平成23年度動物取扱責任者研修会

 雨の熊本城が見渡せる熊本市役所14階です。 平成23年度動物取扱責任者研修会を受講しました。 今回も休憩15分を挟んだ二部構成でした。(約3時間の研修会) 第一部の最初の部分は「動物管理制度の見直しについて」で、動愛法の改正と、検討委員会の中でどんな論点が検討されているのか等が扱われました。 対面販売・対面説明・現物確認の義務化も法改正のポイントになっており、今後の動向を注目したいと思いました。つまり...

Read More

最初の冬眠明け

 冬眠箱の中の落ち葉が擦れる音に気づきました。何かが落ち葉の上を歩いている音です。見に行ってみるとニシキハコガメ・スジオC(♂)が起き出していました。4か月ぶりの対面です。 顔を水につっこんだまま飲むわ飲むわ。295gだった体重が315gまで増加。 スジオC、冬眠明けしたばかりというのに、もうその関心は繁殖に。※ 落ち葉を取り除いてみると、土との境目に、数頭のニシキハコガメが上昇してきていました。◎ スジオA(♂...

Read More