FC2ブログ

archive: 2011年10月  1/1

2010CBの性別

 「ぶりくら市2011」、大盛況のうちに終わったようですね。この類のイベント、毎年のことながら比較的近場の九レプを見に行く以外とんと縁がありません。いつかは行ってみたいし、出品してみたい、と思うのですが、近い将来の動愛法の改正でどうなるんでしょう。 さて、2010CBの中で唯一手元に残している個体(スジコC×スジオB)です。甲長80mm、体重118g。ゆるりと成長させています。 この個体、当初マイコレ予定の個体で...

  •  4
  •  0

オーストラリアナガクビガメ

 うちにはオーストラリアナガクビガメが3匹います。 夏の間池で飼育したこともありますが、かつて小型の個体がブロックに挟まって溺死したことがあって以来池では飼育していません。せっかく池で繁殖しているメダカもいなくなりますし。 ウォーターランドタブで飼育していますが、水深が少々足りないと感じます。120cm水槽で飼育したときは大いに楽しめましたが、今年は琉金に占領されているので、このままタブで過ごすでしょう...

  •  2
  •  0

旅立ち

 ニシキハコガメ・2009CBが今日関東地方に旅立ちました。 甲長9cm。パワフルで餌食いもとても良かった個体です。椎甲板が一枚ありません。それでも左右対称であまり気にならないきれいな個体でした。たぶん♀でしょうから、うまく育てれば数年後は繁殖も視野に入れられます。 この個体がいなくなり、2009CBでうちに残るのは1匹だけ。...

  •  2
  •  0

唯一残った2009CB個体

 唯一残った2009CB個体です。放射模様はもっと太いのが好みなんですが、一番成長の良い個体で、小さい時から成長記録をつけているため残しました。甲長103mm、体重298g。最初の頃は特に目をかけて世話していましたが、最近は♀個体と一緒に飼育しているため、何匹かいるうちの一匹的な世話。今年も冬眠させる予定。  ちなみに母親のスジコBの現在(背甲長115mm、体重429g)。2006CBの成長記録2011 10/18時点 甲長10.3cm、...

  •  0
  •  0

2011年ニシキハコガメの繁殖総括

 現在我が家にいるニシキハコガメ2011CBは全部で4匹です。うち2匹は来春以降譲るとして、残す予定なのがこの個体たち。 どちらもいわゆる孫世代。私にとっては喜ばしい記念に残る個体たちです。 (右)が2006CBスジコEの仔で、(左)が同スジコFの仔。(右)の個体は孵化した時から模様がくっきりはっきりしており、(左)は成長線の部分に黄色い放射模様が広く出始めています。今後どんなふうに成長するでしょうか。 そ...

  •  0
  •  0