FC2ブログ

archive: 2011年02月  1/1

カメプラモ バイオマスプラスティック「梅プラくん」

 今日お昼近く、西の空に見慣れない奇妙な雲がありました。右の飛行機雲は分かりますが、整った帯状の雲は何なのでしょう。形が不揃いなら気にもならないんでしょうが、定規で引いたかのように縁が真っ直ぐ。しかも西の空の一か所から放射状に出ているように見えます。最近気象にも興味があって、その種の本も読んだりしていますが、結構難しい。 さて、今日夕刊にこんな内容の記事が載っていました。 『梅の生産量日本一を誇る...

  •  3
  •  0

フロリダハコガメの耳の膿腫

 フロリダハコガメの耳の膿腫、どんどん大きくなってしまいました。   現在の様子。 大量の膿が溜まっていました。ただ完全に取りきれたかどうか。それでも腫れが少しずつ引いてきているようです。 この後餌食いが格段に良くなりました。ジャイミル、デュビア追いかけて食いついています。...

  •  2
  •  0

フロリダハコガメの耳の膿腫 その後

 1月30日に耳の膿を摘出したフロリダハコガメ。2週間弱経ってもうすっかり腫れが引いて左右同じようになりました。 この道での諸先輩方や爬虫類誌から方法を学び、ひどくなった場合にのみ頃合いを見計らって自分でやってしまうのですが、このことに対する賛否両論あるようで、あまり語りたがられていない感じがします。画像を撮っているので公開してもいいのですが、現時点では私も控えます。 特に消毒に留意し、切開にはディス...

  •  2
  •  0

旅立ち

 ニシキハコガメ2010CBのうち2匹が日曜日、新たな飼い主の方のもとに旅立ちました。今回は近県からわざわざ引き取りにきてくださり、しばしのカメ談義にも花が咲きました。 カメをお見せしたとき客人から最初に出た言葉は「大きいですね」でした。はい、もうかなり成長しています。事前のやり取りではマイコレ候補を出す予定はなかったのですが、当日になって私の気が変わり、混ぜてお見せしました。するとものの見事マイコレ...

  •  4
  •  0

スジコB - 冬眠明け

 2月18日、ついにニシキハコガメ・スジコBが地上に姿を現し、日光浴をしていました。このところ冬眠箱にもわずかだけ日が差し込むようになり、そこに出てきていたのです。前回の確認の時にそれほど深く潜っていなかったので、冬眠明けも早いかと予想していました。冬眠に入るのも比較的遅かったので、明けるのも早かったと。あの厳寒をよくぞ乗り切りました。 腹甲の手術痕も問題なさそうです。 スジコBの冬眠前の状況はこち...

  •  2
  •  0

2009CB 個体A 成長記録(2011年2月)

 冬眠から起こしたニシキハコガメ2009CB、2歳になりました。 真上から見るとこんな感じ。 真横から見ると放射模様が密に出てきています。 真上と真横から見た模様の入り方がこうも違うのはかなり変わっている感じがするんですが。2011 2/23時点 甲長9.2cm、体重210g 【2歳】    初冬眠2010 8/31時点 甲長8.9cm、体重189g     5/19時点 甲長7.9cm、体重125g    2/19時点 甲長7.4cm、体重94g 【1歳】2009...

  •  0
  •  0

スジコB - 冬眠明け後餌をとり始める

 冬眠明けのニシキハコガメ・スジコB(昨夏卵摘出術を経験)、室内無加温管理しています。日中は暖かな陽光を浴び、夜は落ち葉の中に潜って休むという生活をさせています。回収した当日はほとんど水を飲みませんでしたが、後日たらふく飲み、ここ数日でリンゴや昆虫類を食べ始めました。これで一安心です。 さて、排卵抑制のホルモン剤注射を今考慮し始めています。カメへの効果は未知数です。...

  •  8
  •  0

最高気温21℃、ロンギの甲羅干し

 今日の熊本市は2月なのに最高気温が21℃を超えたようです。オーストラリアナガクビ(ロンギ)も無事冬眠明けしました。 まだWaterland tubの中には直射日光は差しませんが、ロンギの一番でかい♀が上陸していました。 他のロンギは上陸こそしませんが、水の中で動いています。これは一番小さなロンギですが、問題なく冬眠しました。すべての個体の指や皮膚にこんな膿状のものが付いていますが、どうってことはないようです。 ...

  •  2
  •  0