屋外飼育場での初めての産卵かも

 一泊の出張に行っていました。

 ニシキハコガメ・5頭の妊婦さんたちがどうなっているか心配しながら帰ってきましたが、予想に反してどれも産んでいませんでした。産卵場所が重なるのも心配でしたが、どれも産んでいなかったのはもっと心配。大丈夫か?卵詰まり。


 一方、抱卵しているのは分かっていましたが、もう少し先だと思ってマークしていなかったスジコEが、屋外飼育場の隅で産卵中でした。
P5280020.jpg
 急きょ他の個体たちに邪魔されないように周りを囲みましたが、かなり進んでいるようで、もはや産卵を中断しません。

 屋外飼育場でのニシキの産卵は初めてかも。

P5280016.jpg

 実は今季、この個体もオスが掛かりませんでした。

P5280027.jpg
 アメリカの生息地がどんな環境なのか分かりませんが、潜られるほど土が柔らかくない場所では、他のカメと同じように普通に産むんですね。それでも固い土の表面から12,3センチ下まで掘り、卵の部屋を作って、産卵していました。二番目の写真では卵は浅いところに見えますが、このあと彼女自身が奥深くに収容したものと思われます。



 先日産卵したスジコJの卵は、今季オスが掛からなかったにもかかわらず、すべて白濁しました。

 こいつもぜひ。

 ちなみに☆ひろ☆さんちの極上個体(2016CB)の親になります。
o0480048013900597552.jpg




Ornate Box Turtle (Terrapene ornata)

ニシキハコガメ、今季最初の産卵

 昨晩は5頭が土に潜りました。

P5260020.jpg

 スジコFは表層にすり鉢状の穴を掘っていましたが、早々に産むのを止めました。スジコBは産卵床の底の方でごそごそ穴掘り中。スジコHは表層付近で・・・寝てますねこりゃ。(90センチ水槽を使っているので、ガラス面に近いところに潜っていると、少し横見できる場合があります)

 朝起きて確認すると、産んだのは5頭のうち1頭のみ、スジコJ(2011CB)だけでした。5個産みました。お腹の中がパンパンだったので納得。

 ただこの個体、今年オスがついに掛からなかった拒否個体・・・。



Ornate Box Turtle (Terrapene ornata)

抱卵

 夜の8時20分頃、震度4。思わず恐怖の声が漏れました。早く落ち着いてほしい。



 ニシキハコガメが抱卵してます。

 一番確実なのはスジコB(右)。たいていこの個体から始まります。でも今年は全体的にやや遅れている感じがします。桜の開花も遅かったですしね(関係あるかどうかわかりませんが)。
P5110007.jpg

 ほかの4頭もまだ卵に触れないけれど、グリグリの感触で近々確実になる模様。その中には昨年初産卵した個体たちも。


 スジコB(♀)の頭ってよく見ると緑色が少し見えるんですよね。もとが緑色で、その上に茶色が載っている感じですが、どうでしょう。
P5110009.jpg

 今年は何度やっても交配がうまくいかない♀個体が2頭います。♂も疲れてきているよう。今季はもうお手上げか。そのうちの一頭が抱卵しそうです。


Ornate Box Turtle (Terrapene ornata)

繁殖シーズンを振り返って その2

 今年のニシキハコガメの繁殖結果です。


 まずは全体

 36産卵-30有精卵-19孵化-17生存

 発生停止が11もあり、予想以上に多かった印象です。孵化率63%

 ただ、アメハコブリーダーさんの中にも、他種ですが発生停止が今年は多かったとおっしゃる方がいらっしゃり、そんなものじゃないのかと慰められました。どうなんでしょう。

PA200002.jpg
≪この秋の交配の様子≫


 30も有精卵があったのなら、20頭以上は問題なく孵化するだろうと思っていましたが、期待通りにいかないのがニシキハコガメ。毎年、産卵に限らず、なにかしらいろいろあるんですよね。



 次は設定温度別

 30℃設定  孵化11  発生停止5
 26℃設定  孵化 8  発生停止0
     記録不備でどちらかわからない発生停止が6

 この6のうち、26℃は1,2程度だったと記憶しています。つまりかなりの数が30℃設定だったと思われます。これを加えて仮に計算してみると、孵化率55%(30℃設定)、孵化率80%(26℃設定)となります。

 30℃で孵卵したほうに発生停止が続出。面白いことに、今年初産卵だった個体たちの卵はすべて30℃で孵りました。つまり発生停止したのは、これまで産卵経験ありの個体たちの卵。一方、26℃設定のほうは、産卵経験ありの個体たちの卵でもかなり孵化しました。
 産卵経験あり個体たちの体調がすぐれなかったのか・・・。温度を下げていたら、もっと孵化していたということか・・・。



 孵化率について個人的にお尋ねがありましたので、ついでに公にしちゃえということで公開します。ニシキハコガメの繁殖をなさっている方にとって、少しでも参考になれば幸いです。



Ornate Box Turtle (Terrapene ornata)

累代繁殖 「ひ孫」誕生

 いやあ、うれしいですね。

 ニシキハコガメのスジコI(アイ)の仔が孵化しました。TSD♀です。
P7250014.jpg

 スジコA(最初の種親)-スジコF(2006CB)-スジコI(2011CB)-この個体、という系統。

 この個体は最初の種親からすると「F3」っていうんですかね。「ひ孫」


 かつて飼育が難しいと言われていたニシキハコガメ、今はそうでもないかもしれませんが、その累代繁殖の新たな展開、素直にうれしいです。最初の子からちょうど10年かかりました。

 さらに5年後の次の世代への命のバトン渡し、楽しみたいものです。

P7250012.jpg

 初産卵だと卵が孵らないことが多々あるなかで、よくぞ孵りました。


 今のところ孵ったのはすべてTSD♀のみ。いずれも60日未満。




Ornate Box Turtle (Terrapene ornata)