屋外飼育始まる


 5月の半ばくらいから、在宅時はアッサムセタカガメを外の池に出すようになりました。

P5300527.jpg

 メスたちです。室内ではメタハラを定期的に使用していましたが、自然光の下では気持ちよさそう。配合飼料のほか桑の葉や果実を食べています。

 この新たな設備、いかに立体的な移動がうまい彼女たちでも乗り越えて隣の区画に行けないようです。ルートを探すことすらしませんね。


 オスたち。真ん中は昨年生まれのCB。
P5270502a.jpg




Assam Roofed Turtle (Pangshura sylhetensis)

闘争 2


 アッサムセタカガメ、この種のメスもオスほどではないにしても闘争するんですね。複数飼って初めて分かったこと。
IMG_6070.jpg

 現在確定メスは3頭いますが、産卵しているメスを№1メスとすると、その個体は、最近成長著しい№2メスと威嚇しあっています。№3メスも幼体から育て、№2メスと並ぶほどの体格になりましたが、まだ闘争の対象にはなっていません。


 オスの人気は圧倒的に№1メス。でも時々№2メスにも言い寄っています。№2メスも近い将来繁殖が視野に入ってくるとうれしいですね。




 №1オスは№1メスにアプローチ。メスの足にかみついたり、
P5020407.jpg
P5030441.jpg
 首にかみついたり、
P5020392.jpg
 でも、今の時期全く相手にされていない様子。時を待て!

 今年はこんなのが例年より目につくんですよね。今まであまりなかったような。本番は秋の交配時でしょうが、いい機会なのでいろいろと試してみようと思います。




Assam Roofed Turtle (Pangshura sylhetensis)

闘争

 アッサムセタカガメ、どの個体もすこぶる元気です。
P5030453.jpg



 このカメ、結構闘争します。それによって傷つくことはほとんどありませんが。


 №1オス、№2オス、メスに言い寄れる序列があります。
P5020432.jpg
 №2も隙あらばと待ち構えています。
P5020433.jpg

P5020434.jpg

 №3、№4とまでなるとあきらめ気味、に見えます。
P5020419.jpg

 力を蓄えて入れ替われ。



Assam Roofed Turtle (Pangshura sylhetensis)

12月31日

 昨日は仕事納めでした。昨夜から続いた雨もお昼ごろには上がり、夕方には晴れてきました。恒例の走り納めで、25キロ走ってきました。明後日朝スーパームーンになるはずの月が東の空にぽっかり。今日は心地よい疲れ。



 今年は念願のアッサムセタカガメの繁殖に成功しました。熱帯種は飼うつもりがなかったのですが、惚れてしまったものはしょうがない。今後も、惚れた種にはとことんこだわり、ニシキハコガメと並ぶ二本柱に育てたいと思っています。ブログもカテゴリーがこの二種だけ別に分けられているでしょ。そのつもりだからです。でも、苦労や挫折を経験しながら、きっとやっていくんでしょうね。そして、飼育していない種については全然詳しくないのもずっと続きそうです。

 唯一手元に残した個体、元気にしています。親個体たちと一緒に飼育しており、臆せず餌を食っています。
PC310138.jpg


 幼体から育てたメス個体たちも、みるみる大きくなってきています。
PC310113.jpg
 こちらも。成長線がバリバリ出ています。
PC310115.jpg
 産卵メスに追いつけ追い越せですね。


 来年もブログをぼちぼち更新していきます。もちろんカメ飼育者の皆さんがやっておられるtwitterにも興味があるけど。でも、どうしても長めの文章書いてしまうのでスタイルが合わないかも。

 どうぞよろしくお願いいたします。






Assam Roofed Turtle (Pangshura sylhetensis)

今年は早々と取り込み


 今年は寒くなるのが早い感じがします。アッサムセタカガメを池から取り込みました。

P9290028.jpg

 冷えというのが第一の理由ではありません。

 多分抱卵してます。うまく説明できないんですが、指の感覚的なもの。交配の後しばらくしてからお腹の中心で固いものが触れ、今は包まれている感じ。
 
P9290031.jpg

 上の画像はオスとメスではなく、親子です。

 ヒーターは入れてませんが、メタハラを少しずつ使い始めました。




Assam Roofed Turtle (Pangshura sylhetensis)