アッサムセタカ交尾画像

 当地でもすっかり涼しくなり、エアコンをほとんど使用せずに済むようになりました。秋が来るのが早い印象です。本日、特に気を遣うことなくのびのびと屋外飼育しているアッサムセタカガメ・メスたちを回収しました。

P9030014.jpg

 一番でかい個体が甲長185mm、二番目が135mm(5か月前計測117mm)、尾切れの一番小さい個体が130mm(同105mm)になっていました。また、腹甲側から見ると黄色味が強くなっていました。(http://kasimiro.blog65.fc2.com/blog-entry-1234.html

 一番小さい個体の、2015年初夏にやってきたときの画像。わずか57mm。
P6020069.jpg
 この2年と数か月で甲長が2.3倍になってます。急成長ですね。繁殖に使えるのもそう遠くないのかもしれません。


 池から回収した理由は成長記録をつけるためだけではありません。一番大きい個体の交配のためです。


 今年も苦労するんだろうなあと思ってました。




 ところが、ところが、




 セッティングして別飼いしていたオスの集団と一緒にすると、数時間後には本当にあっけなく交配完了
 しかも眼前で起きたためじっくり観察できて動画まで撮れるというおまけつき。
P9030025_4.jpg
 ニシキハコと同じで、オスが首を引っ込めている時はたぶん精子を送り込んでいますね。それを繰り返すこと数回。


 もちろんここまで来るのには段階があり、メスは拒否しませんでした。結合していた時間は、動画の長さで3分を優にこえる時間。でも、いい加減長すぎたのか、巨大なメスが蹴りを入れて小さなオスを引き離そうとします。それでもまだ離れまいと頑張るオス。ついに離されても、めげずにまた挑もうとメスを追いかけるオス↓。
P9030025_1.jpg
 かなりボケてますが、オスが出すもの出して交尾が成立していたのが分かるでしょう。

 2年連続の繁殖の一歩目、しかもとても重要な一歩目を、あっさりとクリアしてしまいました。12月頃が楽しみです。


Assam Roofed Turtle (Pangshura sylhetensis)

アッサムの孵化仔のその後

 アッサムセタカガメ、孵化した4頭全部健在です。今は屋外タブの中で、太陽を燦燦と浴びて成長中。

 1クラッチ目の幼体は随分大きくなりました。弱々しさは感じられません。

P7300003.jpg

 飼育スペースの関係で、成体オスたちや他の小型穏健種と同居ですが問題なし。この点でもひ弱さなし。

P7300005.jpg

 えさは配合メインに思い出したときに葉っぱ。個体によってはジャイミルなどを奪い合って食べています。

P7300012.jpg

 小さくてもすばしっこい泳ぎの達人たちです。

P7300030.jpg

 陸にあげても総排出腔が開いたまま。尻の締まりが悪い? 成体メスは大体いつもこんな感じです。




 これからも順調に育てば、1,2頭残してあとは二つの「秋のイベント」で販売します。なお予約・売約受け付けません。




Assam Roofed Turtle (Pangshura sylhetensis)

アッサムセタカガメの繁殖2017 総括


 アッサムセタカガメの二クラッチ目の仔らを水に入れました。

P5020012.jpg
 左の個体、わずかながら甲板の縁が黒いです。他の3匹の個体と違うといえば違う。



 今年は2クラッチ12個産んで、4匹孵りました。孵ればいずれも元気です。発生停止が3個で、無精卵が5個。そうそう、すぐに白濁しなくても諦めないということを学びました。



 親たちはまもなく屋外飼育に切り替えるでしょう。日光がさんさんと当たる場所で管理し、今年12月あたりの繁殖を目指します。



追記:

 初食いはやはりタンポポの葉っぱでした。配合飼料は当然食いません。明日あたりから水深を深くします。
P5030003.jpg



Assam Roofed Turtle (Pangshura sylhetensis)

2クラッチ目の孵化

 アッサムセタカガメの2クラッチ目の孵化が始まりました。

P4220012.jpg

 今回はまた勉強になりました。産んで長いこと発生しませんでした。でも、刺激を与えたところ、12日経ったころそのうちのいくつかに白濁が広がり始めているのを確認。最終的に30℃で67日(※なかなか白濁しなかった日数含む)かかりました。

P4220011_201704221108549ca.jpg

 今年繁殖成功。この道の先輩にも言われたのですが、継続してこそホンモノ。来年真価が問われます。

 30℃管理なのでたぶんメスになるだろうと思いますが、こればかりは育ててみないと何とも言えません。


※ 孵化はしてもどれだけ生き残るのか分かりませんので、現時点での販売は未定です。しかしもし販売することにしたら、幼体のかわいらしさをぜひ見ていただきたいので、まずは「イベントで」と考えています。


 

Assam Roofed Turtle (Pangshura sylhetensis)

とんがり化、さらに進行中

 色の違いでどこがどう成長しているのかよく分かります。なぜアッサムセタカはとんがり化が進むんでしょう。何か生存にメリットがあるんでしょうが。
P4030177.jpg
P4030179.jpg

 右の個体を見ると、背甲の中心・とんがり部周辺の成長が著しいように見えます。
P4030180.jpg

 母亀(背甲180mm)との大きさの比較。小さいですねえ。
P4030181.jpg



Assam Roofed Turtle (Pangshura sylhetensis)