2016CB成長記録

 手元に残しているニシキハコガメ2016CB。
P8070006.jpg

 一番注目していました。現在は黄色い部分が背甲全体に円を描くように出てきています。しかも黄色が濃い。

 ニシキハコって黒地に黄線ですよね。これは黄地に黒線が入っているように見えます。自分でも訳が分からなくなり、錯覚を起こしそうになります。
 
P8070009.jpg

 TSD♂。背甲長68mm。ぼちぼち成長しています。昨今の自家産全体に言えますが、一気に大きくしていないのでこんなものかと。
 個人的には、黒い部分が明瞭な線ではなく、塗りつぶしたようになっているのがあまり好みではありません。でもあと30mm成長したときどうなるか見届けたいと思います。



 ちなみに、11か月前の様子。
P9190021.jpg

 現在の様子。
P8070019.jpg

 奥のニシキも同じく2016CB。スジコBの血統、TSD♀予定。背甲長65mm。


Ornate Box Turtle (Terrapene ornata)

現在手元にいる幼体

 現在我が家に残している2016CB。 ※TG-3の震度合成モードで撮影しているため、撮影中動いた部分がブレています。


◆ まずはスジコIとJの仔たち。この系統では、最後の一頭になったときに販売停止と決めていました。

 ≪ひ孫A≫ とんぶりでは、他の個体より売値が少し高かった個体。お客さまにはその差が???だったようで、何でこれだけ高いの?と幾人かから尋ねられました。価格は餌食いなども含めて総合的に決定してますが、この個体の場合、模様がここに広く出始めてるでしょ?とその時答えました。
PA280140.jpg
 結果的にここにいるわけですが、ほんと模様の好みは人それぞれだと毎回感じます。自分が良いと思っても、お客さまにとってはそうでなかったり。実際成長した姿を見ると、お客さまが育て上げた個体が目を見張るような模様になっていたりすることもしばしば。こいつはどう成長するか。


 ≪ひ孫B≫ とんぶりでは結構目を引く模様だったようですが、甲ずれでもあり、当時餌食いが細かったことを正直に伝えたので、最後まで残りました。今は食の細さが消えました。なお、縁甲板の赤ポッチは、スジコIとJのどちらの仔かを区別するためのもの。
PA280138.jpg
 これらは5年後の玄孫誕生のために残しておくつもり。そのために30℃孵卵で管理したので。




◆ とんぶりには間に合わなかった個体が2頭だけいます。



 ≪個体A(30℃孵卵)≫ 虫は食いますが、まだ配合を食いません。配合も食べるようになりました。
PA280130.jpg

 ≪個体B(26℃孵卵)≫ 珍しく配合しか食いません。
PA280136.jpg

 個体Bは模様が面白いので残そうかと思っています。


 スジコB系統の30℃管理の仔と、死にかけて復活した仔もいるんで、今年は残す個体が例年より多め。


Ornate Box Turtle (Terrapene ornata)

ニシキハコガメ 今年の孵化状況

 総産卵数36個。有精卵は30個あったのですが、孵化したのは19個でした。

 20個が「わらわら」の境界線と自分で基準を設けましたが、達成なりませんでした。来年以降の目標にします。この19頭というのも自己最高数の孵化ですので喜ぶべきなのですが、下に書く事柄が生じて、素直に喜べない自分がいます。

 今年から新たに二つのインキュベーターで卵を管理しました。30度と26度管理。そのなかで今年の特徴を挙げるとすると、30度管理の初産卵個体の卵は順調に孵化しました。でも産卵経験ありの個体たちの卵は、30度でかなりの数が発生停止を経験しました。地震の影響はないと思いますので、親個体たちの管理法が悪かったのか。

P9190018.jpg

 赤ポッチは26度管理の個体(暫定TSD♂)。

P9190021.jpg

 これらは今年のマイコレ予定個体。これに加えて、まだどの個体を残すか決めていませんが、初産卵個体たちから生まれた幼体も1頭ずつは残す予定です。

 こうやってマイコレが増えていくんですが、無制限に増やし続けられないこともわかっています。いっそこの大好きな種だけに飼育を絞って、徹底的にニシキハコ馬鹿になろうかとも思いますが、ほかのカメの中にも好きなのがいるし・・・。




Ornate Box Turtle (Terrapene ornata)

生まれつき俊敏

 今日当地は、気温が全国トップ38度を超えました。クールインキュベーターのTSD♂の設定温度より10度以上高い温度。当地では卵の管理はこの機械なくしてはできない時代になっています。もしなかったら卵が全滅しかねません。


 TSD♂(スジコG系統)。

 今日は2頭が殻から出ていました。管理しているタッパーのふたを開けると、本能なのでしょうね、慌てて向きを変えてもといた殻の中に戻っていきました。今までインキュベーターの中の真っ暗闇の中にいたのに、自分の位置や殻の位置もわかっています。

 その俊敏さに感心するとともに、かわいらしくて思わずニヤニヤしてしまいました。

P8110015.jpg
 頭隠して尻隠さずなんですけど。

 こうやって見ると、やはり尻尾が長くて太いような気がするんです。生まれたばかりなのに。



Ornate Box Turtle (Terrapene ornata)

極太!

 極太模様のベビー(左)が誕生。

P8070001.jpg

 ニシキハコガメTSD♂がやっと孵化し始めました。スジコE系統。

 今回、同じクラッチだった卵を違う温度で管理しました。TSD♀との孵卵日数の差が20日以上。この差に私のほうがかなり待ちくたびれました。

 模様もさることながら、画像を見て気づいたのが尻尾の太さ。両個体ともすでに太い気がします。誕生時点で雌雄が分かるものか???


Ornate Box Turtle (Terrapene ornata)