繁殖シーズンを振り返って その2

 今年のニシキハコガメの繁殖結果です。


 まずは全体

 36産卵-30有精卵-19孵化-17生存

 発生停止が11もあり、予想以上に多かった印象です。孵化率63%

 ただ、アメハコブリーダーさんの中にも、他種ですが発生停止が今年は多かったとおっしゃる方がいらっしゃり、そんなものじゃないのかと慰められました。どうなんでしょう。

PA200002.jpg
≪この秋の交配の様子≫


 30も有精卵があったのなら、20頭以上は問題なく孵化するだろうと思っていましたが、期待通りにいかないのがニシキハコガメ。毎年、産卵に限らず、なにかしらいろいろあるんですよね。



 次は設定温度別

 30℃設定  孵化11  発生停止5
 26℃設定  孵化 8  発生停止0
     記録不備でどちらかわからない発生停止が6

 この6のうち、26℃は1,2程度だったと記憶しています。つまりかなりの数が30℃設定だったと思われます。これを加えて仮に計算してみると、孵化率55%(30℃設定)、孵化率80%(26℃設定)となります。

 30℃で孵卵したほうに発生停止が続出。面白いことに、今年初産卵だった個体たちの卵はすべて30℃で孵りました。つまり発生停止したのは、これまで産卵経験ありの個体たちの卵。一方、26℃設定のほうは、産卵経験ありの個体たちの卵でもかなり孵化しました。
 産卵経験あり個体たちの体調がすぐれなかったのか・・・。温度を下げていたら、もっと孵化していたということか・・・。



 孵化率について個人的にお尋ねがありましたので、ついでに公にしちゃえということで公開します。ニシキハコガメの繁殖をなさっている方にとって、少しでも参考になれば幸いです。



Ornate Box Turtle (Terrapene ornata)

累代繁殖 「ひ孫」誕生

 いやあ、うれしいですね。

 ニシキハコガメのスジコI(アイ)の仔が孵化しました。TSD♀です。
P7250014.jpg

 スジコA(最初の種親)-スジコF(2006CB)-スジコI(2011CB)-この個体、という系統。

 この個体は最初の種親からすると「F3」っていうんですかね。「ひ孫」


 かつて飼育が難しいと言われていたニシキハコガメ、今はそうでもないかもしれませんが、その累代繁殖の新たな展開、素直にうれしいです。最初の子からちょうど10年かかりました。

 さらに5年後の次の世代への命のバトン渡し、楽しみたいものです。

P7250012.jpg

 初産卵だと卵が孵らないことが多々あるなかで、よくぞ孵りました。


 今のところ孵ったのはすべてTSD♀のみ。いずれも60日未満。




Ornate Box Turtle (Terrapene ornata)

二頭目の孵化も始まる

 ニシキハコガメの別の卵(TSD♀)も孵化し始めました。

P7110009.jpg



 お問い合わせが数件ありましたので、ここで記させていただきます。

 ニシキハコガメの卵はすべて、クールインキュベーター二台態勢になったため、TSD管理下に置いています。ですので、お好みの方を選んでいただけます。

 以前よりご予約いただいている方々には、9月以降ご予約順にメールで連絡を差し上げます。なお、動物取扱業をお持ちでなくかつ発送が必要な方の場合、現物確認ができませんので、ご相談の上、現物確認できる方に先に選んでいただく場合があります。どうぞご了承ください。
 動物取扱業をお持ちでない方に、現物確認なしでの販売は決していたしませんので、無理を言われませんよう、前もってお願いいたします。
 

 
Ornate Box Turtle (Terrapene ornata)

今年もベビーの顔を見られました!

 ニシキハコガメが今年も孵りました。TSD♀です。

P7100006.jpg

P7100005.jpg

 この仔はスジコBの仔です。実はスジコBの仔で、♀を我が家に一頭も残していなかったことにはたと気づき、意図的にメスになるよう仕向けたものです。恐れ入りますが、早くもマイコレにいたします。お問い合わせくださった方々、そういう事情ですのでどうぞご容赦ください。



 一方、これは発生停止の卵。頭部と前あしが一応見えますが、まもなく50日を迎えるというのに、十分成長していません。色も変色し、鼻を近づけると死んだ卵の臭いがしますし、仔ガメがまったく動きません。
P7100001.jpg

 自分としては、地震の影響というより、親のコンディションによるところが大きいと思っています。親個体の状態を安定させるのが難しいところです。

 今年初産卵した個体たちの卵は、珍しく今のところ順調。


Ornate Box Turtle (Terrapene ornata)

ニシキハコガメの、今年の孵化が始まりました

 ニシキハコガメの最初のクラッチ、スジコB(卵詰まり手術個体)の卵(♀予定)が割れ始めました。

P7080001.jpg

 スジコBの卵は全部で4個。うち1個が無精卵で、2個が発生停止。孵化しそうなのはこの1個のみ。かなり期待外れの結果になってしまいました。

 今年は発生停止で処分する卵が予想以上に出ています。ある程度の数は孵化するでしょうが、現時点で初ワラワラ(20頭以上)となるのかどうか微妙になってきました。ただ、まだ産卵を控えている個体がいるので、可能性は残されています。



Ornate Box Turtle (Terrapene ornata)