FC2ブログ

category: オーストラリアナガクビ  1/7

腹甲に注目

鮮やかな腹甲ですよね。上から見たら真っ黒なんですが。腹甲のいわゆる”おへそ”のうえに横一直線が見えますよね。卵の中にいるときには、そこで折り曲がっていましたから。すごいよね。この鮮やかな色が見られるのが、ベビーを得たときのだいご味のひとつでしょうかね。Eastern long-necked turtle (Chelodina longicollis)...

  •  0
  •  0

5年ぶりにロンギも孵化。でもこれからが試練

ついにオーストラリアナガクビガメ(ロンギ)が孵化しました。5年ぶりです。途中大寒波でオスを落としてしまい、ナガクビの巨匠にお願いしてオスを譲っていただきました。それが数年して実を結びました。私と一緒で奥手かもとおっしゃっていましたが、なんのなんの。仕事をしてくれました。よくできてるんですよね。卵の中で、卵黄を抱くように体を二つ折りにして収納されているんですよね。頭部が異様にでかいんです。うまくスペ...

  •  0
  •  0

ロンギ、2頭目も産卵

オーストラリアナガクビガメ(ヒガシナガクビガメ)のもう一頭のメスです。2014-15年に二年連続で産卵しました。その後2016年冬に、公式記録では氷点下6.5℃の寒波にさらされて、オスが全滅。その後、ぴたりと産卵しなくなり、2017年にオスを新たに導入するも、まったく産卵の気配なし。ところが、2020年、5年ぶりにこの個体も再び卵を持ちました。実は、卵があったと思ったのも短い間で、最近ではその感触が消えていたので、自分の...

  •  0
  •  0

奥手返上なるか

オーストラリアナガクビガメ(ヒガシナガクビガメ)が産卵しました。うちにきて間もなく11年になります。初産卵です。うちに来た時すでにそこそこ大きく、今まで産まなかったのが不思議なくらいです。配合を頑なに食わないのも原因にあるのではないかと思います。だからといって私が合わせるでもなく、キビナゴなどなまの餌を与えるのは月に数回。それで生きてるんでしょうね。縁甲板が反り返ってるのはもともと。最初の飼育方法が...

  •  0
  •  0

リクガメの顔のようなかわいらしさがないけれども

 ※珍しく日に3本の更新。インスタに挙げた画像がたまったのもあって勢いで更新。 オーストラリアナガクビガメ(ヒガシナガクビガメ)も無事生還しました。過去の経験からオスはさすがに氷点下になりそうなときは室内に取り込み、室内冷所でクーリングさせましたが、メスは外に出したまま。 いかついですね。リクガメの顔のようなかわいさがまるで無い。私はそんな怪獣のようなところが大好きですけど。 同居しているニホンイシ...

  •  0
  •  0