産まれて初めて見る光景は?

 孵化し始めたうちの1匹。

P7230161.jpg

 割れたところから卵の中を見ようと、ピンセットで殻を軽くめくろうとしたら、いきなり噛みついてきました。




Ornate Box Turtle (Terrapene ornata)

天井無しの産卵

 ニシキハコガメの2クラッチ目の産卵が始まっていますが、今回は珍しく午後明るいうちから産み始め、しかもいつもは土の中の”密室”で産むのに、今回は天井が無い状態で産卵していました。

P7160091.jpg

P7160092.jpg

 この2枚の画像をループのように何度も繰り返しながら、丁寧に卵を産む部屋を作っていきます。そしていざ産卵するときは、首を甲羅の中に縮め込み、息むようにして産卵しました。夕方6時頃には産卵中で、私の仕事が終わった10時過ぎには完全に埋め戻しが終わっていました。

 お腹の中には卵は無し。今回は試し掘りもすることなく一度で産卵しました。暗闇の中、懐中電灯で照らして、水入れに新しい水を入れてやると、喉が渇いていたのか無心に飲みました。卵を掘り出すのは明朝。

 今日は鹿児島宮崎の梅雨明け発表。当地も晴天が続いていますが、週末に雨があるため、梅雨明けは来週初めになるそうです。本格的な夏がやってきます。8月の一番暑い頃はあまり産卵しないので、幾分涼しくなった9月頃の3クラッチ目が・・・ある、かもしれない。


 そして明日で、この個体が産んだ1クラッチ目の卵が、孵卵50日目を迎えます。こちらはまもなく孵化が始まると思われます。同時期に産んだキボシイシガメや、ニホンイシガメの卵はすでに凹んできています。こちらもそろそろ。


※7/17追記  4個ありました(^^)


Ornate Box Turtle (Terrapene ornata)

回答; 産卵床の深さ

※お陰様で台風を無事にやり過ごすことができました。今朝は鹿児島の阿久根に上陸しているのに、当地では雨風もなく、本当に九州に上陸したの?というほど穏やかな朝でした。四国方面に抜けてから初めて、台風らしきやや強い風が吹いた程度でした。これまでかなり雨の降っている地域の方々が無事でありますように。


 ニシキハコガメの飼育者の方からお尋ねがありました。産卵床の土の深さはどれくらいですか?

P7100062.jpg

 どうやったら視覚的に分かりやすいか思案していたところ、思いついたのが30cm定規を産卵床の底まで届くように埋めること。ご覧のように約25cmでした。これでも飲み水替えに伴う洗浄などで少しずつ土が減っていきますので、自分の基準ではもう少し土を補充したい気分です。

 なお、土の種類は、我が家の場合「腐葉土」です。うちでは90cm水槽を「産卵床」兼「飼育箱」兼「冬眠箱」として使用しています。この土には、(上記の理由で)市販の腐葉土を補充することもあります。しかし主には、冬場寒さを和らげるための落ち葉を大量に投入しているので、それが今の時期にはもう朽ちて土に戻っています。
 また、どのカメでも同じですが、土の固さは「固め」がよく(というかこの土の上でニシキハコガメを飼育していると、カメが動き回る時の重さや土の自重でだんだん土が締まってきます。人の手で押し固めることもあります。)、「適度な湿り気」を含む必要があります。

 こんなに土が深くても、健康なニシキハコガメが産卵するのは「最下層」です。本日の2クラッチ目の産卵でも、ガラス底に当たるかというくらいの深さに産んでいました。

 もちろんもっと浅くても産んでくれます。冬場産卵する場合、室内にこの箱を再現できませんから、当然簡易の浅い産卵床で産卵させることもありました。反対にもっと深くしたらもっと深場に産むのかどうか、まだ試したことはありません。


 なお、本日産卵したのはスジコE。3個産みました。通常は夜間に産卵しますが、今回は午前中に産卵しました。1クラッチ目の卵のうち順調に発生しているのは3個中1個だけなので、この卵は全部孵化まで進んで欲しいですが、どうでしょう。



Ornate Box Turtle (Terrapene ornata)

今年は怖いくらい順調!・・・?

 抱卵していたニシキハコガメ3頭すべての産卵がやっと完了しました。

 1頭目はスジコF。5月28日に産卵済み。

 2頭目の、卵詰まり手術をしたスジコBの抱卵期間は、とてもとても長いものでした。どの個体よりも早く抱卵が確認できてから、1か月以上かかったでしょう。この個体、冬眠明け後、ジャイアントミルワームなどの餌をたくさん食べていたのですが、抱卵確認後はそれらを全く受け付けなくなりました。それが最近ミミズやピンクマウスを少しずつ食べるようになり、やっと九レプ当日に産卵しました。昨年も似たような状態をたどったような気がします。
P6019578.jpg
 久しぶりに見るかなりいびつな卵です。

 そして昨晩、スジコEもやっと産卵しました。何度試し掘りをし、何度期待を裏切ったことでしょう。
P6039609.jpg

 掘り出す時、その埋め戻し方の丁寧さに感心しました。個体によって違いを感じるのです。卵黄が沈んでいたのですべて有精卵だと思われます。
P6049613.jpg

 現在管理中のニシキハコガメ3頭1クラッチ分の卵。スジコBの1個だけ発生しないようです。
P6049615.jpg

 今年はニシキハコガメが順調すぎるほど産卵しています。第4の♀スジコGもすでに抱卵中。昨年季節外れの晩秋に産卵した後、冬眠させて体内のリズムをリセット?させたのが良かったか。

 もう一頭メスがいたはず???腹甲板剥離経験の小型系ニシキハコガメ・スジコDです。残念ながら冬眠明け後体調を崩し死亡しました。毎年似た症状が出ていたのですが、今年はダメでした。

 それでつくづく思うのが、CBは強いということ。変な癖がなく、ここ日本で生まれ、この環境に最初から合わせて生きているので、ほんと楽です。




Ornate Box Turtle (Terrapene ornata)

ニシキハコガメ、今年最初の産卵

 ニシキハコガメ、今年の産卵第一号はスジコFでした。
P5289490.jpg

 スジコF(2006年CB)のこれまでの繁殖履歴。

 ●2011年初産卵 1クラッチ4個 すべて孵化するも2頭が虚弱、死亡。
 ●2012年2度目の産卵 1クラッチ1個 無精卵。
 ●2013年 とうとう産まず。


 生まれて5年で産卵し始めましたが、この種によくあるように、なかなか産卵が安定しませんでした。

 それが今年はついに産んでくれました。でも通常よりかなり浅いところに産卵。回収する際、危うく割りそうになり、ヒヤッとしました。
P5289493.jpg

 しかも白濁が始まりつつあります。さて何個白濁するか。

 あと2頭のニシキハコガメが抱卵するもなかなか産みません。


Ornate Box Turtle (Terrapene ornata)