フロリダハコガメ 冬眠明け


 ニシキハコと一緒に冬眠中でした。

P1200112.jpg

 今季は、知り合いの植木屋さんからいただいた、枝や葉っぱを機械で砕いたものを土の上に厚く敷いています。

 昨年より1週ほど遅い本日冬眠明け。暖かかった時期にオスが地表に向けてやや上がってきていたのと、明日からの寒波のことを考えて。
 今現在関東はものすごい雪のようですね。こちらは全然降っていません。しかし、二週ほど前の寒波の時はあたり一面雪が積もりました。いつもは暖かいはずの天草諸島が珍しく大雪。その時期もフロリダは全く問題がなかったので、今回も大丈夫とは思うのですが。

P1220114.jpg

 カメ友さんに、今年あたり繁殖?と言われたのですが、オスが2014CB、メスが2015CBですので、今シーズンはまだまだ。大切に飼育します。

 

Florida box turtle (Terrapene carolina bauri)

赤丸のカブトニオイガメ

 自家繁殖カブトニオイガメ2017CB、まだたくさんいます。孵化に時間がかかったので、秋のイベントには間に合わなかった分です。
P1160120.jpg


 赤丸個体は? この中では順調に育っています。


 私にとっての特別な個体です。過去記事でも書きましたが、本来ならこの世にいないはずのカメ
P1160117.jpg

 その親個体はもともとうちのCB。もらわれていった先で可愛がられて成長し、無精卵をたびたび産むようになりました。それで、我が家に繁殖のために戻ってきました。しかし、その個体は産卵目前で死んでしまったのです。

 この件もともとこちらから言い出したので、何か申し訳なくて、せめてそのこどもを何とか育て上げ、友人に、これがあのときあなたが可愛がってくれていたカメの仔です、って伝えたいと思っています。

 どこをどう見ても、ほかに人にはただのカブトニオイガメ。でも私にとってはほんとに唯一の個体。
 


Razor-backed musk turtle (Sternotherus carinatus)
  

痛みに耐えて取り込み

 オーストラリアナガクビガメ♀を屋外池から取り込みました。池の水は腕に痛みを感じさせるほどの冷たさ。カメはこんな中でよくぞ冬眠しています。腕まくりした手を何度も水中に突っ込んで、痛みに顔をひきつらせながらカメを探し出します。
PC300081.jpg
 水中から引き上げて、久しぶりにまじまじと見るメスたち。特に、右の繁殖に成功したことのある個体はずっしりとしており、我ながら改めて惚れ惚れしてしまいました。やはり配合食う個体は体格も良くなるし、飼育しやすい!

 この個体たちの冬眠はほとんど心配していません。でも、これからの気温がガツンと下がる日に備えて、念のため。


 一方、今年導入した♂は既に早々と回収しています。気温が下がりすぎて死なせることは避けたいので。かつて氷点下の気温で、♂ばかりやられた苦い経験がありますので。





 そういえば、数週間前、彼らを冬期に飼育する水槽を新しくしました。

 というかそうせざるを得なかったというのが実情ですが。
PC140082.jpg

 前のガラス水槽はもう何年も使用し、熊本地震のあとから水槽底部分のコーキングがだんだん外れてきて、・・・もうさすがにヤバイだろうと思っての交換です。もう一度あの揺れが来ることがあったら(たぶんしばらくはないと思いますが)・・・。

PC140083.jpg
 人生初のアクリル120cmです。一人でもなんとか持てる重さです。でもカメを入れると傷が付きまくるんだろうなあ。それでも割れることはないでしょうから。


 すでに一足早くオーストラリアナガクビの♂はここで泳いでいます。 



 これから雌雄同居させる予定です。ナガクビは人気がないようですが、再び幼体をこの目で見たいものです。



 さて、問題は古い水槽の処分。重くて忙しくてまだとなりの部屋に“転がっています”。ニシキハコの産卵兼冬眠箱に転用する可能性大か。


Chelodina longicollis

 

希望の星(きぼーのほし)

 来年2月開催の東京マラソン、また落選しました。11時過ぎという早い時間帯にメールが来たので、ダメだったなと思いました。いつかは走りたいんですけどね。倍率高すぎてなかなか希望が持てませんね。


 さて、今年オスが死に、期待していた貯精もなくて、繁殖がさっぱりだめだったキボシイシガメ。万人受けする究極のペットガメで、私もキボシに魅入られた一人。来年復活すべく動きました。


 オレンジのスポット多めのオス。
P9150025.jpg
P9150020.jpg

 ほかよりやや小さいけれどもすっかり成熟した感じのオス。
P9150073.jpg
 CBとは甲羅の形が違います。独特の美しさがあります。


 オスだけではバランスが悪いので、メスも導入。それに加えて、販売せずに将来の種親候補として育ててきた自家繁殖個体たちもいるので、来年再来年あたりは使えるようになればいいなと目論見中。


 お世話になった○○さんに感謝。 この個体たちは希望の星(きぼーのほし)です。




Spotted Turtle (Clemmys guttata)