FC2ブログ

category: カメの飼育環境  1/5

細かい部分の調整

 ニホンイシガメのいる区画は、陸場に上がる部分の勾配が隣の区画より急です。それでもカメは登れるだろうと踏んでいましたが、表面があまりにもツルツルで爪が引っかかる部分がないため、カメは何度もずり落ちてしまいました。それで画像のように後付けで対策を施してもらいました。剥がれにくい強力なセメントらしいです。 オーバーフロー管の金具部分(排水目皿というらしい)は以前の池の部品を再利用。しかも重さを利用して...

  •  0
  •  0

池のもう一つの区画

 桜が開花したのに、冷たい雨が降っていますね。こんなときに水がどんどん入れ替われ。ちなみに晴天が何日か続いたあとにph値を測っても8でした。 もう一つの池区画も使用し始めています。冬眠明けしているキボシイシガメ。 コンクリートの斜面をもう一つの区画と比べて緩くしました。でも、仕上げが美しすぎたためか、はたまたキボシの重量がないためか、キボシがうまく登れません。心配になったので、仕方なく仮に化粧ブロッ...

  •  0
  •  0

コンクリート池のアク抜き

 コンクリート池、すでにここでカメの飼育を始めています。といっても、もともと屋外で管理していたカメたちだけ。同居していた魚たちも一緒に。池へ土が入るのをできるだけ減らすために、芝生を池周辺に植えました。 でも、コンクリ池はアク抜きをしなければいけないはず・・・。 ph検定器(タケムラ比色式)でチェックしていますが、池の水の値は「8」を示しています。ちなみに真ん中が「7」(中性は6~8)。若干アルカリ寄り...

  •  2
  •  0

屋外飼育場改修工事(4)

 オリーブの根の周りの曲面部分はこうなりました。ここの施工に予想以上の時間がかかったようです。 すでに隣の区画の池には、鉄筋を敷いて最初のコンクリート打ちが行われています。 雨水を導く塩ビ管も太いものに交換。今は池に入っては困るので、仮に雨水桝に流します。 曲面部分の型枠が外れ、陸地部分(甲羅干しや産卵床になる)の壁も作り始めました。 手前から雨水を池に入れ、雨水は手前の池、奥の池と流れ、オーバー...

  •  2
  •  0

屋外飼育場改修工事(3)

 コンクリート池は広い1面ではなく、分割2面でした。 鉄筋を切ったり曲げたりする工具。 太根を切ってオリーブが枯れたらいけないということで、左官さんの判断で、ブロックの方を根に沿わせます。 手抜き無しのぐるりと鉄筋が入る頑丈仕様です。 根の周囲にはブロック無しの鉄筋のみ。確かにブロックを入れられないよね。 つづく...

  •  0
  •  0