FC2ブログ

category: 噛まれ傷  1/2

オス同士の闘争で負傷

 ニシキハコガメのオス同士のやりあいで負傷者が出ました。普段からけん制し合っているのですが、今回のように食いちぎられたのは初めて見ました。痛々しい。 今年の力関係の最上位の♂、スジオCです。これでいじけないといいのですが。 外は雨がひどいので、念のため室内で一泊二日養生させました。餌食い問題なし。 そしてわずか5日後。 あれ?もう傷が治ってる。 修復力の強さに感心しました。 今日は「午前8時59分6...

  •  0
  •  0

過去の症例(続き)

 (続き) 成長よし、模様よしのニシキハコガメ2006CBですが、顔を正面から見ると、 噛まれ傷です。これでも傷を負った直後ではありません。だいぶ肉が被ってきています。それでも上嘴がなくなり、鼻の穴までなくなり、骨まで達しているのが分かります。 これでは餌も上手に食べることができません。また相当ショックだったのか、性格が変わってしまったのか、すっかりおどおどした個体になってしまい、他のきょうだいたちと...

  •  0
  •  0

過去の症例

 この個体たちは今は亡きスジコAの仔たち、つまり2006CBです。数年前のまだ小さかった頃の写真です。 2006CBは現在2匹います。それが真ん中と右の個体。(右の個体の見上げる目が何ともいえずかわいらしいと思います)。 ということは左の個体が今はいません。 その今はいない個体。2006CBの中で、一番成長の早い個体でした。模様もとても鮮やかで綺麗。 しかし、異常があるのが分かるでしょうか?...

  •  0
  •  0

2009CB 1号の症状 その後の経過-その2-

 ニシキハコガメ2009CB 1号、最近はこのようにして餌を食べています。 食べているのは、ピンクマウスの潰したもの。月夜野ファームのピンクマウスソーセージを試しに購入して食べさせています。左手でカメを持ち上げて、爪楊枝に付けた肉をカメの顔の前に持っていくと自然に口を開けるので、サッと肉をくわえさせます。他のものを近づけても口を開けないのに、赤い肉だと口を開けるのが不思議です。 以前よりも持ち上げた時に抵...

  •  0
  •  0

2009CB 1号の症状 その後の経過

 2009CB 1号の経過報告。 前回の日記の後、半ば強制的に餌を食べさせられるようになりました。 その方法は、①仔ガメを手のひらで包むように軽く保持する。 ②親指と人差指で仔ガメの頭を引っ込ませるようにしながら視界を遮る。 ③仔ガメは嫌がって、小さいながら口を開けて噛もうとする。 ④その口を開けた瞬間を狙って、切断したジャイアントミルワームやデュビアを口にくわえさせる。 ⑤そのまま仔ガメは液状の中身を飲み込...

  •  0
  •  0