FC2ブログ

スジコスジオ SujikoSujio

ニシキハコガメ (ornate box turtle)を中心としたカメ飼育記録

腹甲の傷の観察-その4

 昨年導入のニシキハコガメ♀個体。剥がれた甲板の切除から105日目で、傷はかなり元通りになりつつあります。 背甲長;以前と変わらず10.2cm。 体重;350g。 急激に体重が増えています。 それもそのはず、この♀個体、“抱卵”しています。 今まで名前がありませんでしたが、我が家の伝統にしたがって“スジコD”と呼ぶことにします。...

Read More

腹甲の傷の観察-その3

 10月に導入した傷ありの♀個体。現在甲長こそ導入当初とほとんど変わりませんが、体重が徐々に増えています。280gから318gになりました。状態良く飼育するのに手のかからない、なかなか優秀な個体です。今ではお気に入りです。 この個体は導入当日に腹甲に大きな傷を発見したため返品・返金もできたのですが、結局手元に置いておくことになりました。(過去の日記↓)★腹甲の傷の観察-その1★腹甲の傷の観察-その2めくれた甲...

Read More

腹甲の傷の観察-その2

 新たに導入したニシキハコガメ♀の腹甲の傷に進展がありました。 ショップから到着直後、乾燥させてみて腹甲のめくれがみつかったのが10月21日。我が家に残ることになり、めくれた甲板を切除したのが翌22日。かなり大きな傷になっていました。 この後から傷口が排泄物にまみれないよう気を遣いました。といっても傷口を何かで覆ったりしたわけでもなく、最初こそ床材は新聞紙を使用しましたがあとでは普通の黒土で、傷口が乾燥...

Read More

腹甲の傷の観察-その1

 前述のニシキハコガメ♀個体、うちに届いて乾燥させてみたらご覧の通り。販売者も気づかなかったとおっしゃるのですが、どんな環境で管理していたんでしょうか?かなり湿らせた環境? つくづくニシキハコガメの導入は自分にとってうまくいかないことが多いなと感じてしまいました。 それでも販売者は良心的に対応してくださり、返品返金を申し出られました。しかし、10cmクラスの個体はそうそういませんし、そこまで成長させる...

Read More

♀の導入-傷あり!

 ニシキハコガメの♀が1匹、某所からうちにもやって来ています。 甲長11cmと表記されていましたが、たぶん腹甲も含めた長さで、背甲長は10.2cmでした。ですから亜成体といったところでしょう。繁殖に使うには来年は無理でしょうが、再来年くらいにはもしかしたら使えるかも?しれません。ただ孵化後何年目くらいから繁殖するのか分からないので、あくまでも甲長だけからの想像です。「背」甲長が11cmあたりから繁殖するのではな...

Read More