水中適応型セマル

 セマルハコガメ2015CB、数頭残しています。
P7310003.jpg

 最初から大きな水場のあるタブで飼育しているため、かなり水に慣れています。水深は背甲の高さの何倍あるでしょうかね。

 潜水しますし、
P8030037.jpg

 水底で餌を食べます。
P7300001.jpg

 水中を泳ぎます。急旋回もお手の物。
P8030040.jpg

 泳いでいるメダカをねらうことも。


 陸場中心で飼育していると、こうはならないように思います。下手すると深めの水に落ちたら溺死しますもん。
P8030004.jpg

 ものすごく活発で、他のカメのために陸地に餌をまくと、水場にいてもわらわらと上陸し、餌の争奪戦を繰り広げます。自分より大きなカメにも物怖じしません。
 自分がすでに口にくわえているのに、他のカメが口にくわえているものを見ると奪いに行きます。その際自分が口にくわえているものは、ポロッと落とす。どこか間抜けで可笑しいんですよね。




Yellow-margined box turtle (Cuora flavomarginata)

産卵シーズン幕開け

 昨年の記録だと4月29日で他のカメに先駆けて産卵。今年も自然産卵で最初でした。

 震災で忙しくて、抱卵を確認したのは昨日のことでした。お腹の中で卵がかなりいっぱいだったので、すぐさまニシキハコの産卵場に移しました。ここで産ませるのは初めて。

 そしてその翌日に触診したらすでにスッカラカン。さっそく産んだのね。

 まだ冬眠用の落ち葉が分解されていない土の中に産んでいました。
P5060003.jpg

 出てくる、出てくる。最終的に5個見つかりました。
P5060004.jpg

 お礼のミルワーム。
P5060005.jpg

 友人が外国に引っ越すからと、自家繁殖の幼体を譲ってもらい、ここまで成長しました。上から見た甲羅は長ひょろい形。最も気に入っているセマルです。


 今年からクールインキュベーターが2台体制になりましたので、温度依存性決定を試してみたいと思います。まだまだ余震がありますので、クールインキュベーターの置き場所も考えた方が良いかもしれません。幸い、2度の大地震でも、インキュベータが移動したり倒れたりすることはありませんでした。余震の振動とかが孵卵に影響を与えないといいのですが。



Yellow-margined box turtle (Cuora flavomarginata)

今シーズン最初の孵化始まる

 今シーズン最初の孵化が始まりました。
P7130001.jpg

 4月29日に異例の早さで産卵したチュウゴクセマルハコガメの卵。2013年に初産卵した個体で、昨年まで2シーズン、有精卵が取れにくい個体でした。3シーズン目の今年は、一転安定し、有精卵が取れるようになりました。

 孵化までかかった日数75日。


Yellow-margined box turtle (Cuora flavomarginata)

自然産卵の最も早い記録

 4月29日 チュウゴクセマルゾーンの寝床の土を、隠れたカメを探すために何気なく掘っていたら、突然卵が飛び出てきました。これには心底驚きました。産卵は5月になってから、まだまだ先だと思っていたので、抱卵確認さえしていませんでした。
P4280033.jpg

 その後、3個ともすべて白濁し始めました。

 我が家の場合4月29日というのは、自然産卵で最も早い記録になります。つい数週間前冬眠明けして、最近やっと餌に対する反応が良くなったと思っていたところでした。



Yellow-margined box turtle (Cuora flavomarginata)

貴重な贈り物

 この前の日曜日、120サイズの大きな荷物が我が家に届きました。隅々まで配慮の行き届いた丁寧な梱包で、送られてきたものに対する愛情の深さを感じました。
 
 中に入っていたのは、チュウゴクセマルハコガメ2014CB。
PB300006.jpg

 今回送ってくださったのは「デメキンハウス」さん。我が家にいた種子島産ニホンイシガメの種親の引受先で、今年はやっとそのペアから仔が採れたそうです。そちらでは、種子島産は特別の待遇を受け、とても大切にされています。種子島産をこよなく愛する方です。

 しかも幼体を送って下さるのは今年で3年連続。なんと寛大なのでしょう。

 最初の年に送ってくださったセマルはとても大きく育ちました。かつてこのブログで紹介したこともあります。ところが、その後、屋外池で溺死してしまったのです。本当にショックでした。申し訳なくて申し訳なくて。二度と同じ経験をしないよう、屋外飼育場のレイアウトを変更しました。その死をご存じにもかかわらず、再び今年仔を送ってくださいました。




 そして、今回はこれだけではありませんでした。

PB300013.jpg

PB300034.jpg

 甲長15cmの♂です。7,8年ご自宅で飼い込まれていた即戦力♂です。我が家のチュウゴクセマル♀が産む卵の有精率がひじょうに悪いので、それを解消するための個体です。

 この個体は冬眠に移行中でしたので、我が家でもこのまま冬眠へ。



 素晴らしい個体たちをありがとうございました。ただただ感謝です。もう死なせないよう、大切に飼育を引き継ぎます。



Yellow-margined box turtle (Cuora flavomarginata)