大潮の日にカメが産卵するという説 -その2-

 1年ほど前、「大潮の日にカメが産卵するという説」という記事を書きました。今回はより詳しい報告です。





◎【今回用いた基準となるもの】

① 新月から次の新月まで29~30日あると思いますが、ネット上の月齢カレンダーで、数年分の産卵期の大潮の数を数えてみたら、約30日の間に8日前後あるということが分かりました。それは27%程度。ひと月のうち約4分の1が大潮の日ってことになります。(前回の記事より引用)

② 潮見表カレンダー。より正確さを追求するために「熊本」での潮見表にこだわりました。一般的な月齢カレンダーは特定の基準となる場所があるようで、熊本はそれとはわずかにずれがあります。http://sio.mieyell.jp/select?po=84303 → このデータを用いたので、過去記事で導き出した数値と若干違いが生じています。





◎【考察1】 (5年間の)年別の大潮産卵率

数値は左から順に、総クラッチ数、大潮クラッチ数、大潮産卵率

〔2017年〕     29     7      24.1%

〔2016年〕     33      9      27.3%

〔2015年〕     35     11     31.4%

〔2014年〕     38      9     23.7%

〔2013年〕     29      5     17.2%

〔合 計〕     164    41     25.0%



2015年こそ31.4%となったものの5年間では25.0%です。大潮産卵率の低い2013年を除いて計算したとしても26.6%となります。大潮の日が27%ほどだとすると、カメは大潮の日に産卵するという説は当たらないように思います。


しかし、興味深い点もありました。




◎【考察2】 (5年間の)月別の大潮産卵率

数値は左から順に、総クラッチ数、大潮クラッチ数、大潮産卵率

〔4月〕      1     0         0% 
    
〔5月〕      36    13       36.1%

〔6月〕      75    13       17.3%

〔7月〕      41    13       31.7%

〔その他〕    11     2       18.2%

〔合 計〕   164    41        25.0%


 気温の低い5月は36.1%というやや突出した数値になりました。

 しかし、6月は圧倒的に産卵クラッチ数が多いにもかかわらず、大潮産卵は17%程度。当地での6月産卵は大潮と無関係というしかありません

 7月は一転高くなって31.7%ですが、27%との差はわずかと言えるかもしれません。それでも、高くなった原因は次の点と関係があるようです。実は飼育種別でもはじき出したんですが、我が家の場合、日本固有種ニホンイシガメが7月に産卵することが多く、大潮の日に産むのが他の種より目立って多かったのです。ニホンイシガメの分を計算から除くと、6月と同じ程度に落ち着きます。これは今後も観察が必要かもしれません。





◎【結論】 ※ 我が家の狭い飼育環境下での場合

大潮の日にカメが産卵するという説は、年間を通して見ると当てはまらない。

しかし、気温の低い繁殖期の初期には、大潮の日に産卵する確率が上がる傾向が見られる。とはいえ、その月でも全体の三分の二近くは大潮と関係なく産卵している。

ニホンイシガメは・・・?



 ここで興味深く思ったのが、Fabergeさんが前回の記事に寄せてくださった公開コメントです。

大潮と産卵の関係は温度に左右されると思います。

今年は特に暖かい日が多いせいか、この辺でも金魚、亀ともに潮に関係なく産卵しています。

金魚の話になってしまいますが、例年であれば 4月や5月は大潮中に産むことがほとんどですが 気温が上がるにつれ、潮に関係なく産みだします

亀に関しても、似たような感じを持っています。

なので、産卵のトリガー〔注釈;引き金、きっかけ〕としては温度が1番手で 優先順位も高く、次点に潮や気圧、湿度といった 部分が後押ししている感じですかね。

なので、大潮と産卵に関しては寒いところの 屋外飼育者は気にした方がいい程度との認識です。

※下線および注釈は筆者。


 今振り返って、このコメントは至言でした。似た傾向を私のデータも示していたからです。


 私も以前は大潮の日を待ち構えていた口です。しかし、最近はいつしか大潮の日に産むという説に疑問を持つようになっていました。経験上大潮の日によく産むわけではないことに気づいており、今回それを実際の産卵データが裏付けていました。低めの温度が大潮産卵に関係しているとすれば、年々気温が高くなっているように感じる昨今の気象状況だと、ますます大潮は産卵と関係なくなるような気がします。


 素人のこの計算や比較で正しいのかどうかわかりませんが、この記事が当blogを訪問してくださる方の参考になれば幸いです。あくまでも私の住む九州・熊本での産卵記録を基にした考察です。皆さんのお住まいの地域ではいかがでしょうか? 単なる経験や感情に基づく大潮肯定論ではなく、産卵データを基にした実際のご観察をお聞きしたいものです。

大胆な侵入者

 本日屋外飼育場のカメの世話を終えて自宅玄関から入ろうとしたら、玄関ドアがなぜか少しだけ開いています。家族の誰かが通風のために開けた? それにしても無防備な。

 家族に尋ねると誰もそんなことはしていないと。たぶん、ドアに貼り付けていたドアストッパーが開け閉めの弾みか何かで床に落ち、玄関ドアと枠の間に挟まってしまったようです。蚊の侵入を気にしてしまいました。

 ですが、なんとそれ以上の別のものが侵入していました。


続きを読む

空梅雨 一転 雨が降り始めたら

 梅雨入りしたものの晴れの日が続いていましたが、昨日からやっと雨が降るようになりました。

 これを待っていたかのように、急に産気づいたカメの産卵が続々始まりました。ちなみに昨日の熊本県は「大潮」ではありませんでした。今年の産卵シーズンが終わったあと、カメの産卵が大潮と関係があるかどうか、ここ数年の自分ちのデータを分析した記事を出す予定です。


 まずは(池の)カブトニオイガメ。2クラッチ目です。まだ明るい夕方にさっさと産卵終了。5個。
P6200015.jpg

 こちらはセマルハコガメ。こちらも2クラッチ目。夕方にさっさと産み終わりました。5個もありました。
P6200013.jpg

 もぞもぞしているのは最古参の球磨川産ニホンイシガメ。翌日確認したらお腹が空っぽ。どこかに産み付けたようですが、ついに発見できませんでした。今年は1個体分1クラッチしか回収できていません。狭い飼育場ですが、探し出すのが難しい。自然孵化を待つしかないか。
P6200010.jpg

 こちらはタブ。この春相方が死んだスジクビヒメニオイガメ、と隔離していたカブトニオイガメ。どっちがどっちの卵を産んだか、現場を確認していないので不明。状況証拠や大きさから、たぶん左上がスジクビ。
P6210017.jpg


 日照りが続いていた後の雨の降り始めに一斉に産卵した我が家の5頭のカメ。これだけを見ると、今回の産卵の引き金は雨のように思えます。

 

畳替え

 畳の傷。
P1140021.jpg

 実はジャイアントミルワームが食べた跡です。

 管理していた箱から私のミスで部屋の中に逃げ出していたものが食べた跡。一、二匹ならまだしもなんと一晩で数十匹も脱走。家族が気づいてパニックになる前になんとかせねばと、私は表では平常心を装い、でも心は必死で大捜索。

 あいつら何かと何かに挟まれたようなせまいところが好きなんですよね。あるものは隣の部屋まで移動。カーペットの下にも、そして驚いたことにカーテンのひだの中にも。結構上の方まで登っていて、カーテンを揺するとポトッと落ちてくる。見慣れた私でもさすがにこれはちょっと気持ち悪い。

 何とか、何とか懸命に見つけ出し、これで全部確保したつもりで安心していたのですが、季節が終わって片付ける前の扇風機の下を見ていませんでした。しばらくしてこの食害の跡を目にすることに。

 これは見なかったことにしよう。




 でもついにわかる時が。

 昨年4月の熊本地震で、我が家の居間は水槽の水が溢れたことによって洪水に見舞われました。畳を一生懸命乾かしたのですが、一部にカビが残ることに。また、地震による物の転倒で畳には大きな傷があるところも。その畳も実は替えてそんなに時間が経っていないものだったので、地震後なかなか替える機会を逸していたのですが、やっと重い腰を上げ、不具合のある畳だけ替えることになりました。
 
 “実はこっちにも一枚替えたほうがいいのがあるんだけれども・・・”

 “なんでこんなところに傷が? 何の傷だろう?”

 “実は・・・”

 (あとはご想像ください)

P1300025.jpg

 一部だけですが、きれいになった畳。それでも部屋の中で畳のいい香りがしてすがすがしいですね。

 実は畳替えの日、荷物を移動させると、いたんですよ、まだ一匹・・・。畳屋の目の前で慌てて回収する私。

 そういえば、先日夢でうなされました。ジャイアントミルワームがたくさんいる床の上になぜか座り込んでいる私・・・服の中がもぞもぞするという・・・悪夢でした。



 注意しましょう。

イカの甲(カトルボーン)の調達

 予定が急にぽっかり空いたので、親孝行を兼ねて天草地方の温泉に行ってきました。

P1170007.jpg

 今の時期は天然のイカの甲(カトルボーン)を調達するベストシーズン。。
P1170008.jpg

 海岸を端から端まで歩いて往復して1.5km。今日は最高の天気で、有明海をはさんだ対岸の長崎県(島原)がくっきりはっきり見えました。
P1170010.jpg

 老母も自らの運動のために手伝ってくれて、二人で大きなレジ袋換算で2袋分集めることができました。

 今年使用する分には十分過ぎる量です。