FC2ブログ

category: キボシイシガメ  1/5

(水中撮影) キボシも泳ぐ泳ぐ!

 キボシイシガメはお世辞にも泳ぎがうまいと思ったことはありません。オスはまだしも、メスは下手だという認識です。特に水深が深いと、昔の池では溺死したことがあります。 でも、今年の冬に作った屋外池では、スロープを作っていることもあり、水深が深くても大丈夫そうです。 これまた泳ぐ泳ぐ。 大好きな生餌(ジャイミル)を投入しようものなら、餌を咥えた個体が他に餌を奪われまいと水中を高速で逃げ回る様子を観察する...

  •  0
  •  0

敗北宣言

 あまり紹介していませんが、うちには結構な数のキボシイシガメがいるんです。 ♀群。 一頭自家産がいます。 ♂群。 その中で、昨年導入したオスたち。左の小さいのがワイルドと思われます。たぶんオス群の中では一番強く、容姿は私から見て一番かっこいいと思います。 これは自家産で、2013年かそれ以前に生まれた個体。りっぱなオスに成長しました。うちの飼育個体の中では、けっこう黄星が出てきている方で気に入っています...

  •  0
  •  0

希望の星(きぼーのほし)

 来年2月開催の東京マラソン、また落選しました。11時過ぎという早い時間帯にメールが来たので、ダメだったなと思いました。いつかは走りたいんですけどね。倍率高すぎてなかなか希望が持てませんね。 さて、今年オスが死に、期待していた貯精もなくて、繁殖がさっぱりだめだったキボシイシガメ。万人受けする究極のペットガメで、私もキボシに魅入られた一人。来年復活すべく動きました。 オレンジのスポット多めのオス。 ほ...

  •  0
  •  0

希望の星

 今年のキボシイシガメの繁殖についても触れておきましょう。2個体がそれぞれ1クラッチずつ産みました。 でもすべてダメ。 理由は分かっています。単純にオスがいないから。今年冬眠明け後に死亡しました。 貯精していなかったのね。 他の方とも話すんですが、やはりメスよりオスが弱い。今年はスジクビがそう、その前はオーストラリアナガクビも。 しかし、キボシは希望がないかというとそうではなく、実は自家製のオスが育...

  •  4
  •  0

飛行機に乗ってやってきたカメ その1

 キボシイシガメが飛行機に乗ってやってきました。とんぶり市会場にはたくさんいましたね。 ちなみに自分も自家繁殖個体をとんぶり会場で販売していました.。強気価格だったのに、意外にも4頭のうち2頭が新しい飼い主さんのところへ行きました。いずれもTSD♂。 すでに殖やしているのにまた買うか?ひとえに幼体から育ててでも新しい血が欲しいから。◇ 2016TSD♀ぽんた産CB(気ままなガメラ) 以前、いくつかのブリーダー産個体...

  •  6
  •  0