これか!

 今朝スジコEを個別管理していた箱をのぞくと、卵が落ちていました。昨日までは無かったものです。
P6140007.jpg

 洗ったところ。
P6140008.jpg

 ガッテン! 最近の不調の直接の原因はこれですね。

 お腹の中に少なくとも1個残っていたようです。体の状態が良くなかったか何かで、全部産み出せなかったんでしょう。

 そしてこの数時間後観察したときには、新たに、それはそれは良い形のりっぱなふんのかたまりを数個発見。やっと日の目を見た、という感じ。



 点としてあったすべての情報が私の中でつながってきました。5月末の産卵数が異例の2個で、いつもより少ないと思っていました。(そりゃあまだ体内に残っているんだもん。) 産卵後は餌を少し食べていたんですが、やがて徐々に不活発に。そして、そういえばここ数日、軟便をしていました。つまり、卵が詰まっており、そのせいで糞も十分出ることができずに溜まっていたということでしょうか。当然餌を食わないですよね。(※あくまでも素人の推理ですけど。)

 我が家ではほとんど起こらないケースで、そこまで気がまわりませんでした。これまでニシキでは経験ないと思います。最初の治療で調子が上がらなかったら、レントゲンを撮ってみましょうと言われていました。何かが詰まっているかもしれなかったからです。でも最初の治療で状態が持ち直し、自力で産み出すことができたんでしょうね。

 この後よく動くようになり、餌をバリバリ食べるようになったのは言うまでもありません。


Ornate Box Turtle (Terrapene ornata)

物言わぬカメ

 ニシキハコガメ・スジコEが産卵後から調子が上がりません。明らかに餌食いが悪いし、目に生気があまり感じられませんでした。ジャイミルに反応せず、大好きなはずのコガネムシにも同じ。ミミズにだけは反応しますが、少ししか食べず何か食べ辛そう。ほかの個体と比べても動きが緩慢で、でもそれら以外に特に何か症状は見られません。

 スジコEの場合、例年2クラッチ目があるので、この状態のまま抱卵されては生死に関わる可能性もあると思い、動物病院へ。

P6120010.jpg

 治療後二日経って、やっとコガネムシやコオロギを追いかけて食べるようになりました。やはり体の中に何か不具合があったのか。言葉では何も語ってくれないので、観察から異状を感じ取るしかありません。目から感じる生気もだいぶ戻ってきました。もう少しか。

 今年は我が家では調子を低下させる個体がいつもより多い感じ。多くは自然回復しますが、特にメス親は命を懸けて産卵するので、早め早めに手を打たないと。

 ちなみにスジコEの卵2個のうち1個は発生停止。今年は仔が採れるかなあ。



Ornate Box Turtle (Terrapene ornata)

アッサムの耳の膿腫


 もうずいぶん前から症状はあったんですが、やっと処置しました。(画像は処置前)
P5020003.jpg

P5020006.jpg

 今年初繁殖したアッサムセタカガメの♀親です。アメハコでは結構多いですが、アッサムでは初めての経験です。


追記:
傷跡もすっかり治りました。
 

一時は覚悟したけれど、何とか持ち直す

 ニシキハコガメ2016CBのうち、マイコレにすると豪語した個体、実はこういう個体に限って、何か問題が起きるんですよね。今までも何度かあった記憶が。

 実は・・・死にかけてました

 あんなに餌食いが良く、めきめき成長していたのに、ある時から食わなくなりました。10月半ばくらいだったでしょうか。しばらく様子を観察し、自分にできることはやっていましたが、衰弱はひどくなるばかり。忙しさもあって、やっと動物病院へと行動を起こしたのが1週間ほど経った某日。
 基本的に幼体の場合、その個体の寿命として受け入れることも多いです。しかし、今年一番の模様の個体を失うのがあまりにも惜しいこともあって、一縷(いちる)の望みをもって動物病院へ。



 診察する獣医の雰囲気にはこの個体の命に対する険しさが表れていました。口内を観察しても色が悪い。このちっぽけな個体を見て、たぶんダメだろうと思ったでしょう。私もそう思っていました。

 わずか21グラムの軽量。いつものあの注射ですが、計算で導き出したしずくほどの量の薬液を、細いとはいえ彼らからしたらぶっとい針で体内へ。



PA220043.jpg
 翌日は少し反応が良くなったような気がしました。これは注射翌日の写真。写真を撮りまくったうちの一枚。この目を引く独特の模様はあまり出てこないですし、首の周りにも珍しくやや細かな模様が見られます。生きてるうちに記録に残しておこうと。

 弱ってしまい自力で今いる場所から移動できないし、餌を自分からは食わないので、ふやかしてすりつぶした配合飼料に果汁などを少し混ぜた水状の餌を、口の中にシリンジで投与。吐き出さず飲むので助かりました。朝晩二回投与。もちろん温室で30℃管理。

 状態が上向いていたので、数日後に再注射。




 そうやって世話して、最近やっと自力で食べるようになりました。配合も自力でかじるように。
PA280144.jpg


 今回このサイズのカメでも、体内に入ったか入らないかわからないようなごく微量の注射が効きました。症状としては餌を食わずに不活発になったことだけ。他の外見上の症状はまったくなし。でも体内では何か悪さをする原因があったんでしょうね。




根がかなり深かった

 昨年から、人間でいう左肩あたりに大きなコブができて、調子を崩していたカブトニオイガメ2008CB。池で飼育していると、他の個体にいじめられて確実に死ぬと思い、隔離飼育してました。2003CBが死んでしまったので、なおのこと残しておきたいとの思いが強かった個体です。


 三月時点での画像ですが、穴が開いてました。
P3190189.jpg
P3190187.jpg

 このため、左前あしはほとんど動かせません。骨などにも影響ないのでしょうか。



 しかし、暖かくなるにつれ、この個体自身の餌食いも良くなり、だんだん下から肉が盛り上がってきました。あの穴がこんなに変容するとはそれはそれで驚き。

 ふと見ると、これってポロリと取れそうじゃない?
P5230002.jpg

 取れました。でも正確に言うと、抜けました、という感じ。
P5230003.jpg

 かなりでかい塊となっていたのでした。
P5230011.jpg
P5230009.jpg

 これは今まで見た中で最大の摘出膿腫。

 肩の部分には、大きな穴が残ってしまいました。
P5230015.jpg

 このあと前あしが以前より動くようになりました。

 穴はやがてふさがるとして、この治癒にエネルギーを注ぎ込んだためか、毎年抱卵していたこの個体は、今年はその気配がありません。今年はゆっくり休んでいただくことにしましょう。





追記
 抱卵していた池のカブトニオイ(上記個体とは別個体です)、産んでましたね。でも、探しまわりましたが、卵のありかを見つけられませんでした。まだ回収を諦めていませんが、自然孵化もいいかも。そして、昨年の仔で、自然孵化していて回収し損なったカブトニオイベビーの残る一頭も、どこに行ったのやら。あのあとお目にかかっていません。



Razor-backed musk turtle (Sternotherus carinatus)