ニシキハコガメ2017CB TSD♂

 リクエストにより、ニシキハコガメ2017CB TSD♂の現在の画像を載せます。


個体A 背甲長62mm
P2110165.jpg
P2110168.jpg
P2110173.jpg
 TG-3にてフラッシュ撮影

IMG_0377.jpg
 スマホにて撮影



個体B 背甲長60mm
P2110182.jpg
P2110180.jpg
P2110183.jpg
 TG-3にてフラッシュ撮影


IMG_0378.jpg
IMG_0379.jpg
 スマホにて撮影


 春以降直射日光をもっと当てることにより、放射模様はさらに黄色が濃くなると思われます。

 いずれも餌食い良好。配合飼料(カメプロス)メインに飼育。当然ジャイミルなどの昆虫も食べます。




Ornate Box Turtle (Terrapene ornata)

手狭になって

本業がやっとやっと少し落ち着いたので、更新を再開します。
コメントなどでご連絡くださった皆様、当ブログを見に来てくださっている皆様、今年もどうぞよろしくお願いいたします。



 さて、今年最初はやはりニシキハコガメから。

 加温飼育中のニシキハコガメ2017CB、どれも元気に育っています。
IMG_4788.jpg
 大きいものは背甲長約6.5cmになりました。

 かつてはすべて一緒に飼育していましたが、さすがに手狭になってきたので、12月のいつごろからか大きさで二つに分けて飼育するようになりました。
IMG_4801.jpg



 うちに来ていただいた方は、屋外の飼育設備が思ったより小さかったと思われるようです。実際私自身も最近は手狭に感じてきています。飼育頭数も限界に近づいたと思っています。でも、大好きなニシキハコはもっと飼育したい、とも。

 現在思案中。



Ornate Box Turtle (Terrapene ornata)

ニシキハコガメ・スジコB(レプタイルアート油彩標本)

 ついに届きました。仮掛け中。
PC080079.jpg


 当ブログで8月21日にアップしたこの画像、実はこの作品制作のために撮影したものでした。何枚か多加久さんに送りました。
image1.jpg


 とんぶりより前に一度見せていただきました。でも、どうしても後足の位置と大きさに違和感を感じ、申し訳なかったんですが修正をお願いしました。快く応じてくださり感謝いたします。

 でも急がないので、まずとんぶり用の作品制作を優先していただき、うちのはあとで大丈夫です、と。

 以下、多加久さんのtwitterで紹介してくださっている画像です。

 後ろ足が消えかかり、
DPH0fI7UEAA_QQV.jpg

 ついに無くなる。
DPH1cs1V4AAXK_r.jpg

 後ろ足再生。
PC080079.jpg


 自分の思い入れのある個体を描いていただいて、とても満足しています。今は作品のモデルが冬眠中ですので、これを見ながら寂しさを紛らわせています(笑)。素人目ながら複雑な放射模様を写し取るのは大変だったのではないかと思います。ありがとうございました。

 第二弾、第三弾もお願いしようかと思っています。





 ※ 過去のブログ記事ですが、この作品の製作過程の初期経過はこちらから見られます。


公式HP: アトリエ アート ルゴッサ
ブログ: http://atelierartrugosa.exblog.jp/
Twitter: 多加久@アトリエ アート ルゴッサ

冬眠の準備

 イベントも終了し、今日はカメのメンテナンス。屋外飼育のニシキハコガメたちを冬眠箱に移しました。

 洗って撮影したらそれこそ壮観な眺めなのでしょうが、ここは冬眠前、そのまま紹介します。


◎メス群9頭。
PB070022.jpg
 7頭が産卵経験ありで名前が付いています。来年はその隊伍に画像左中央の個体2013CBが加わればいいが、とひそかに期待しています。なお、スジコBとG以外はすべて自家繁殖個体です。
 すでに薄く敷いていた落ち葉の下を掘ってみると、スジコGはもう完全に潜ってましたね。また、画像右中央の小さなメスは2014CB・スジコG系統。親子して早寝でしたね。この個体はしばらく私が会っていない個体で、その存在をすっかり忘れていました(笑)。予想外に大きくなっていました。


◎オス群5頭。
PB070021.jpg
 三頭のレギュラーに加えて、二頭の自家繁殖個体がいます。いずれもスジコB系統。
 右上の個体は来年から使えそう。甲板がはがれた症例を紹介したときの個体です。イベントでも尋ねられましたが、状態がいいので冬眠させます。


 本日、雌雄別に冬眠箱に収容しました。本格的に潜るのはまだ先でしょうが、今年もあとわずか。



 これ以外に2015CBがいるはずなんですが、どこに潜っているのか発見できませんでした。もう少し探してみますが、来年ひょっこり出てくるのを待つことになるかもしれません。また同じく屋外飼育していた2016CB3頭も無事回収しました。こいつらも冬眠させる予定。



Ornate Box Turtle (Terrapene ornata)

レプタイルアート油彩標本

 現在、多加久さんのところで製作されているニシキハコガメの油彩標本画、依頼したのは私です。


 モデルはもちろんスジコB

DNsEwNaUEAESBxr.jpg
ニシキハコガメの制作が佳境にはいりました。ここからは色形を描くのではなく、「隠し味」を織り交ぜていく事で描写します。




DNW6UuAU8AEeOfH.jpg
ニシキハコガメが8割程まで出来ています。素晴らしく綺麗な個体です。この先は頭、四肢をグレースしてトーンを抑えていきます。背甲はピカピカツヤツヤに仕上げたいです。





sujikoB.jpg
ちょうど柄を入れたところです。細かい柄の位置や形状を補正し、着彩をいたします。





d0357222_04312588.jpg
 着色の手前まてきました。ここからが1番楽しい所です。





 どのようなアート標本画ができるのかとても楽しみです。



公式HP: アトリエ アート ルゴッサ
ブログ: http://atelierartrugosa.exblog.jp/
Twitter: 多加久@アトリエ アート ルゴッサ