冬眠明け、させませした

 曇りやぐずついた天気が続いていましたが、久しぶりに晴れました。

 ニシキハコガメ・スジコE。冬眠から覚めていました。水を入れると自ら入りに来ました。
P3260174.jpg
P3260175.jpg
P3260176.jpg
P3260177.jpg



 ほかの♀個体たちも全頭掘り出し。冬眠床の底の方にいた個体ももう起こしましょう。この中の2頭以外はすべて自家繁殖個体です。地道に何年もかけて殖やしてきたなあと感じる瞬間。
P3260186.jpg

 オスも一頭出てきていましたので、3頭すべて掘り出し。
 将来の種雄候補も含めると5頭と多くなりましたので、近々どうするか考えなければならないでしょう。



 今年も一頭も落ちることなく屋外軒下冬眠できました。それにしても今年は覚めるのが少し遅い気がします・・・。サクラはまだ開花しません。


Ornate Box Turtle (Terrapene ornata)

小さな冬眠明け

 ニシキハコガメのうち一頭が冬眠から目覚めました。冬眠箱兼産卵床の土の表面まで出てきていました。

 それは右の個体。
P3020044.jpg

 2015CBの残していた中で一番小さい個体です。ちなみに左の個体は、加温飼育中の2016CBの一番大きな個体。

 数か月見ないと、うちに何頭いるのか、いつ生まれの個体なのか、記憶が飛んでいます。個体のリストは作っていますが詳細は覚えておらず、判別のためには過去のブログ記事と撮りためた写真が頼り。特にまだスジコ・スジオの名前のついていない繁殖に加わっていない個体たちの場合がそう。


 ほかのニシキハコガメはどうなっているのやら。今年は一度も途中で状態を確認していません。まだ冬眠箱兼産卵床の表面に上がってきていないので、出てくるのはもう少し先だろうと思います。


Ornate Box Turtle (Terrapene ornata)

こいつだけ・・・

 すべてのニシキハコガメはとっくに冬眠に入っていますが、この個体だけがまだ。
PC010206.jpg
 気になったので状態を見るために仮収容。どうするかこれから決めます。

 首のもたげ方が、どこかで見た恐竜みたい。

 2015CB(♂)。もう過去の記事を見返さないと、こいつは誰だっけとなってしまいました。もう覚えられない。




Ornate Box Turtle (Terrapene ornata)

現在手元にいる幼体

 現在我が家に残している2016CB。 ※TG-3の震度合成モードで撮影しているため、撮影中動いた部分がブレています。


◆ まずはスジコIとJの仔たち。この系統では、最後の一頭になったときに販売停止と決めていました。

 ≪ひ孫A≫ とんぶりでは、他の個体より売値が少し高かった個体。お客さまにはその差が???だったようで、何でこれだけ高いの?と幾人かから尋ねられました。価格は餌食いなども含めて総合的に決定してますが、この個体の場合、模様がここに広く出始めてるでしょ?とその時答えました。
PA280140.jpg
 結果的にここにいるわけですが、ほんと模様の好みは人それぞれだと毎回感じます。自分が良いと思っても、お客さまにとってはそうでなかったり。実際成長した姿を見ると、お客さまが育て上げた個体が目を見張るような模様になっていたりすることもしばしば。こいつはどう成長するか。


 ≪ひ孫B≫ とんぶりでは結構目を引く模様だったようですが、甲ずれでもあり、当時餌食いが細かったことを正直に伝えたので、最後まで残りました。今は食の細さが消えました。なお、縁甲板の赤ポッチは、スジコIとJのどちらの仔かを区別するためのもの。
PA280138.jpg
 これらは5年後の玄孫誕生のために残しておくつもり。そのために30℃孵卵で管理したので。




◆ とんぶりには間に合わなかった個体が2頭だけいます。



 ≪個体A(30℃孵卵)≫ 虫は食いますが、まだ配合を食いません。配合も食べるようになりました。
PA280130.jpg

 ≪個体B(26℃孵卵)≫ 珍しく配合しか食いません。
PA280136.jpg

 個体Bは模様が面白いので残そうかと思っています。


 スジコB系統の30℃管理の仔と、死にかけて復活した仔もいるんで、今年は残す個体が例年より多め。


Ornate Box Turtle (Terrapene ornata)

手元を離れて行った個体たちの成長の様子

 ニシキハコガメをお譲りしていると、こんなに成長しましたという報告をいただくことが時々あります。画像を送ってくださる方、お会いした際にその個体を見せてくださる方、ブログをなさってるなら記事にしてくださる方などいらっしゃいます。



 ◇ Yさん所有個体(2015CB)。
P9280076-a.jpg
 コントラストがはっきりしています。さらに成長すると模様がのってきそう。




 ◇ Iさん所有個体(右 2015CB)。♂確定。
6CIMG0349.jpg
 自宅近くで獲れる生餌メインで育てており、10cmを優に超えています。




 いずれも今年再購入してくださり、ありがとうございました。




 そして本日、以前からお話をいただいていたMさんにお届けするために、やっと予定を調整して、お隣りの福岡県まで行ってきました。ちょうど実家への帰省も兼ねて予定を組めたので良かったです。某所で雨宿りしながら長々と立ち話になってしまいましたが、お話できてうれしかったです。ありがとうございました。




◇ Mさんが育てられた個体(2015CB)。
P9280076.jpg
P9280073.jpg
 餌食いが良かったので、水飼いで育てられたとのこと。水飼いを続けると調子崩す個体が多いと思ったんですが意外でした。顔がきれいでした。色柄といいい鼻筋が通っているところといいスジコG系統か。




 どの個体も立派に成長していました。このように再会できるのは本当に喜びです。



Ornate Box Turtle (Terrapene ornata)