冬眠の準備

 イベントも終了し、今日はカメのメンテナンス。屋外飼育のニシキハコガメたちを冬眠箱に移しました。

 洗って撮影したらそれこそ壮観な眺めなのでしょうが、ここは冬眠前、そのまま紹介します。


◎メス群9頭。
PB070022.jpg
 7頭が産卵経験ありで名前が付いています。来年はその隊伍に画像左中央の個体2013CBが加わればいいが、とひそかに期待しています。なお、スジコBとG以外はすべて自家繁殖個体です。
 すでに薄く敷いていた落ち葉の下を掘ってみると、スジコGはもう完全に潜ってましたね。また、画像右中央の小さなメスは2014CB・スジコG系統。親子して早寝でしたね。この個体はしばらく私が会っていない個体で、その存在をすっかり忘れていました(笑)。予想外に大きくなっていました。


◎オス群5頭。
PB070021.jpg
 三頭のレギュラーに加えて、二頭の自家繁殖個体がいます。いずれもスジコB系統。
 右上の個体は来年から使えそう。甲板がはがれた症例を紹介したときの個体です。イベントでも尋ねられましたが、状態がいいので冬眠させます。


 本日、雌雄別に冬眠箱に収容しました。本格的に潜るのはまだ先でしょうが、今年もあとわずか。



 これ以外に2015CBがいるはずなんですが、どこに潜っているのか発見できませんでした。もう少し探してみますが、来年ひょっこり出てくるのを待つことになるかもしれません。また同じく屋外飼育していた2016CB3頭も無事回収しました。こいつらも冬眠させる予定。



Ornate Box Turtle (Terrapene ornata)

レプタイルアート油彩標本

 現在、多加久さんのところで製作されているニシキハコガメの油彩標本画、依頼したのは私です。


 モデルはもちろんスジコB

DNsEwNaUEAESBxr.jpg
ニシキハコガメの制作が佳境にはいりました。ここからは色形を描くのではなく、「隠し味」を織り交ぜていく事で描写します。




DNW6UuAU8AEeOfH.jpg
ニシキハコガメが8割程まで出来ています。素晴らしく綺麗な個体です。この先は頭、四肢をグレースしてトーンを抑えていきます。背甲はピカピカツヤツヤに仕上げたいです。





sujikoB.jpg
ちょうど柄を入れたところです。細かい柄の位置や形状を補正し、着彩をいたします。





d0357222_04312588.jpg
 着色の手前まてきました。ここからが1番楽しい所です。





 どのようなアート標本画ができるのかとても楽しみです。



公式HP: アトリエ アート ルゴッサ
blog: アトリエ アート ルゴッサ
Twitter: 多加久@アトリエ アート ルゴッサ

キタニシキハコガメ・スジコB

 うちのキタニシキハコガメで特に思い入れのある個体がスジコB。

image1.jpg

 見慣れていた薄汚れた甲羅を久しぶりに洗うと、元の色が鮮やかに出てきました。改めてハッとしました。

 エアコンの室外機の上で撮影したら、そこそこ動きが止められて撮影完了。


 裏返すとプラスティックで固められた卵詰まりの手術痕が見えます。でもそんなの欠点でもなんでもなくて、ただひたすら愛おしい。飼育者バカですね。

 背甲長12センチ。体重は最近測ってないなあ。



Ornate Box Turtle (Terrapene ornata)

水浴び中

 個人的には、今年は8月のお盆の前から秋の気配を感じています。カメたちはどうでしょう?


 最近よく水入れに浸かっている♀たちを見かけるようになりました。今日は3頭も入浴中。たいてい顔ぶれが同じなので、この場所を覚えており気に入っているものと思われます。でも本当に暑いときの利用は少なかったんですがね。とぼけたような顔が可愛いと思うのは私だけ?
P8140001.jpg

 「ステップ・テラス付きプール」という商品名だったと思いますが、なかなか便利です。ただ、ステップは使い始めて間もなく、本体に引っ掛ける爪が折れて使い物にならなくなりました。もうちょっと強度が欲しかった気がします。まあ、本来は専用飼育ケースのためのものであり、うちのような屋外での成体たちへの使用は想定していないでしょうから、仕方ないかもしれません。


 こうやって水に浸かっている姿はほのぼのとして癒されますが、今年はまったく油断のならない危機的な状況も起きてしまいました。水に溺れたとかいうことではないのですが、書く気持ちが起きれば記事にしたいと思います。


Ornate Box Turtle (Terrapene ornata)

2016CB成長記録

 手元に残しているニシキハコガメ2016CB。
P8070006.jpg

 一番注目していました。現在は黄色い部分が背甲全体に円を描くように出てきています。しかも黄色が濃い。

 ニシキハコって黒地に黄線ですよね。これは黄地に黒線が入っているように見えます。自分でも訳が分からなくなり、錯覚を起こしそうになります。
 
P8070009.jpg

 TSD♂。背甲長68mm。ぼちぼち成長しています。昨今の自家産全体に言えますが、一気に大きくしていないのでこんなものかと。
 個人的には、黒い部分が明瞭な線ではなく、塗りつぶしたようになっているのがあまり好みではありません。でもあと30mm成長したときどうなるか見届けたいと思います。



 ちなみに、11か月前の様子。
P9190021.jpg

 現在の様子。
P8070019.jpg

 奥のニシキも同じく2016CB。スジコBの血統、TSD♀予定。背甲長65mm。


Ornate Box Turtle (Terrapene ornata)