FC2ブログ

リクガメの顔のようなかわいらしさがないけれども


 ※珍しく日に3本の更新。インスタに挙げた画像がたまったのもあって勢いで更新。


 オーストラリアナガクビガメ(ヒガシナガクビガメ)も無事生還しました。過去の経験からオスはさすがに氷点下になりそうなときは室内に取り込み、室内冷所でクーリングさせましたが、メスは外に出したまま。

EDTX0042.jpg

 いかついですね。リクガメの顔のようなかわいさがまるで無い。私はそんな怪獣のようなところが大好きですけど。
EPYG6047.jpg

 同居しているニホンイシガメなんかは冬眠明け後は飼い主を忘れるのか警戒モード全開なのですが、このナガクビたちは最初から寄って来ます。何だろこの違い。


 先代のオス存命中は2年連続で繁殖したものの、その死亡で途絶えて数年。また繁殖させたいのですが、うちの場合オス次第ですね。

 あっ、ナガクビはロンギしか飼いません。世界のカメだっけ、あの本で見て以来のあこがれのカメです。高価で入手できるなんて思っていなかったカメ、それが今手元にいるんだもの。



Eastern long-necked turtle (Chelodina longicollis)

いいカメだなあ


 我が家の唯一のセマルハコガメのメス。起こしました。
HGDI6788.jpg

 外国に引越す友人が持って行けなくて我が家にくることになったときはベビーでしたね。もうこんなに堂々たる体格のビッグママになりました。こうなるとかっこいいとほんと思います。いいカメだなあと改めて感じてます。

 例年早くて4月末、遅くても5月初めに、この個体がすべての種の先陣を切って産卵することがおおいですね。今年も期待してます。パパはまだ寝てますけど。

 この個体の子どもたちを何頭も飼育していますが、さすがに目覚めるのは親個体たちより早かったです。


Yellow-margined box turtle (Cuora flavomarginata)

始動 ニシキハコガメ

 今年冬眠明けして最初に土の表面にはい出てきていたのは、ニシキハコガメのスジコBとスジコE。元気そうじゃないですか。
IMG_0595.jpg

 水を飲ませて、体を目覚めさせます。
XILV9199.jpg


 ほかのも強制掘り出し。給水。身体をよく乾かして、幼体以外の成体はそのまま冬眠箱に戻します。すべての個体がもう一度潜っていきます。日中は外に出てきたり、潜ったままだったりいろいろ。室内に取り込んだりして管理すると、調子を崩しやすいと思うのでずっと外。
VUMV1407.jpg


 この個体は? しばらく会わないうちにどの個体だったか?となってしまいます。CB2013ですね。今年6年目です。抱卵してもいい個体です。まだ繁殖に参加していないので、我が家の伝統的な名であるスジコの名前は付けられていません。 
YKOF6577.jpg


 オスの目も真っ赤です。スジオEです。食うよりまず繁殖、と本能がそうさせています。
UOYN7502.jpg


 この陽気で、活発に動き回るようになりました。もう完全に目覚めましたね。
HXCL3820.jpg



 今季の飼育・繁殖シーズンの始まり、始まり。



Ornate Box Turtle (Terrapene ornata)




・・・・・・

 記録としてあえて残します。アッサムセタカガメ、初めて死なせました。獣医にも診せたのですが、厳しかったです。もともと調子悪い感じでした。もともと? はい、これまで我が家で飼いこんできた個体ではなく、この3月に新規導入したオス個体です。国内飼育者により長期飼い込みされていたのが、手放されたということでした。

IMG_3302.jpg

 数日して鼻先が陥没。やがて左目がふさがり、左前脚には壊死したような皮膚疾患が出てます。左側に集中しているんですよね。初めて見る病態。

IMG_3303.jpg

 腹甲も中央付近の甲板が寄った部分に4つの斑点が見えます。押すとやや凹みます。尾切れはもともとです。

 我が家に来てからは葉っぱは少し食べるけどという感じ。死んだら死んだで体はスッカラカンの感じ。

 この個体だけがどうにも手の施しようがありませんでした。


 我が家の飼い込み個体ではないとはいえ、初めて失ってしまって、がっかりきています。とはいえ、アッサムセタカガメは本来丈夫で、なかなか死なないカメですよ、私にとっては。


Assam Roofed Turtle (Pangshura sylhetensis)

フロリダハコガメ メスたちの冬眠明け

 無事に冬眠明けしたフロリダハコガメのメスたち。




 下の2頭はいずれもありんこくらぶ産です。




 昨年導入の小さいメスは1月末に冬眠明けさせています。
IMG_E9496.jpg



 大きい個体たちはすこぶる調子よし。冬眠明け後すぐに餌を食べるようになりました。土の中から取り出したときから、ふたを閉じ、力を感じました。
 一方、小さいほうは食べ始めるのに時間がかかりました。過去記事でも書いていますが、早めに取りこんでよかったと感じています。


 この種もいつか繁殖まで持って行きたいと思っています。CB2014が今年5歳ですね。



Florida box turtle (Terrapene carolina bauri)