FC2ブログ

イベントに持っていく個体たち


ニシキハコガメCB2017、CB2018です。昨年イベントに間に合わなかった個体と行き先が決まらなかった個体が含まれます。中にはマイコレも少数混じっています。

MIUX0728.jpg


今年の秋のイベントぶりくらに持っていきます。
CGSS5554.jpg

当歳のニシキよりはるかに死ににくいと思います。

今年はCB2019、CB2018、CB2017、そしてもしかしたら・・・・で行きます。よろしくお願いいたします。





Ornate Box Turtle (Terrapene ornata)





スポンサーサイト

11年連続の繁殖


ほかのSNSではすでに報告済ですが、56日でTSD♀設定のニシキハコガメが孵化しました。
FRGE1013.jpg
BXXX8438.jpg
VDPP7931.jpg

遅れること約20日、74日でTSD♂設定のニシキハコガメも現在孵化中です。
BERA3360.jpg

実は、上の個体の下の個体、同じクラッチの仔です。考えてみると、飼育者が無造作に取り上げたある卵がTSD♀設定のクールインキュベーターへ、別の卵がTSD♂のものへ。飼育者のさじ加減で、同腹で性別が変わるというのも、何か変な気分です。逆の可能性もあったわけで、今年はなぜだかしみじみと考えてしまう自分がいますね。これからも続けていくんでしょうが。


ニシキハコガメについては、今年は昨年の半分ほどの産卵でした。種親7頭のうち、3頭が産卵しませんでした。スジコB、スジコG、スジコHです。スジコB以外の2頭は冬眠明け後の体調が良くなく、梅雨明けしてやっと活性が上がってきた感じです。
このまま今年は産まないかもしれませんね。あるいは、2012、2013年に起きた原因不明の秋産卵の再来もあるかもしれませんが。




Ornate Box Turtle (Terrapene ornata)

アッサムセタカガメの卵が白濁!

 6月17日に陸上産卵したアッサムセタカガメの卵、6日経った昨日、1個だけ白濁が始まっていました。
NSUM1441.jpg

 陽が当たりにくいとはいえ、屋外で産みっぱなしでしたし、どうも無精卵っぽいと自分でも感じていましたが、あきらめずによかった。後の卵ももう少ししたら白濁するんでしょうか。

 交尾したかどうか確認の術がないのですが、変えた条件が功を奏して本当に交尾できたのか、それとも交尾してなくて以前からの遅延受精か、不明なところはあります。

 ただ、白濁してもその後も高いハードルがありますので、あまり期待せずに見守りたいと思います。


≪👇 産卵時の画像。公開済≫
IMG_3280.jpg


 うちはメスはが4頭いますし、将来的にオスが不足してくるようなので、これはオスにします。というか、すでにオスにすべく温度管理していたせいかゆっくりと白バンドが出てきた感じでもあります。




Assam Roofed Turtle (Pangshura sylhetensis)


アッサムセタカガメが今年も産卵します

◆◆◆ これは5月末に書きためていた記事です。◆◆◆

 5月中旬ごろよりアッサムセタカガメの屋外飼育を始めました。
GVST4286.jpg

 そして、毎年産卵してくれるメスに卵の気配を感じています。まもなくはっきりと確認できるようになるでしょう。順調にいけば6月に産卵すると予想しています。

 えっ、今の時期に産卵? 熱帯産の本種は、ここ日本では通常真冬に産卵します。うちもそうでした。

 しかし、初夏から秋にかけて屋外飼育するようになって、 1クラッチ目が、2月 → 11月 → 12月 → 10月 → 9月というように変化していました。特にここ数年早まり、昨年は9月に産卵したので本当にびっくりしました。

 熱帯種である本種の産卵時期が、だんだん温帯種の産卵時期に近づいてきていると思ったので、今回の抱卵は別に意外なことではなく、むしろ予想していたことです。※ 正直言うと、もう1、2か月ほど後かと思っていましたけど。

 そして、実はいくつか飼育条件を意図的に変えています。
UVGR7541.jpg

 良い結果が見られればいいんですが。



◆◆◆これ以降6月20日の追記◆◆◆

 6月17日、とてもとてもとても意外な場所で産卵してました。土の陸場もあるのに、です。一応水中に落ちているといけないので探りましたが、なさそう。
IMG_3280.jpg


 もうお腹の中には卵がなさそうですが、次のがありそうな感触。




Assam Roofed Turtle (Pangshura sylhetensis)

フロリダハコガメ、初産卵!

 一晩中、台風が来たのかと錯覚するような暴風雨でした。よく眠れませんでした。これを機にいよいよ梅雨入りかと思いましたが、九州はまだでした。

 この暴風雨、カメたちには良い刺激になったようで、明るくなり始めた頃観察すると、乾燥系のカメもそうでないカメも活発に動いてうれしそう。調子がいまいち上がらなかったカメも俄然生き生きとして見えました。



 そんななか、お昼からホリホリしているカメがいました。なんとなんとフロリダハコガメ(ありんこくらぶ産極美CB2014)、今年5年目。オスと言われていてメスでは?となったカメです。これでメス確定ですね。うれしい誤算です。

 画像の左側で最初ホリホリしていたのですが、ほかのカメが潜っていたらしく、場所を変えていました。
IMG_4648.jpg

 観察したかったのですが残念、出かけなければなりません。




 そうして帰宅した時には、のんびり水浴び中でした。
ERVLE0948.jpg

 穴を掘っていたところを掘り返してみると、3個出てきました。小さい。ニシキハコガメと比べても。
PHFD7323.jpg

 本当に産卵したんだ! 少し育った幼体で譲ってもらって3年半待った甲斐がありました


 自分としてはまったくの意外な出来事でした。5年目ということで産む可能性は排除していませんでしたが、オスがなかなか盛らず、交尾が成立したのをこの目でまったく見ていません。ですので、ノーマークでした。きっと無精卵でしょう。

 これから年々ほかのメスたちも成熟してきます。あとはオス次第。かつてaLiveにいたこともあるオス、気張れ!




Florida box turtle (Terrapene carolina bauri)